-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-07-28 16:28

ベンガルの隣人について

昨年の我が家の冷凍庫庫には、いつも冷凍されたカレーが入っていた。
長女が職場から持って帰った「まかない」食の残りである。
長女は昨年の夏に3年勤めたコンピューター関連の職場を退社し、
約半年、以前の飲食業界に舞い戻り、
今年に入って「もうちょっと早く帰れる」コンピューター関連に再就職した。
飲食業界は、とっくの昔にグローバル化しているので、
「グローバル化に対応して社内会議で英語を使うことを決定」・・・などの長閑な大企業と違って、
零細企業では外国人の同僚に英語で仕事を教え、さらに英語で日本語を教え、さらに文字を教える日々である。
長女によると、日本語の上達が早いのがバングラディッシュ出身のベンガル人。
ベンガル語は発音も文法も日本語に近いので、とにかく上達が早い。
やがて文字も読めるようになり、書けるようになろうと努力する。
一方で、日本語の上達が遅いのがベトナム人。
なぜか駄目なんだよね・・・。

さて、仕事の面では、日本と親和するバングラの人々も、宗教の面ではイスラム教徒であるので、その教義に従う。
最も有名なのは豚肉を食べてはいけないこと。
しかし、豚肉が料理に入っていなくても、スープなどに豚肉のエキスが入っていれば駄目。
それだけではなく、以前、豚肉を料理したことのある鍋、フライパン等の使用も駄目なのだ。
ですから、従業員用の食事(まかない)は、2種類作ることになる。
1つは日本人及びそのような禁忌の無い国の人々用、もう1つはイスラム教徒用である。
2種類作ると、どうしても多くつくることになり、
職場の冷蔵庫に入れられないので、我が家の冷蔵庫にまで溢れ出たわけだ。

そして、もう一つ大きいのがラマダン(断食)である。
食事をしてはいけない。水を飲んではいけない。それだけではなく、自分の唾も飲んではいけない。
近くで日本人が食事をしているのを見て、唾が出たとしても、それを飲んではいけない。
仕方がないので唾を吐き出すことになる。
夜間は食事をしても良いのだは、時間は午後7時から翌日の2時までの間である。
夜明け前まで飲食できる訳ではない。
こういう生活が約1ヶ月続くのだ。
「自分の国であれば、ほぼ全員がイスラム教徒で皆が同じように断食しているので良いが、
日本でのラマダンは辛そうだったよ」と長女。
それは単に辛いだけではなく、無理があるのだ。
国際化というのは、こうした問題を持ち込むことである。
スポンサーサイト
  1. サラセン
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。