2016-10-30 21:24

ニコル・パガニーニ The Devil's Violinist

突然、思い出したが、父はパガニーニが大好きであった。
超絶技巧を持つ悪魔のヴァイオリニストと言っていた。
父がベルリオーズを評価したのは、おそらくパガニーニがベルリオーズの幻想交響曲を褒めたからであろう。
幻想交響曲に惚れたパガニーニは、ベルリオーズにビオラを全面に押し出した曲を注文した。
これが「イタリアのハロルド」であった。

ハロルド坂田ではなく、イタリアのハロルドなのである。
そういえば、子供の頃、我が家に「イタリアのハロルド」のレコードがあった。
誰もが知っている曲だと思っていたが、誰も知らない曲であった。






スポンサーサイト
  1. イタリア
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

パガニーニは一応イタリア人だからニコロでしょう。
今はもうバイオリン奏法の見本のような扱いをされてますが、カプリースを迷演するのは結構厄介なはずです。

イタリアのハロルドならば今井信子の名演がありましたね。と思ったら誰かがアップしてるわ。

https://www.youtube.com/watch?v=piGdOA6AdOk

1975年てもう40年前か…コリンマゼール、ロンドンフィルです。
  1. 2016-11-03 17:24
  2. URL
  3. kazk #Gyoyai/c
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する