-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-02-12 12:33

今日は初午である

昨日は建国記念日であるが、今日は初午である。
稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が
和銅4年2月11日であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社で初午の祭礼がある。
わが町会と隣接する町会には稲荷神社があり、初午に日には招待される。
今日も朝から訪問し、初詣を済ませて、座敷に上がりお酒を戴いてきた。
初詣の時に稲荷講の法被は着せて戴かなかった。
この人は違うと分ってくれているのである。

稲荷神社の隣の会館で茶碗酒。
誰もビールを飲まないのが嬉しい。

さて、私は学者ではないので、先祖から聞いたことを記す。
神社の中で一番多いのは八幡様、続いて多いのがお稲荷さんである。
八幡様は広い境内があるがお稲荷さんは、豊川稲荷など立派なものもあるが、概して小さい社が多い。
しかし、伝統的な稲荷講が継承されているので、いつも綺麗に管理されている。
八幡様にお祈りすれば、ドコデモドアで伊勢神宮と繋がっている。
町内の八幡様にお祈りすれば、伊勢神宮にお祈りするのと同じである。
ところが、お稲荷さんは京都の伏見稲荷に繋がっている。

伏見稲荷は京都市伏見区にある神社。
旧称は稲荷神社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。
稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社である。

大きな神社に行けば境内に稲荷神社がある。
子供の頃、「ここはお祈りしないでもいいの?」と父に聞いた時、
お稲荷様は別格だから、敬意を払って礼をしてから通れば良いと教えて呉れた。

稲荷神社は渡来系の秦氏の神社である。秦氏のルーツは諸説ある。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 伏見稲荷は何度がお参りしたことがあります。とても広くて全部の御社を回ろうとしましたが、かなり傾斜が厳しくて途中で引き返しました。私は霊感はありませんが、何となくお稲荷様がいらっしゃるような気がしました。

 ところで、八幡様がどこでもドアで伊勢神宮に、そしてお稲荷様は伏見稲荷に繋がっているのは知りませんでした。教えて頂き、ありがとうございます。
  1. 2017-02-12 22:33
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  伏見稲荷は何度がお参りしたことがあります。とても広くて全部の御社を回ろうとしましたが、かなり傾斜が厳しくて途中で引き返しました。私は霊感はありませんが、何となくお稲荷様がいらっしゃるような気がしました。
>
>  ところで、八幡様がどこでもドアで伊勢神宮に、そしてお稲荷様は伏見稲荷に繋がっているのは知りませんでした。教えて頂き、ありがとうございます。

八幡様でなくても神社本庁に所属する神社なら、全てドコデモドアで伊勢神宮に通じてます。
ですから本当は氏神様の居られる町内の神社をばお祈りすれば良いので、
縁もユカリモない神社は何があるかわからんので桑原なのです。

お稲荷様は特種ですね。
小さな社のお狐様の前掛けなど頻繁に取り替えられていて、
若い人・・青年が丁寧にお祈りしているのも見かけます。
  1. 2017-02-13 14:33
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。