-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2017-01-08 15:55

いわゆる一つの当て逃げ事件 その1 後日談です。

まんず、ここから読んでたも。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-4394.html

で・・後日談ですが。

町内に防犯カメラを付ける件で、近所の派出所に相談したところ、
やたらと気乗り薄なんで「なんでかなあ」と思った。
今、考えて見ると「警察が薦めた」と思われるのを恐れて「冷たい態度」をとったのでしょうかね。

「地域住民の承認を取ってくれ」という言葉を何度も言っていた。
「必ずプライバシーの侵害だ」と抗議してくる連中が居るからだ。

そこで回覧板や町内掲示板などで「町内に防犯カメラを付けますねん」と周知して・・・、
念のため説明会を開いて、最終的には町会の総会で決議した。
商店街ではなく、住宅街の町会では、これだけバッチリと装着した例はまだ少ないのではないか?

実は住宅街は夜間は人通りが少なく、白昼も同じく少なく、商店街より危険なのである。
そんな時に夜道で引ったくり事件が発生したので、今回の対応となったのです。
企画から装着場所の決定、機種の選定、隣接町会のカメラとの連携、行政への申請など
メーカーの協力を得ながら町会総務部が実施した。
それから・・・植木の伐採。
カメラの視覚に入る道路に「木々は緑だ」とばかりに
枝を大幅にはみ出させた家があるのです。
「どうするのかな」と思っていると、稼働日が近いある日、自主的に伐採してくれました。
こうして12月に運営規約を作成し、役員会の承認を取ってから稼動。
「まあ、当分は何もないだろ」と和やかな正月を送ろうと思ったが・・・
稼動して一週間も経たずに事件発生。
夜間の当て逃げ事件でした。
幸い、当て逃げされたのは人間ではなく器物でしたけど、
犯人は間違いなくカメラに映っているはずです(確認は警察の仕事です)。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。