2016-04-24 10:15

認可外保育園

三月末の話であるが、桜が満開なので長女が夜桜見学を兼ねて隣町に寿司を食いに行こうという。
我が家の周辺には都内の住宅街でありながらあちことに桜並木がある。
別の桜の名所の公園などに行って、酔っ払いの馬鹿騒ぎを見ないでも、散歩のついでに夜桜が見えるのだ、
隣町まで歩いて15分ほどであるが、桜を見ながら大回りして30分の散歩が楽しむ。

散歩の途中に小さな新しい保育園があった。
さらに歩くと、また新しい小さな保育園があった。
「お父さん、こんなところに保育園があるね」
「ああ」
「前からあったっけ」
「いや、最近出来たんだ」
「お父さん知ってるの」
「一応、児童委員だからね」
「でも、とても狭い感じで、庭もないじゃない」
「屋内で遊ぶか、天気の良い日は近くの公園で遊ぶのだね」
「学童保育みたいだね」
「小さな子供だから、チーム分けして、そうとう注意して連れて行ってるのだと思うよ」
「こんな小さな保育園、許可されるの?」
「ここは認可外保育園だよ。国の基準を満たせないので認可外となる」
「そうなんだ」
「都内は土地が確保できないので国の基準を満たせるような敷地のある保育園は、行政も動いて、もはや可能なところは全て言えるぐらいに作ってしまったと区の課長さんが話していた。区の保有する土地も提供して。
「認可外保育園ができれば待機児童数が減少する?」
「国の基準にあった保育園に入れない児童が待機児童>いことでしょう。だから待機児童の統計上の数は減らない。
認可外保育園は行政の補助金を受けられないので、保育料は高くなる。
一方で認可保育園は補助金があるので、保育料が安いが、当然、申し込みが殺到するので、収入の高い家庭の子は保育園落ちた日本死ね・・となるね・・・収入が低くて認可外保育園に行けない児童を優先するからね」
「認可外保育園への行政の補助は無いの?」
「今度、調べておくけど、全く無いわけではないでしょう。安全性の面でも行政が大きく係わる必要はあると思う」
----------------------------------------------------
その後、以前に研修を受けた資料を確認しました。

認可保育所(国基準)

認可保育所とは、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備、防災管理、衛生管理等)をクリアして都道府県知事に認可された施設。
保護者が仕事や病気などの理由で、0歳~小学校就学前の子どもの保育ができない場合に、子どもを預かって保育。
区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所(私立)がある。
認可保育所は公費により運営されています。

認証保育所(都独自基準)

東京都独自の制度。
国の基準による従来の認可保育所は、設置基準などから大都市では設置が困難で、また0歳児保育を行わない保育所があるなど、都民の保育ニーズに必ずしも応えられていなかった。
A型(駅前基本型)
B型(小規模、家庭的保育所)の2種類がある。

東京都では認可外保育園に対して独自の基準を定めている。
また、補助制度は区により多少の差があるが、
わが区では、申請により認可保育園との保育料金の差額を補助している。
ただし、保護者の前年分所得税の合計が402,400円以上の場合は補助が無い。



スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

確かに認可外保育園てたくさんありますよねえ。

そして、幼稚園は小さいところは相当廃園になています。皆が認可保育園を望むのは当然安いという一事でしょう。当然これは共稼ぎの子供の問題なんでしょうが、この手の話を聞くと本当に不思議な気がします。

小生が子供の頃、共稼ぎの夫婦というのは女性の側が少し特殊な職業の人々という印象でした(教師や看護婦など)。そしてパートに出るという奥さんも当時は完全に少数派だったと思います。それでも小生は一人っ子であったこともありましたが中高大と私立に行かせてもらいました。その上、母ははっきり言って病気の問屋というような人でしたのでその辺りのかかりも結構有ったと思います。もちろん稼ぎは殆ど無し。まあ家はもてませんでしたが…

それでも何とかなったのですよね。でも今は一体どうなんでしょうか。
どう見ても国民が豊かになったとは思えない話です。まあ、バブル崩壊ということに尽きてるんでしょうが果たしてそればかりなのか疑問です。

昭和の初年、とかのサラリーマンには女中さんが居るのが普通だったといいます。
一体我々は豊かになったのでしょうか、豊かというのはどういうことなんでしょうか。

この辺りのお考えを聞かせていただけたらと思うものです。
  1. 2016-04-26 23:33
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 確かに認可外保育園てたくさんありますよねえ。
>
> そして、幼稚園は小さいところは相当廃園になています。皆が認可保育園を望むのは当然安いという一事でしょう。当然これは共稼ぎの子供の問題なんでしょうが、この手の話を聞くと本当に不思議な気がします。
>
> 小生が子供の頃、共稼ぎの夫婦というのは女性の側が少し特殊な職業の人々という印象でした(教師や看護婦など)。そしてパートに出るという奥さんも当時は完全に少数派だったと思います。それでも小生は一人っ子であったこともありましたが中高大と私立に行かせてもらいました。その上、母ははっきり言って病気の問屋というような人でしたのでその辺りのかかりも結構有ったと思います。もちろん稼ぎは殆ど無し。まあ家はもてませんでしたが…
>
> それでも何とかなったのですよね。でも今は一体どうなんでしょうか。
> どう見ても国民が豊かになったとは思えない話です。まあ、バブル崩壊ということに尽きてるんでしょうが果たしてそればかりなのか疑問です。
>
> 昭和の初年、とかのサラリーマンには女中さんが居るのが普通だったといいます。
> 一体我々は豊かになったのでしょうか、豊かというのはどういうことなんでしょうか。
>
> この辺りのお考えを聞かせていただけたらと思うものです。

昭和初年との比較は別の機会にやりたいのですが、団塊世代から昭和30年頃の生まれの人と現在との違いは明確だと思います。
以前にもお話しましたように、大学の授業料が依然とは比べ物のならないくらい高額になっているからです。
また、大学の進学率は以前とは比べ物にならないほど上昇し、競争が激化したので進学するには塾や家庭教師などの費用が必須となってますね。
私の世代で小学校50人のクラスで大学に進学したのは2人だけでした。
進学塾なるものは無くて、あったのは絵の塾とか、茶道、茶道、書道の塾だけです。
私より2年下の妹の世代では進学塾というものがあったようですよ。

多くのお母さんが働き出すのは、早めに教育費用に溜めておかないと・・・言う動機があると思います。
児童委員として話を聞いても、父ちゃんの給料安いので子供を大学まで行かせるのは、今の内に働いて貯金するの・・・というのが多いです。
それから、民主党の子供手当ての影響で、幼児から中学生までの所得税に掛かる扶養控除が廃止され、さらに高校無償化により、高校生も扶養控除が無いでしょう。
地方税は国税で確定された所得税に掛かるので、国税より遥かに高い住民税が幼年控除等が無いことにより、えらく増税されちゃうのです。民主党政権以前と以降では全く条件が変わったのが実態です。
財政的に余裕のある自治体では、民主党の子供手当て導入以降に、子育て世代への補助を開始しています。
いかに影響が大きいかを示しています。
財政的に余裕に無い市町村はこうした補助もできません。子供を巻き込む悲惨な事件が起こる原因になってます。
それから都がやってる生活福祉資金の貸付については、我々も絡んでいるのですが、需要の大半が教育費です。
ですから、4月(入学)が過ぎると相談は殆どなくなります。
これも、民主党政権が子供手当てを導入した移行、多くなりました。

政治は誰がやっても同じだろうと宣伝したマスコミの罠に、日本国民が引っかかったのですが、未だに罠に掛かったままなのです。

  1. 2016-04-27 09:51
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

認可外保育園は付加価値の高い保育をするので、保育料は高い・・・そして利用者が少なく潰れるというのは、待機児童問題が出る以前の話です。
今は地方自治体が認可外保育園を積極的に活用して待機児童問題の解決に利用しているケースがあり、認可保育園との保育量の差額について補助金を出しています。これは都内でも区の担当者の意識によりだいぶ差があるようです。区民が区政に参加して行政と議論することが必要です。
  1. 2016-05-08 10:40
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する