2014-08-02 12:32

虹の彼方に<ケシ畑の誘惑>

みんなはそのまま歩き続け、色のきれいな鳥たちの声に耳を傾けたり、ほとんど一面に咲き乱れている美しい花をながめたりしました。
大きな黄色や白や青や紫の花があって、その横には深紅のケシの大きな群れがあり、それがあまりにまばゆくて、ドロシーは目が痛くなったほどです。

b0302344_1373882.jpg

「きれいだと思わない?」と少女は、花の強い香りを吸い込みながらたずねました。
「そのようだね」とかかしは答えました。
「脳みそをもらったら、もっと気に入ると思う」
「心さえあれば、大好きになると思う」とブリキの木こりがつけ加えます。
わたしは前から花が好きだ。か弱くて寄る辺ない感じで。でも森にはこれほどまばゆい花はない」とライオン。
だんだん、大きな深紅のケシの束が増えてきて、その他の花はどんどん減っていき、やがて一行は大きなケシの花畑の真ん中におりました。

b0302344_205411.jpg
さて、こうした花がいっしょにこれだけあると、その香りがあまりに強すぎて、吸い込んだらすぐに寝てしまい、寝た人をそこから運び去らないと、いつまでも目を覚まさないということはよく知られています。
でもドロシーは知りませんでしたし、またまわり一面にある深紅の花から逃げるのは無理でした。

b0302344_1373823.jpg

だからやがてまぶたが重くなり、すわって休んで眠らないといけない気がしました。
でもブリキの木こりが、そうはさせまいとがんばります。
「急いで日暮れまでに黄色いれんがの道に戻らないと」と言って、かかしもそれに賛成しました。
そこでみんな歩き続けましたが、もうドロシーは立っていられなくなりました。
心ならずも目が閉じ、自分がどこにいるかも忘れて、ケシの中に倒れて眠り込んでしまいました。
「どうしよう?」とブリキの木こり。
「放っておいたら死んでしまう」とライオン。
「花の香りはわれわれみんなを殺そうとしている。このわたしですら、ほとんど目を開けていられないほどだし、犬はとっくに寝ている」
その通りでした。トトは女主人の横で寝てしまっていました。
でもかかしとブリキの木こりは、肉でできていなかったので、花の香りに悩むこともありませんでした。
「走って、この恐ろしい花畑から急いで出よう。少女は運べるけれど、君が眠ってしまったら、運ぶには大きすぎる」とかかしはライオンに言いました。
そこでライオンは力をふりしぼり、思いっきりはやく駆け出しました。
間もなく見えなくなってしまいます。
「手で椅子をつくってドロシーを運ぼう」とかかしはいいました。
二人はトトを持ち上げてドロシーのひざにのせ、手を座面に、うでを椅子のうでにして、花の中を眠る少女を運んでいきました。
二人は歩き続け、みんなを取り巻くおそろしい花のじゅうたんはいつまで立っても終わらないかのようでした。
川が曲がっているところを過ぎると、やっと友だちのライオンのところにきましたが、ライオンはケシの中でぐっすり眠っています。
花は巨大な獣にも強すぎて、ライオンはついにあきらめてしまい、ケシ畑の終わりまであと少しというところで眠ってしまったのです。
ケシ畑の向こうには、すてきな草が緑の野原となって広がっていました。
「ライオンにはどうしてあげることもできない」とブリキの木こりは悲しそうに言いました。
「持ち上げるには重すぎる。ここでいつまでも眠り続けるまま残すしかない。ひょっとすると、やっと勇気を見つけた夢でも見るかもしれない」
「残念だよ。ライオンは、こんなに臆病なくせにとてもよい仲間だった。でも先へいかないと」
二人は眠る少女を川辺のきれいな場所につれていきました。
もうケシ畑からは十分遠くて、花の毒をそれ以上すいこむ心配のないところです。
やわらかい草の上に彼女をそっと横にして、新鮮なそよ風で目が覚めるのを待ったのでした。

----------------------------------------------------------------
「ええ、本当に置いて行くの、これではライオンが可哀想過ぎる」と、これを読んだ時、子供心に思った。
でも、次に章で、木こりが野ねずみの女王様を助け、そのお礼にネズミの大群がライオンを助け出す。
これで、一安心。



スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

>その香りがあまりに強すぎて、吸い込んだらすぐに寝てしまい・・・

そうだったのですか。知りませんでした。
ケシの花はラテンポップス「アマポーラ」で承知していましたが、これは「ヤク」とは種類が違うのでしょうね。
ラ~リラ~と歌っては洒落にならず。
  1. 2009-07-24 11:08
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>その香りがあまりに強すぎて、吸い込んだらすぐに寝てしまい・・・
>
>そうだったのですか。知りませんでした。
>ケシの花はラテンポップス「アマポーラ」で承知していましたが、これは「ヤク」とは種類が違うのでしょうね。

これは童話ですので、本当に寝てしまうのか、わからんのです。
阿片を採取するケシの場合でも、寝てしまえば仕事にならんでしょう?
それとも、ケシの実になれば、寝ないのか????

観賞用のは、ヒナゲシ。
阿片はケシ。

と私は理解しているのですが。


  1. 2009-07-24 11:43
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する