-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-09-30 12:17

同じ言葉を使う人は同じ地区に住む

1990年頃に猫と電子レンジの話が実業の世界でも流行した。
-----------------------------------------------------------
訴訟大国アメリカの異常性を示す典型的なエピソードが、この「電子レンジ猫訴訟」(猫チン事件)である。
事の起こりは、ひとりの老婦人が、子供たちから一台の電子レンジをプレゼントされたことだった。彼女はある雨の日、外に出てずぶ濡れになってしまった愛猫を、電子レンジで乾かすことを思いついき、実行に移した。そして、当然の結果として、彼女が再び電子レンジのふたを開けたとき、気の毒な猫はすっかり内側から調理されていたのだ。
このことにショックを受けた老婦人は、あろうことか、電子レンジのメーカーを相手に訴訟を起こす。「猫が死んでしまったのは、電子レンジの取扱説明書に『動物を入れないでください』という注意書きがなかったせいだ」というのだ。
そして、驚くべきことに、裁判所はこの常識では考えられないいいがかりに近い訴えを認め、電子レンジのメーカーに、多額の賠償金の支払いを命じたのである!(現在、電子レンジの取扱説明書に、「動物を乾かす目的で使用しないでください」という注意書きがあるのはこのためだ)。

この一件は、「マックコーヒー訴訟」(コーヒーをこぼしてやけどした老婦人が、「マクドナルドのコーヒーが熱すぎたからだ」と訴え、勝訴して多額の賠償金を得た事件)と並び、訴訟社会アメリカの病理を示す象徴的な出来事として、わが国においてもよく知られている。
-----------------------------------------------
この猫と電子レンジの話は真っ赤な嘘のようであるが、マック珈琲は本当のようである。

で・・なんで、この話が流行ったかというと「PL法対応セミナー」で、散々聞かされたかたである。
日本では1995年にPL法(製造物責任法)が制定されたが、その前には、こうしたセミナーが大繁盛していたのである。

そこで、俺達のような零細企業も対応しないといかんのじゃないか?
しかし、セミナー聞いても具体的な話はわからん。
具体的にどんな表示が必要なのか?
誰か暇そうなやつに米国に見に行かせよう。
----ということで「あんた暇だろう。行って来い」ということに。

それで米国の様々な市場で商品展示を見て、パッケージを見て、
商品を購入して、取扱い説明書を見るという役目をやるはめに。

そこで思ったこと。
実態はかなりイイカゲン。
ただし、大企業のナショナルブランドはちゃんとやっている。
これは訴えるなら金になる大企業の商品で、
金が払えそうもない零細企業の商品を訴えるやつはいない。
品質に自信が無い商品は「時間無制限保障」としてある。
「壊れたら新品と取り替えるので許してね、でも、良く壊れるからね」という意味。
そして、驚いたのは言語表示。
「あの国はグローバルでんがな。多くの言葉で注意書きが書かれているのでは?」
しかし、それはグローバル企業のみの話。
フィリップスの髭剃りの説明書みたいになっているのは大手企業だけなんです。
その地域にしか流通しない中小零細企業の商品は「インクが勿体無い」と、流通する市場の言語のみ。

グローバルな世界とは、世界の各国人が入り乱れて住んでいるのではなく、
それぞれの民族がタウンを作って分かれて住んでいるのです。
メキシコ移民はメキシコ村、中国移民はチャイナ・タウン。韓国移民は韓国街。
インド人、ドイツ人、トルコ人、アイルランド人、それぞれが集中して住んでいる。
ですから英語が話せなくても何の問題も無く日々の暮らしができるのです。
ヒスパニックの住む町の市場に行けば、表示は全てスペイン語、パッケージも全てスペイン語。
お店に入って店員に英語で話しかけても、話せないので「ニコニコ」するばかり。
床屋に入れば言葉が通じず虎刈りにされる。

ですから、日本がグローバル化されると、あちこちに
日本語の通じない地区が多数出来るということです。

有名なベルリンの地図を見てくださいね。

http://interaktiv.morgenpost.de/migranten-in-berlin/#11/52.5000/13.3200

スポンサーサイト
  1. 米国
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。