-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-03-07 22:47

タイ古式マッサージ

老人なのに睡眠時間4時間で、あと20時間労働の日々が昨年の10月から続いている。
なんで、こんなに働かされるんだ。社長出てこい・・・・・あ、俺だった。

社長には残業規制はありません。
残業代もおまへん。
労災はありません。
死んでも何の保証はありません。

しかし、疲れが溜まり肩が凝りすぎで眠くなるので、ネットで検索して隣の隣町のタイ古式マッサージに行きました。
我が町内にもタイ古式があるのですが、タイのオバサンがやっているのです。
確かに本格的ですが・・・情け無用の容赦なしなのです。
痛くてのたうちまくります。
コミュニケーションに難があるのです。

隣の隣町のタイ式は、タイに修行し、思索を深めた日本人です。
お店のコンセプトが明確で・・・惚れました。
行ってみると素晴らしい女性でした。
タイ式の原理を理解して、それを実戦に生かしております。
やはり日本人は優秀です。
凄まじく痛くないのに今日はかなり楽になりました。
肩をまったく揉まないのに、肩が楽になりました。
これはワット・ポーのマッサージスクールの先生と同じです。素晴らしい。

以前、私はタイへの出張が多かったのです。
大きなホテルに泊まると、スパがあります。
スパに行くと、その隣にタイ式マッサージ店があるのです。
必ず行くのですが、腕は玉石混交です、

そこで取引先のタイ企業の社長に、それを言うと、ホテルのはインチキもある。・
専門店に行かないと駄目よ・・・と言われる。

そこで紹介してもらった伊勢丹近くの専門店に行くと・・・まるで違った。
「ホテルのスパとはまるで違う」というと、私達はワット・ポーで学んだ、ホテルのスパはタイ式ではなく台湾式もある。
背中を踏まれなかったか?と聞かれた
ワット・ポーは涅槃仏だけではなく、タイ式マッサージの総本山でスクールるあるのよ・・と聞かされた。

翌日の午後、ホテルでタクシーを頼んでワットポーに行く。
タクシーはホテルで頼むのが安心というより必須。
ホテルで頼むと信頼あるタクシーで、ワット・ポーに直行。
町中で適当にタクシーを捕まえるとワット・ポーに行く前にトルコに立ち寄るから困る。

ワット・ポーに着くと入口の周辺は日本人のツアー客で大混雑。
そこを突っ切って奥に行くと静かな境内。静謐で豊で美しい。
欧米人の旅行客・・多くは夫婦が、ガイドをつれて散策している。

そして一番奥にマッサージスクールがありました。
そこで学習用に、お客様対応の訓練をやってまして、マッサージを受けました。
混んでました。
「30分で良いなら私がやる」と先生に言われました。
タイ式のスタンダードは120分ですからね。
・・・ですから順番待ちの人が大勢居て、夕方なのでこれ以上は客が取れないのです。
私ががっかりしていると先生が30分コースなら私がやると言ってくれたのです。

素晴らしかったです。
最初に触られた瞬間から実力の差が分りました。
全く痛くないし、力を入れても無いのに的確に壷に当たって居るのです。
30分で2時間分も楽になりました。

この先生の施術・・・20年ぐらい前の話を突然、思いだしました。

リピートの客だけで、少人数で静かに運営しているタイ古式マッサージ。
「タイ式は原理から肩を揉むということはないにですが、日本ではマッサージというと肩を揉む。ほぐす。そうしないと顧客が満足しないので、やっている所が多くなってます」
「確かに、タイで肩を揉まれたことはないです」

・・・てな話をしましたね。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

タイに観光旅行に行ったとき、町のタイマッサジに行きました。結果はあまり思わしくなかった。それで数日後に別の店に行ったのですが、痛くもかゆくもなく日本の「乱暴」なマッサージが恋しくなったほどです。タイのマッサージにもモグリがあることか?

ホテルでタクシーを呼んでもらうのが安全とご指摘ですが、この場合はフロントにチップを渡して頼むのでしょうか?旅慣れぬ者へご教示をお願いします。
  1. 2017-03-10 08:23
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。