-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-11-27 14:58

差別主義者ばかりの南部で・・ねえ

トランプの旦那が勝利してから、マスコミは彼を支持したアパラチア山脈とロッキー山脈の間に住む人たちは、とんでもない差別主義者であり、日本人も差別されると言ってますけど、これはなんでしょうかね。
昨晩は町会長と日本人経営の中華料理店で餃子を食いながら、この差別の激しいといわれる地区の話をしました。
なんで、日本人経営の中華料理なのかというと、町内は中国人経営の中華料理屋の進撃を受けて、客がそちらに流れてしまい、昔ながらの中華料理店は閑古鳥が鳴いているからです。なんとか応援しないとね。

「アパラチアとロッキーの間は差別主義者ばかりらしいそうですよ」
「そうかねえ。私の勤めた会社は最初はペンシルバニアに進出という話も一瞬あったけど、どうにもならなかったので、それからはアパラチアとロッキーの間ばかりだね。それも、どんどん南を目指した」
「ペンシルバニアは情緒はあるけど・・」
「それだけでは、どもならんので一路南へ」
「最初にホンダさんがオハイオに組立工場を作った」
「オハイオは確かに北部は五大湖に接してますからね」
「クリーブランドね」
「ジョージ・セルですね。眼鏡が牛乳瓶の底です」
「第二工場もオハイオでしたが、その後はインディアナ州です」
「ここも、ほんの僅かに五大湖と接している」
「続いてアラバマ州。私しゃアラバマからルイジアナへと歌う完全なる南部」
「トヨタさんは、最初はGMと合弁工場を建て、単独工場の最初はケンタッキー」
「ここで五大湖とさようなら」
「続いてインディアナ工場、さらにテキサス工場、さらに続いてミシシッピー工場、アラバマにはエンジン工場」
「こんな風に南に工場を設立すれば、部品工場も素材工場も、その工場の周辺に進出する」
「多くの日本の工場が進出したね。」
「差別されましたか?」
「歓迎された記憶しかないのだが?」
「大歓迎ですね」
「州政府は大歓迎、住民も雇用が増えて大歓迎」
「彼ら唯一、心配するのは、国境を越えてメキシコに行かれてしまう事だけだ」
「それだけは、やめれと色々パンフレットを持って来た」
「でも・・・・・結局はメキシコに大量進出してしまったので、彼らは危機意識を持ってると思う」
「・・・で、デトロイトは?」
「文字通り廃墟になってしまった」
「廃墟マニアにとって聖地となりつつある」
「しかし、今回のトランプの旦那はミシガンでもペンシルバニアでも勝つているからね」

差別主義者の曲「オースザンナ」とデトロイトの廃墟

o












スポンサーサイト
  1. 米国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。