-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-05-26 09:33

死者の葬列

今年の3月の東京の火葬場事情が凄まじいことになっているのは知っていた。
3月の中旬に友人の妻が亡くなった。
看病に疲れ果てた彼を襲ったのは、死者が多くて「火葬場の釜が空かない」という事実。
今まで、友人・知人の訃報を見ると、死去から通夜までが1週間が当たりまえであったが、
まあ、そんなものだと思っていた。
ところが、死者の葬列が焼き場の竈の前で行列を作り、自分の番を待っていたとは知りませんでした。
そのため腐食が進まないようドライアイスで冷やして、1週間待っていたのであるが、
今年の3月は1週間ではなく10日間まで延びた。
何故、3月なのか?
何故、今年の3月はさらに多かったのか?
それは、考えても仕方のないことであるが・・・。
実は49日の法要と納骨式に前に、その凄まじさが分った。
49日の法要は、お世話になった人達を尋ねて地上を巡回していた「霊」が、
現世に別れを告げ、修行を積んで「仏」になる重要な法要である。
この時に通夜の時に使った白木の位牌を、黒塗りの位牌に交換する。
ところが近所の仏具店に依頼した位牌がなかなか届かない。
聞いてみると、注文が殺到して、納品が遅れ気味。
でも「必ず間に合わせますので安心せよ」とのこと。

今年の3月に多くの老人が東京を去った。
マスコミは「多死社会」などと分析しているが、老人は死ぬものである。
そして、今、旅立っているのは大正時代生まれの人達で、これから昭和一桁に移行する。
一方で、子供達は増えている。
ですから待機児童問題が発生するのである。

先日、区役所の担当者と話したら、以前は「人口の逆ピラミッド」「多死社会」「日本は滅ぶ」と騒がれていたが、
今は、もう区内は「逆ピラミッド」では無いとのことで、グラフを見せてもらった。
確かに団塊世代の人口が一番多いという状態ではなく、団塊ジュニアのさらに下の30代.40代の部分が分厚くなっていた。
これは、東京都内だけの話で、地方は人口が急速に減少しているのか?
どうも、そうでは無いようである。
地方は人口が少なく、人手不足は深刻であるが、都会からのUターンも多くて、子供達は増えている。
それは地方研修で、地方のPTAと懇談していて感じる話である。







スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 地元の人口ピラミッドを見てみたら、なんと0~9歳が多くてお年寄りが少ないのが分かりました。そう言えば、空き家が戸建てやマンションに変っていて、子供会の入会も増えていました。でも「日本は移民を受け入れないから、逆ピラミッドで滅びるのだぁ~!」とマスコミや偉い人達に脅かされていたので、状況が変化しているのに気が付きませんでした。

 前にニュースで、秋田の学生が地元に残りたいけれど仕事がないから他県に行かないといけないと言っていました。だから景気が良くなって仕事があれば、Uターン組が増えて子供も生まれているのは本当に良かったです。やっぱり、地縁血縁の有る所で安心して子育てが出来るのが一番ですね。
  1. 2017-05-26 21:48
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

品川区の人口動態のグラフがありましたので貼っときます。yuyuuさん見られたのはおそらくこれに近いものだったでしょうか。

http://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001013109/15

えらく印象的なグラフだと思いますね。
一般的に逆ピラミッドと言われるのは団塊世代あたりが一番多い、ガキどもの殆どいないという図でしょうか。
このグラフで19歳以下の社会増は無視していいと思いますので19歳以下はほとんどが自然増だと思います。
この頼もしいことは世代が若くなるに連れて子供の数が増加してることです。
都内の女性の初婚年齢が30歳を超えてるだろう現状を見るとこの子どもたちの親はほとんど40代から50代でしょうか。この世代の婚姻率は分かりませんが、このあたりの世代が結婚し家庭を営むということが出来なくなった基地外じみた時代があったということなんでしょう。

日本は完結出生率はかつては2を超えていました。結婚し途中で離婚しなければ生涯に殆ど2人の子供を持ったのです。だから、少子化の防止は若年層に結婚させること、これに尽きるわけです。若年層の増加は婚姻年齢の低下ではないでしょうから、若い層が子供を持つという当たり前の営為に戻ってきたのだろうと思います。

少し穿ちすぎかもしれませんが、品川あたりならば地元に三代以上済むというような人間ならば、大抵は地元に家を持ちそれを相続してると思います。こういう家庭の子供が当たり前に結婚し同居か、近距離別居で住んでる図ではないでしょうか。良くは分かりませんが40代.50代で子無しと言うのは圧倒的に社会増で転入してきた連中、区内のマンションややアパートの居住という人々だと思います。50代あたりでも不況などの問題で婚期を逃した連中は多いはずです。本当はこのあたりが問題なのですがまあ、なんともいえませんね。

このグラフでもう一つ分かることは団塊以後ですでに大きなギャップが有るということです。これは60代でのリタイアは出来なくなるということ示してる気がします。上の世代が退出しても今の40代くらいが代替できるようになるまで仕事を続けなければいけないことを示しています。

これはちょうど我々の世代なのですが、このあたりは本当に貧乏くじという気がします。これはつとに思ってることですが、この団塊世代が日本の社会に影響力を持たなくなるときまで、日本社会の正常化はならないと思ってます。
  1. 2017-05-28 19:30
  2. URL
  3. kazk #sO6J9VV.
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  地元の人口ピラミッドを見てみたら、なんと0~9歳が多くてお年寄りが少ないのが分かりました。そう言えば、空き家が戸建てやマンションに変っていて、子供会の入会も増えていました。でも「日本は移民を受け入れないから、逆ピラミッドで滅びるのだぁ~!」とマスコミや偉い人達に脅かされていたので、状況が変化しているのに気が付きませんでした。
>
>  前にニュースで、秋田の学生が地元に残りたいけれど仕事がないから他県に行かないといけないと言っていました。だから景気が良くなって仕事があれば、Uターン組が増えて子供も生まれているのは本当に良かったです。やっぱり、地縁血縁の有る所で安心して子育てが出来るのが一番ですね。

返信、遅くなりました。
私の記憶ですと、ある時期まで高齢者対応がたいへんで、たいへんで・・・と言う時代がありましたが、ふっと、それが抜けたと感じた時がありました。それは、2年前か3年前だと思います。それからは、急増する子供達への対策が中心になった。
これから、さらに子供達は増えるでしょう。たいへんな結婚ブームです。一昨年よりお祝いの出費がたまりませんから。
こういうのは、実際に地域の問題に係わる者の肌感覚なのですね。

それで、地方ですが、人手不足が東京より深刻ですから、地方に仕事がないと大都市に出て来た人が帰るのです。
ジジババも大喜びです。これから地方も良くなると思いますよ。
  1. 2017-06-18 09:34
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 品川区の人口動態のグラフがありましたので貼っときます。yuyuuさん見られたのはおそらくこれに近いものだったでしょうか。
>
> http://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001013109/15
>
> えらく印象的なグラフだと思いますね。
> 一般的に逆ピラミッドと言われるのは団塊世代あたりが一番多い、ガキどもの殆どいないという図でしょうか。
> このグラフで19歳以下の社会増は無視していいと思いますので19歳以下はほとんどが自然増だと思います。
> この頼もしいことは世代が若くなるに連れて子供の数が増加してることです。
> 都内の女性の初婚年齢が30歳を超えてるだろう現状を見るとこの子どもたちの親はほとんど40代から50代でしょうか。この世代の婚姻率は分かりませんが、このあたりの世代が結婚し家庭を営むということが出来なくなった基地外じみた時代があったということなんでしょう。
>
> 日本は完結出生率はかつては2を超えていました。結婚し途中で離婚しなければ生涯に殆ど2人の子供を持ったのです。だから、少子化の防止は若年層に結婚させること、これに尽きるわけです。若年層の増加は婚姻年齢の低下ではないでしょうから、若い層が子供を持つという当たり前の営為に戻ってきたのだろうと思います。
>
> 少し穿ちすぎかもしれませんが、品川あたりならば地元に三代以上済むというような人間ならば、大抵は地元に家を持ちそれを相続してると思います。こういう家庭の子供が当たり前に結婚し同居か、近距離別居で住んでる図ではないでしょうか。良くは分かりませんが40代.50代で子無しと言うのは圧倒的に社会増で転入してきた連中、区内のマンションややアパートの居住という人々だと思います。50代あたりでも不況などの問題で婚期を逃した連中は多いはずです。本当はこのあたりが問題なのですがまあ、なんともいえませんね。
>
> このグラフでもう一つ分かることは団塊以後ですでに大きなギャップが有るということです。これは60代でのリタイアは出来なくなるということ示してる気がします。上の世代が退出しても今の40代くらいが代替できるようになるまで仕事を続けなければいけないことを示しています。
>
> これはちょうど我々の世代なのですが、このあたりは本当に貧乏くじという気がします。これはつとに思ってることですが、この団塊世代が日本の社会に影響力を持たなくなるときまで、日本社会の正常化はならないと思ってます。

民生委員の記念の集会で、区の方に見せてもらいました。
おっしゃる通りで、若い層の結婚が多くて、その少し上の層が、???なんですわ。
町会にも、この人口の多い40代後半の方が出てきて活発な議論をやってます。
40代後半の方は男では30から35歳で結婚してましますので、子供は15歳から10歳。
小学校のPTAのメンバーの多く、PTAも最近は男が主導権をとってるようです。
町会の役員と兼任しれおり、相互に連携を強化しているところです。
  1. 2017-06-18 09:57
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。