2016-03-15 14:15

なぜか、狂ったような地球温暖化対策の嵐

50年に温暖化ガス80%削減目標 政府が対策計画案を了承

政府は15日、関係閣僚らによる地球温暖化対策推進本部(本部長、安倍晋三首相)を開き、
温暖化ガスを2050年に現在より80%削減する目標を盛り込んだ地球温暖化対策計画案を了承した。
計画案は一般からの意見を募った上で5月上旬にも閣議決定する。
計画案は短期は20年に05年比で3.8%以上減、中期は30年に13年比で26%減、長期は50年に現在よりも80%減と明記した。
安倍首相は会合で「イノベーションを促す、国際競争力を高める、国民に広く知恵を求めるという3つの原則にそって大幅な排出削減を目指し、世界の排出削減を主導していく」と述べた。国民運動を進め、低炭素型の商品やサービスの利用を拡大させるほか、省エネ性能の高い発光ダイオード(LED)照明の導入を加速させることなどを関係閣僚に指示した。
目標を達成するため、太陽光発電や燃料電池などで発電して実質的な光熱費をゼロにするゼロエネルギーのビルや住宅を20年ごろから本格的に普及させることなどを盛り込んだ。
------------------------------------------------------
誰もが怪しい話だと思い、もはや、こんな話を信じているのは
狂信的な環境オタクだけになっているCO2=と地球温暖化原因説を
またもや国家レベルで推進しようという勢力が暗躍しているようである。

2007:英国BBC「地球温暖化詐欺」(ドキュメント番組)を放送。
2009年11月:第1次クライムゲート事件(英国の地球温暖化説の総本山研究所よりメール1000通流出)
2011年秋:第2次クライムゲート事件(同研究所よりメール5000通流出)
これらのメールは地球温暖化説を立証するため、世界各地の観測所から地球が寒冷化しているデータを消去したと暴露。
その後、IPCC報告書を書いた4000名の学者の正体を調べた本が出版される。
世界的な学者は殆ど居ない上に環境NPO所属の大学院生が多かった。

日本では学術会議を開いて、上記の問題は無視することを決定。

その後、暫くは静かになったが・・・・昨年の新たな約束文書をCOPに提出してから再び発狂したようである。
もう、止めなくてはいけないのではないか?

2006年の頃とは状況が全く変わってしまっているのです。


スポンサーサイト
  1. ピークオイルと新エネルギー
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

温暖化懐疑論者は干されている

昨今のの地球温暖化騒ぎは本当の狂乱状態ですね。
私が気になる事、それは第一次クライメートゲート事件以後しばらくしてからの傾向。
温暖化懐疑論を唱える研究者が大学等で干されています。
温暖化懐疑論では研究費が出ない、研究が進まない、いつの間にか別の所に転出している。
こんな事が続いています。

密かにうるさい連中を排除した上で昨今の温暖化騒ぎを蒸し返した、そう見えるのです。
オバマの仕組んだ世界霍乱策だと思います。
困った傾向ですが、寒冷化は最早隠しようのない所まで来てしまっている。
今年はこの破綻も出てくるでしょう。大変な一年になりそうです。
  1. 2016-03-16 07:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 温暖化懐疑論者は干されている

> 昨今のの地球温暖化騒ぎは本当の狂乱状態ですね。
> 私が気になる事、それは第一次クライメートゲート事件以後しばらくしてからの傾向。
> 温暖化懐疑論を唱える研究者が大学等で干されています。
> 温暖化懐疑論では研究費が出ない、研究が進まない、いつの間にか別の所に転出している。
> こんな事が続いています。
>
> 密かにうるさい連中を排除した上で昨今の温暖化騒ぎを蒸し返した、そう見えるのです。
> オバマの仕組んだ世界霍乱策だと思います。
> 困った傾向ですが、寒冷化は最早隠しようのない所まで来てしまっている。
> 今年はこの破綻も出てくるでしょう。大変な一年になりそうです。

二酸化炭素が温暖化の原因であるというのは無理筋の理論でしょう。
これに疑問を挟むだけで、干されてしまうとは、何をやりたいのでしょうか?
心配なのは日本は一度、決めたらなかなか軌道修正が出来ないことです。
消費税も原発も然りでしょう。
長期的なロードマップを国が作るということに問題が大きいと思っています。
企業は逆らえなくなります。
一方で科学は進歩するし、世界情勢は変わるのに対応できません。
こうした動きを止めるのはもはや国民しかいませんね。
パブリック・コメントをしっかり書きましょう。

  1. 2016-03-17 12:01
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する