2016-07-03 08:31

「防犯カメラ」雑感

わが町内には防犯カメラが設置されてない。
5年ほど前に設置を試みたが、費用掛かり、設置後の管理も大変ということで見送った。
ところが近隣の町会は設置しており、これでは、痴漢は近隣町会を避けて、わが町会に来るであろうと心配された。
娘からヒアリングすると、やはり痴漢はやってきていた。
最近の痴漢は若い男の子も狙うので、友人から情報を集めてもらい、出没箇所を何箇所か特定した。
何と、我が家からさほど離れていない場所にも出没箇所があった。
「これは対策しないとイカンちゃ」と思っていたら・・・その場所で引ったくり事件が発生。
どうも、事件多発箇所のようで、行政が町会長の承認を取って防犯カメラを設置してしまった。
・・・これが去年の秋。

そこで、今期の町会の予算で町内の他の箇所にもカメラを取り付けようと、
先月は警察に行ったり、区役所に言ったり、カメラ業者に見積もりを取ったり、
既に設置してある近隣の町会にヒアリングに行ったりした。
多くは機密情報であるが、ちょっと驚いた事があるので紹介する。
町会の取付けるカメラは「ここに付けてるぞ」と明示してある犯罪抑止カメラである。
でも、安いダミーカメラではなく、ちゃんと録画している。
録画は町会本部にある大容量記録媒体にケーブルで送付され、
警察の要請があれば捜査協力ということで提出する。
これが商店街などで導入されている本格タイプ。
管理が大変と聞いたのですが・・・・
「捜査協力なんて、めったに無いでしょ?」
「うんにゃ」
「あったとしても1年で数回程度?」
「そんなに少ないもんじゃおまへん」
「ほえええ、もっと多い?」
「月に数回?」
「もっと多いです。ですから管理が大変なの」

その後、住宅街に設置した町会本部も訪問したが・・・やはり多かった。

本当かしらね。
我が町内に設置して見れば分かりますので、その感想は後日。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する