-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-05-22 20:57

マイナス金利、銀行員を走らす・・というより走ったふりする。

マイナス金利になってから銀行員がやたらと来る。
地元の銀行は来ないが隣町の銀行から新規開拓ということで、飛び込み営業の嵐である。
過去50年、一度も来た事がない銀行ばかりである。

で・・・名詞を見ると・・・特別融資推進課・・・・これ、なんじゃと聞くと。
支店は、あいかわらず「やる気のないコアラ」の状態で、
本部にマイナス金利対応の特別部隊を作り、各支店に1週間あたり短期出向。
この精鋭部隊と、コアラ一族より地区の融資課員が同行する。
この同行者は、宇奈月部隊で、本部精鋭社員の後ろでうなづくだけ。

しかし、本部からやってきても、やはり同じである事は最初からわかっているのである。
金融監査マニュアルが存在して、これを無視した融資が出来ないのですから駄目に決まってます。
ようするに「我々は努力した」という証拠が残れば、それで良いのです。
銀行は本来の融資の仕事を熱心にやってないではないかと批判する人がおりますから。

大昔は融資は支店の営業マンが経営者から話を聞いて、経営者の人物を確認してから
支店の稟議に掛けて決定していたのです。
その後、金融危機というのがありました。
この原因は大蔵省の役人が書いた不動産取引の総量規制という1枚の通達だったのですが、
悪いのは、融資を判断した現場の営業マンということになり、
銀行の融資担当が二度とミスを犯さないようにと大蔵省が金融監査マニュアルを作り厳しく査定。
その結果、赤字会社は融資できず、黒字会社でもバランスシートが悪いと融資できずとなり、
融資できるバランスシートが優良な黒字会社は、十分な資金があるので、融資を必要とせず、
その結果として「我々は金を貸すところがないんですよ」となっているわけですから。
銀行の支店には融資先を評価する権限もないし、実力もないのです。
本部は、優良企業に融資する権限はあるが、そうでない会社は保証会社がOKなら融資ということで、完全に丸投げです。
そして、保証会社は優良企業でないと保証しませんので、結論は同じことなんです。

ですので、マイナス金利対応儀式とパフォーマンスが終われば、元に戻るでしょう。

それにマイナス金利と言っても、日本銀行の当座に預金している金額が全てマイナス金利になるのではなく、
今までのは、ちゃんと金利を払いますが、新たに追加して預金したらマイナスですよ・・・
もう、持ってこないでね・・・というだけなんですから。
預けておけば利子で儲かる世界は何も変わってないのです。
マイナス金利だから・・・という話はネタに過ぎないのです。

イメージ389_edited-2



http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/

この数字は是非、見ておいてくださいね。


スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 このマイナス金利は、銀行が当座に決まった金額以上お金を預けて楽して日銀がらお小遣いを貰おうとするのはもうダメですよ、ということですか?

 でも銀行の融資担当が、大蔵省の規制一つで理不尽にも木っ端微塵に吹き飛ばされ、その後に何もしないのが一番のコアラ一族になってしまったのは致し方ない所もあるような気がします。本部精鋭部隊も何とかしないといけないからお客様回りをしているのでしょうが、お役所が蔵出税を消費税にしたり、不動産取引の総量規制したりして民間の動きを金縛りにしてしてしまったのを解消しないとどうにもならないと思います。

 そして国立大学の学費の高騰や以上に大学・短大を無駄に増やし、年間200万円も留学生に援助するなんてことをして国民の家計を圧迫しているのに、「年寄りがお金を使わないからだ!」と人のせいにするお役所は幾らなんでもずうずうしい。

 お隣のお孫さんの大学では、留学生が日本政府からお金を貰ってるのに学校に来ないし、なぜか本国から家族を呼び寄せているそうです。こういう偽装留学生を大量に受け入れている大学は、私たちの血税で詐欺まがいの運営をしているように見えます。こういうことも止めて、子供の学費をもっと払える程度にしないで「国民の消費意欲がぁぁ!」と言われるのは心外です。
  1. 2016-05-23 07:54
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  このマイナス金利は、銀行が当座に決まった金額以上お金を預けて楽して日銀がらお小遣いを貰おうとするのはもうダメですよ、ということですか?

その通りですが、まだ超過で預けられている銭に金利が払われています。

>
>  でも銀行の融資担当が、大蔵省の規制一つで理不尽にも木っ端微塵に吹き飛ばされ、その後に何もしないのが一番のコアラ一族になってしまったのは致し方ない所もあるような気がします。本部精鋭部隊も何とかしないといけないからお客様回りをしているのでしょうが、お役所が蔵出税を消費税にしたり、不動産取引の総量規制したりして民間の動きを金縛りにしてしてしまったのを解消しないとどうにもならないと思います。

結局今の状態は過去からの敬意でこうなっているので、そう簡単に変化しませんね。

>
>  そして国立大学の学費の高騰や以上に大学・短大を無駄に増やし、年間200万円も留学生に援助するなんてことをして国民の家計を圧迫しているのに、「年寄りがお金を使わないからだ!」と人のせいにするお役所は幾らなんでもずうずうしい。
>
>  お隣のお孫さんの大学では、留学生が日本政府からお金を貰ってるのに学校に来ないし、なぜか本国から家族を呼び寄せているそうです。こういう偽装留学生を大量に受け入れている大学は、私たちの血税で詐欺まがいの運営をしているように見えます。こういうことも止めて、子供の学費をもっと払える程度にしないで「国民の消費意欲がぁぁ!」と言われるのは心外です。

あの留学生と面接で話したことありますが日本のおばか加減に呆れました。
  1. 2016-05-23 16:25
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。