-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-02-06 09:22

大統領令を読んでください 

日本の新聞記者及びマスコミは法律の条文など読んでないで、
勝手に記事を書いているのは、昔からの話であるが、
最近はこれがさらにエスカレートして、法律をネタに意図的に捏造したポエムを書くようである。
「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律」の大騒ぎの時に呆れた。
しかし、これは米国でも同じということは、世界のマスコミは完全に壊れてしまったようである。

重要な法律は、まずは条文を入手して、赤線を引いて読んで見る。
そして疑問事項は問い合わせる。
衆議院と参議院に法文の解説が落ちているので、拾って来る。
最近はインターネット空間の落ちているので便利。
実業の世界でも自分の会社に関係する法律は最低でも、これだけはやっている。
これを、もっと国政全体に広げていくことが重要です。

下の動画の前半はどうでも良いですので、ケントさんのコメントから聞いてくださいね。




トランプ米大統領は5日、イスラム圏7カ国出身者の一時的な入国禁止をめぐり、政府側の主張を退ける司法判断が下されたことを受け、ツイッターに「1人の判事がわが国をこのような危機に追いやるとは、信じられない。何か起きたら、彼と裁判制度のせいだ」と書き込み、改めて裁判所の姿勢を批判した。
   トランプ氏は、さらに「私は国土安全保障省に、入国者を『非常に注意深く』チェックするよう指示した。裁判所は仕事を極めてやりにくくしている」と投稿。裁判所の判断によって、連邦政府の職務遂行が阻害されていると強調した。
 イラン、シリアなど7カ国出身者の入国を一時的に禁止する1月27日の大統領令に対し、ワシントン州シアトルの連邦地裁は今月3日、全米を対象に差し止めを命じた。司法省は4日、上級審に当たる控訴裁判所に地裁命令の即時無効化を申し立てたが、控訴裁は同日付でこれを退けた。
---------------------------------
s-IMG_5373.jpg

s-IMG_5372.jpg



s-IMG_5374.jpg


去年の夏からツイーターでトランプをフォローしている。フォローすると、直ぐに「あんたはトランプチームね」と返信があった。
英語ではあるが自動的翻訳機能がついているので、なんとなく分る。
この翻訳と英文を見比べて理解すると英語が苦手でも何とかなる。
トランプだけでなく、世界の要人も多数フォローしていますよ。

あと、ビジネス上の話ですが、仕事に使える有料のデータ提供ホームページ等は、
今までは英語が出来ないと使えなかったけど、この無料翻訳システムのお陰で、翻訳の限界を認知しrた上で使えるようになりました。
仕事で使うものは単純な英語なので充分使えます。
当社の高卒の金の卵達も使って仕事してます。
スポンサーサイト
  1. 米国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 ケントさんが言う通りで、大統領令を読めばいいだけなのに、読みもしないで発言していているのにジャーナリスト気取りなのが、駄目だこりゃ・・・と思いました。

 実業の現場ではちゃんと法律の原文を精査しているのに、影響力の大きいマスコミがこの体たらくなのは如何ともし難いです。

 余程ニュースに興味がない限り、普通に生活をしているとテレビやラジオを聞き流していますし、新聞も大きな記事を読むくらいです。だから、怒涛の如くに適当もしくは恣意的な報道をされると、それを訂正するのが難しくてマスコミによる風評被害が多すぎますね。
  1. 2017-02-07 08:21
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  ケントさんが言う通りで、大統領令を読めばいいだけなのに、読みもしないで発言していているのにジャーナリスト気取りなのが、駄目だこりゃ・・・と思いました。
>
>  実業の現場ではちゃんと法律の原文を精査しているのに、影響力の大きいマスコミがこの体たらくなのは如何ともし難いです。
>
>  余程ニュースに興味がない限り、普通に生活をしているとテレビやラジオを聞き流していますし、新聞も大きな記事を読むくらいです。だから、怒涛の如くに適当もしくは恣意的な報道をされると、それを訂正するのが難しくてマスコミによる風評被害が多すぎますね。

日本のマスコミがおかしくなxったのは1970年代以降です。
それまでもおかしいところがあったけど、おかしいのと正常なのが同居していた。
1970年代以降は中国の工作でおかしくなったのだと思います。
ですので、私はこの時代から新聞は読んでないのです。
この時代の、大変お世話になった叔父(上場企業の海外部門担当)から
「新聞や読むな」とアドバイスされ、それ以外の方法で情報を取る訓練をさせられたのが、現在まで生きております。
  1. 2017-02-09 08:56
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

詠みました。

内容的にはイスラムのイの字もないものです。形式的には何の問題もない物でしょう。
これが高裁で差し止めとはアメリカというのはどこまで党派的にできてる国なんでしょうか。
問題は恐らく有効なビザの取得者を入国禁止としたことくらいでしょう。

これは本来ビザの再審査をするか、米国内の身元引受人に十分管理させるkすればいいはずです。世界的大企業とやらが優位の人材だというならば本来連中に責任を負わせればいいはずのこと。そういう手間は負いたくないんでしょうか。
困った連中ですね。

アメリカにしたところでアメリカに来てもらいたい人物はアメリカの国是に共鳴しアメリカの未来を自分の未来と同視できるような人物だけでしょう。それを審査することがなぜいけないのかは本当に分かりません。
  1. 2017-02-10 22:17
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 詠みました。
>
> 内容的にはイスラムのイの字もないものです。形式的には何の問題もない物でしょう。
> これが高裁で差し止めとはアメリカというのはどこまで党派的にできてる国なんでしょうか。
> 問題は恐らく有効なビザの取得者を入国禁止としたことくらいでしょう。
>
> これは本来ビザの再審査をするか、米国内の身元引受人に十分管理させるkすればいいはずです。世界的大企業とやらが優位の人材だというならば本来連中に責任を負わせればいいはずのこと。そういう手間は負いたくないんでしょうか。
> 困った連中ですね。
>
> アメリカにしたところでアメリカに来てもらいたい人物はアメリカの国是に共鳴しアメリカの未来を自分の未来と同視できるような人物だけでしょう。それを審査することがなぜいけないのかは本当に分かりません。


欧州諸国は以前は入国審査が厳しかったのです。
テロも極めて多かった。
会議中にビルの地下駐車場で車が爆発した等の経験ありますよ。
ですから自分の国土と国民を守るため、きっちりと対話してから入国させていた。
ところがユーロになってから驚いたです。
急に人類は皆兄弟。ジョン・レノンのイマジンという局が頭の中で鳴りました。
EUに最初に飛行機が到着した国で入国管理して・・・あとは無しなんですから。
ドイツの飛行場に降りて、そこでドイツの客を降ろしてそのままスペインに行く場合に、
ドイツで入国審査、スペインは無し。
誰も他国に行く人を真面目に審査しないで殆ど素通りです。
「ヤー」で終わりです。
欧州はユーロになって、米国と同じになったと思ったものです。
米国は9.11以降の一時期に急に厳しくなった。
対話しながら審査するようになりました。
どういう仕事で来たのか?
カインド オブ ビジネス・・・と聞かれて面食らいました。
業種を聞くだけではなく、その仕事で何を目的に来たのかまで聞くのです。
それから今日は何処のホテルに泊まるのか?
その後は、シースルーのパンツの中に武器を隠しても見えるのを導入したりしたが、
この対話は時間が掛かるのでやめていた。
英語の話せない人などの審査は困りますよ。
その代わりケントさんが言っているように世界的な諜報網でテロリストを特定して
彼らを入れないようにしたのです。これで白の人は以前と同じレベルの審査で入国できるようになった。
ところが、このシステムは壊れているのです。
ですので緊急避難的にテロ支援国家7ヶ国の
あやしいビザを持つ人達を、白黒識別システムができるまで入国禁止にした。
これはイスラム国との最終戦争を控えても措置でしょう。
  1. 2017-02-11 13:40
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。