-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-04-29 11:00

デフレの時代は終わらない

デフレを終わらせなければ日本経済の明日は無いようなことを主張する経済評論家の方々。
何時まで言ってるの?
現場で商売している限りは日本のデフレが終わるような気配は全くありません。
終わるどころかデフレは深刻化しておりまして、将来的に見てもデフレが続くと思われます。
このデフレは構造改革により生まれたもので、もはや元に戻ることはありえません。
かつて「日本の物価は高すぎる」というキャンペーンがあったことをお忘れか?
東京で買う口紅とニューヨークで買う口紅とロンドンで買う口紅をドル換算で比べて、
日本が高いのは規制があるからだとやられたのです。
「こなもんは口紅のブランドにより変わるわ」
「何で、ドル換算して比べるのだ」
・・・といくら主張しても駄目でしたね。
その結果、定価制度に守られていた生業店(家族経営の零細店)は皆、潰れました。
その跡は、コンビニが出店しました。
生業店の店主は竹中平蔵を恨んで引退しました。

セブン-イレブンの既存店日販が70万円を突破したようです。
30日営業で月間2100万円。
年商2億5200万円となります。
これは全国平均ですが、都内ではこのレベルではない。
先日、隣町の住宅街にあるセブンちゃんの店員が銀行に行こうとして売上げ、ひったくられましたが、
その額は1200万円と唖然とする程、多くて、噂になりました。
娘に「どう思う?」と聞いたら
「そんな大金を自転車で銀行に運んでは駄目です」との反応しかなかったです。

2人でやってる平均的なレベルの町内の1000円床屋の月商は2500万円です。
生業ではとても無理でしょう。
今は、あらゆるシステムが価格を下げる方向に組まれておりますので、
この方向を変えるのは、もはや無理ということです。

価格はそれぞれの市場で、販売側と顧客の合意で決まるものとの我々の主張を無視して、
恣意的な品目(日本が高くなる品目及びブランド)を選び実施した「内外価格差調査」を詫びるのが先でしょう。



スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 構造改革によるデフレだから安値傾向は変わらないとすると、これから景気を良くするためにはどうしたらよいのでしょうか?正直あの改革の逆コースが出来たらと思っています。
  1. 2016-04-29 22:55
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  構造改革によるデフレだから安値傾向は変わらないとすると、これから景気を良くするためにはどうしたらよいのでしょうか?正直あの改革の逆コースが出来たらと思っています。

前に戻すには、その主体となるプレイヤーが廃業し引退してしまったので、無理ではないかと思います。
また、現在の日本の位置は中国が駄目になったとしても周辺に安価な労働力があることに変わりはなく、
日本企業が利用することが可能ですので、今後もデフレ圧力を受け続けると思います。

やはり諸外国並の公共事業を行ない、東京一極集中を廃して地方に人口を分散させることが近道と思います。
  1. 2016-04-30 17:42
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。