-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-03-29 00:22

わかっているではないですか。

事業報告も事業計画も収支予算案も書き上げて、最終チエックです。
事業報告の最初の部分。この後は、具体的な数字が続く。
------------------------------------------------------
平成27年(暦年)の日本経済は、消費税の税率アップ2年目を迎え、国内の消費マインドがさらに冷え込み、その影響が深刻となる中で、年央には中国株式の大暴落が始まり、急速な成長で世界経済を牽引していた中国経済の失速が明確になりました。
その結果、原油安、資源安が進み、新興国経済の景気が減速、輸出が弱含みで推移しています。
-------------------------------------------------------
消費税の影響は、だんだんキツクなる一方で、勝栄二郎への恨みの思いは激しくなる一方です。
消費税が導入されたのは、1989年、バブル景気の真っ只中です。
この時代に対応できたからと言って、現在のようなデフレの真っ只中で対応できるわけがない。

中小企業庁から「消費税が転嫁できたか?」というアンケートが来るのですが、
その最後の設問に答えが書いてある。
転嫁できない理由は?○は2つまで・・・。

1、景気が回復しておらず、消費者の財布の紐が固いため。
2、競争が厳しく、価格を上げると他社製品に乗り換えられてしまうから。
3....・・・・・・
4、・・・・・・・
5.・・・・・・・

答えは上の2つでしょう。
その通りなんですわ。分かっているではないですか?

消費者への販売ばかるではなく、企業間取引でも同様です。
「転嫁拒否」とか「消費税分、マケロ」などとは言うわけが無い。
黙って他社に乗り換えです。
そこら中の流通倉庫の中は「在庫だらけ」なんですから。
今日は某業者が在庫負担に耐えかねて放出、
明日は某業者が廃業にて放出。
以前からの取引先に「消費税分をまけろ」といわないでも、それより安く手に入るのです。
経済産業省の「鉱工業生産指数」を見れば、在庫の水準が高い上に、全く減らないですからねえ。
スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

放火犯には償いをさせるべき

>勝栄二郎への恨みの思いは激しくなる一方

同感です。
これは放火犯の楽しみと同じ構図。
放火する時は少々危険だが、まあ小さなことだからと見逃されている。
火の手が大きくなって大騒ぎの頃は犯人は高みの見物で涼しい顔。
勝栄二郎は今頃こんな心境でにやにや笑っているでしょう。
唾棄すべき存在です。
  1. 2016-03-29 06:29
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 放火犯には償いをさせるべき

> >勝栄二郎への恨みの思いは激しくなる一方
>
> 同感です。
> これは放火犯の楽しみと同じ構図。
> 放火する時は少々危険だが、まあ小さなことだからと見逃されている。
> 火の手が大きくなって大騒ぎの頃は犯人は高みの見物で涼しい顔。
> 勝栄二郎は今頃こんな心境でにやにや笑っているでしょう。
> 唾棄すべき存在です。

本当にそうですね。
民主党が政権を取った時に管直人を煽てながら操縦、
公約にもなかった消費税値上げを突然言わせて、
その後の野田政権で、お人よしの谷垣はんを煽てて3党合意。
これを花道にして引退しながら、今でも財務官僚を裏で操縦しているとのこと。
青山繁治さんによると、安部病気説をマスコミに流して倒閣運動をやっているようで、
高みの見物ではないようです。

この男は大蔵省職員の「ノーーパンしゃぶしゃぶ」事件の生き残りと書いてある文書がインターネット上に多数出ています。
そうであれば、策士であり、品行方正な人物ではないようです。
  1. 2016-03-30 10:19
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。