-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-02-19 14:53

こんな感じね

国際収支は2014年1月から、IMFの国際収支マニュアルに合わせて統計の取り方が変更になった。

各国・地域の国際収支統計は、国際比較を可能とする観点等から、IMFの国際収支マニュアルに準拠して作成・公表されている。
従来は1993年に公表された国際収支マニュアル第5版に準拠してのね。

その後、各国経済の脆弱性の分析に当たり、バランスシートデータの利用に関心が高まったこと
国民経済計算の基準改訂に向けた動きが始まったこと
世界経済のグローバル化や金融取引の高度化等に伴って経済活動が変化したこと、などを踏まえて、
IMFは、2008年に国際収支マニュアル第6版を公表した。

そんで、直ぐに移行すれば良いものの・・・・嫌じゃ、我が国の経済の強靭性がばれてしまう。
わが国はギリシャより危ない国なんだ・・・民進党が言ってる。
・・・とかで伸びに伸びて・・・2014年1月に至りようやく採用された。

新基準は・・ 
<貿易・サービス収支>
貿易収支は、モノの輸出入の差
サービス収支は、輸送費、通信費、金融、保険、旅行など、形のない取引の収支

<第一次所得収支>
対外資産からの投資収益・・・配当、利子、海外の工場からあがる収益

<第二次所得収支>
国際機関への拠出
食料や医薬品などの無償援助
海外で働く人々の本国への送金

<金融収支>
海外に工場を建てるなどの直接投資
外国の株式や債券を購入する証券投資
外貨準備などからなる。

まだまだあるんですけど主要な部分をグラフにするとこうまる。
下の方にあるのが、今まで熱心に報じられてきた貿易収支とサービス収支。
真ん中あたりで安定しているのが第一次所得収支。

s-イメージ758





スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。