-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-04-14 09:40

一緒に付いていかなくても良い

竹下さんがプラザホテルで「ウン(諾)」と言ってから、円高が進み、日本の輸出産業は大打撃を受けた。
この記述は間違いではないが、輸出産業と言った場合、なにを思い浮かべるのかが、
実業の世界の住民とそうでない人達とは違うんです。
日本には巨大にして良質な内需がある。
国内市場ですな。
良質というのは、買ったらちゃんと金を払う・・払える国民がいるという意味です。
この国内市場は環境が良いので大変、競争が激しい。
だから製造業でも品質の良い商品を作れないB級事業者は、国内の競争で負けるので輸出するしかない。
当時の輸出先は米国です。
あの市場は巨大な上に、富裕層と貧困層とさらに、その下に別れている。
中間層はレーガンが規制緩和を推進したので、居なくなった。
ですから日本でB級であっても、米国の貧困層市場では「なんて、モノが良いんだ」と十分に受け入れらていた。
この輸出専門の日本の事業者が1ドルが360円だったのが、220円になり、120円となれば、もう無理っすとなり、壊滅したのである。
その市場はクリントンが日本パッシングして、中国の製造業を廻り、中国にライセンス生産せている。

その後、日本の中小製造業は海外展開と言えば大手に付いて行くしかなかった。
大手組立工場の近所に工場を進出させて、大手の組立工場にだけ納入する。
国内取引を海外に場所を移しただけというコバンザメ商法のみ。
現地調達率の向上が求められるので、材料は現地調達。従業員も現地雇用。

これは2006年頃から激変した。
日本の中間財(部品・材料)の高品質が評価され世界から引き合いがどんどんと来ている。
日本の輸出の中で(食料品なども含む全輸出)
部品などの中間財・・・50%
高品位の素材・原料・・25%
耐久消費財・・・15%
その他・・・10%

金融経済の評論家の方々が、日本は韓国に負けた、
ハイテク機器の生産は中国が世界一じゃあと騒いでいたのは耐久消費財の分野だけの話。

このように中間財に輸出が増える中で、TPPは原産地規則が完全累進制であるため、
中小企業であっても、わが国に居ながら海外展開が可能になるのである。
大企業に付いていかなくても、海外に工場を立てないでも、現地の従業員を雇わなくても、
今までの従業員を使い、そのまま海外展開が出来る。
なぜなら日本国内はTPP域内であり、日本製品はTPP域内製品であるからだ。
今までも十分競争力があった日本の資本財が、さらに伸びる可能性が増えたという話である。
スポンサーサイト
  1. 中小零細企業の実態
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 TPPが始まって中小企業が海外へ行かなくても商売が出来るようになれば、海外での政情不安やテロなどの危険を避けられますし国内の雇用が増えますね。こういう良い点はほどんと報道されないので、ブログで教えて下さるとありがたいです。

 それから昨日のコメント欄での、反日親中パンダハガーのクリントン大統領の金融ビックバンで我が国は負けていなかったというお話は、負けたと思っていたので嬉しい事実でした♪
  1. 2016-04-14 12:07
  2. URL
  3. 都民です。 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  TPPが始まって中小企業が海外へ行かなくても商売が出来るようになれば、海外での政情不安やテロなどの危険を避けられますし国内の雇用が増えますね。こういう良い点はほどんと報道されないので、ブログで教えて下さるとありがたいです。

日本だけでなくて米国においても製造業の国内回帰が起きているのです。
中国の人件費が上昇しメリットがなくなった上に、米国はいまや世界最大の産油国ですからね。資源が安い。
国内回帰が起きるのも当然。そして、ここ数年は日本企業の米国市場調査が増えており進出も多くなってます。
日本の大学は左翼の巣で役に立たないので、米国の大学と提携する日本企業も増えてますね。
日本の保守派の討論会で「米国は衰退」との話が出てくるけど、違いますといいたいです。
日本もメタンハイドレードなどの資源革命をやれば同じ条件になるはず。
>
>  それから昨日のコメント欄での、反日親中パンダハガーのクリントン大統領の金融ビックバンで我が国は負けていなかったというお話は、負けたと思っていたので嬉しい事実でした♪

金融サービス分野での外資規制の緩和がTPPで出てますが、日本は既に終わっていて、
ベトナム、マレーシアがこれからでしょう。
日本の金融ビックバンは大変な国難だったのですが、なんとか乗り切ったということで良いのでは?


  1. 2016-04-15 09:16
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。