-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-01-09 12:21

いわゆる一つの「木々は緑だ」の顛末

去年の8月に、よもぎねこさんが以下の記事を掲載していた時期に、
町会では、この問題に悩んでいたのです。

http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5651.html

>庭木は隣家まではみ出さんばかりの勢いで生い茂っているその家に近づいてみると、
耳元で蚊の羽音が聞こえ、目の前をハチが通り過ぎていく。
住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。
この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。
「業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません」

亡くなった両親が残してくれた自宅は築50年を超える。
外壁にはひびが入り、風呂場のタイルもところどころ剥がれているが、修繕もままならない。

>それでも、家賃がかからない持ち家に住めるのは恵まれていると言われそうだが、そうとばかりは言えない事情もある。
自宅のかいわいは、ヒデユキさんを含めて何代も前からこの街で暮らしている顔見知りがほとんどで、
冠婚葬祭となれば、それなりの礼を尽くさなければならない。
ヒデユキさんはここ何年も、近所で知人が亡くなると、
早々に自宅を訪ね「お葬式の日は用事があって出席できません」と伝え、
香典だけを置いてくるという。
そうやって喪服をクリーニングする費用を節約しているのだ。
「情けないし、恥ずかしい話です。でも、本当は香典を出すのもきついんです」。

・・・・おお、なんという貧困による悲惨。あまりに可哀想だ。
社会が悪い・・・と「東洋経済」は書くが・・・。

どの町内にも、このような家が何軒かありまして、
当然、町会も、消防も、警察も、行政も、電気会社も電話会社も把握しております。

町会の防犯・防火パトロール。
なつかしい「燐寸一本火事の元」と町内を廻る時、
「発見しました」
「あの家の木の枝が伸びすぎていて、電線に触れています」
「漏電が心配されます」
「それはいかんぞ」
「はい、凧揚げの凧が電線に触れている場合は、
凧を触ってはいけないのでありますが、
木の枝ちゃんは大丈夫でしょうか?」

・・・ううむ。パトロール日誌に書いておこう。
・・・となるわけだが、日誌に書いても問題は改善されないのです。
誰かが乗り込んでいって「木を切ってたも」と言うしかないのですが、近所の遠慮で言いにくい。

他の町会の防犯カメラを視察した時も「あの木が邪魔で視界が遮られるのです。」
・・という話を何箇所かで聞いた。
遠くまで撮影できるはずなのに・・・・。

住宅街に住みながら庭木の手入れを怠ると、治安や衛生面などで、ご近所とトラブルになりやすいとも聞く。
この家で独り暮らしをするヒデユキさん(45歳、仮名)が肩身の狭そうな様子でこう打ち明ける。
「業者を入れるなりして伐採しなくてはいけないと、わかってはいるんです。でも、経済的な余裕がありません」

・・・・おお、なんという貧困による悲惨。あまりに可哀想だ。

さて、わが町内にも一軒、そういう家がありましたが、両親が亡くなった後、
その家を継いだ息子が、近所づきあいも無く、庭木の手入れに無関心というだけでしたので、
誰かが言ってくれたのか、業者を2日入れて自主的に伐採してくれました。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。