FC2ブログ

-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-09-24 19:46

お墓が草ぼうぼうの巻

秋分の日は、彼岸法要である。
お盆には実に多くの檀家衆が集まったが、秋の彼岸はその半分程度である。
玄関で受付して帰ってしまう人も多く、本堂にあがり、一緒にお経を唱えたのは100人程度となる。

その前には、お墓参りを済ませておくものだが、なんと、我が家のお墓は草ぼうぼうであった。
茫々というべきか?

今まで祖母の葬儀、父の葬儀の後も茫々にはならなかったので、油断していた。
なぜに茫々なのか?
7月のお盆の時に、少し草が生えていたので、処理したのであるが、その時に異変は感じていた。

結論から言うと、納骨式の時に、石屋の頼んで、墓を開ける。
納骨してから墓を閉じるのだが、その後に、墓石の裏側に法名と命日を彫るのであるが、
この一連の作業で、お墓に敷き詰めてあった砂利が大分、散逸したようなのだ。
かなり減っていた。そのため夏草が伸びて茫々となったのだ。

今までお願いしていた石屋は、継ぐ人がいなくて廃業。
その結果、遠方の石屋を見つけて依頼したが、相当、多忙らしく、連絡がとりにくくて不安はあったのだが。

しかし、石屋を継ぐ人が少ないのは、わからないでもない。
この際、しっかり草取りして、自分で玉砂利を購入して撒くことにした。





スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/ikghAF
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
  1. 2017-09-24 19:51
  2. URL
  3. あゆ #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。