2016-02-05 00:15

日本の裏総理の倒閣運動であるらしい

この動画の最後の部分を聞いてください。
これは、覚悟して言ってると思います。




こちらの方は地方のラジオ局ですが、かなり、明確ですね。





先日、民主党最後の泥鰌総理が出てきて・・・

民主党の野田佳彦前首相は30日、テレビ東京番組に出演し、
来年4月の消費税10+ 件10%への再増税について
「今のままなら上げるべきだ」と述べ、予定通り実施すべきだとの考えを示した。
「今上げなければ、ずっと上げられない。財政の危機は深刻だ」と語った。

未だに民主党時代の悪夢は・・ほとんどが覚めてないのです。

dc4cd62f3e81daa0aa087e392605e653.jpg

スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

今の官僚制度というのはどうなってるんでしょうか

勝栄二郎がまたぞろ悪さを始めたのですか…

いったい今の官僚制度はどうなってるんでしょうか。昔の軍の方が遥かにマシでしょう。かつて軍人は現役を離れると、その地位にかかわらず影響力を持てなくなりました。かつては平均寿命も短く衰えも早かったとはいえますが、これによって新陳代謝が進んだことは紛れもない事実です。ある程度の上級者の頭数は必要なので、そういう人間は軍事参議官にしておきましたが実質的な仕事はさせず、必要に応じてそれなりの地位につけるだけでした。

もし、その人間に能力があり使う必要があるとすれば特別職の公務員にすれば良いだけで生涯軍に関与できたのは元帥府に列せられた場合だけでした。まあ、この結果、東郷や皇族の減衰がやったことは日本について害悪のほうが多かったような気はしますが…

しかるに、この財務官僚の行状は何でしょうか?
法治国家であればかなり問題があるとはいえ、議会が政府をコントロールすることにより官僚を統制することが出来ます。戦時下だってこの最低限は守られていました。しかるにこのような「部外者」(はっきりこう言います)が権力を持ち官僚機構を動かすなどということはとんでもない話です。

戦時中、戦前首相を務めた近衛文麿でさえ、政府や軍の情報を集めることは出来たものの実際の権力にタッチは出来ませんでした。それが権力というものの矜持だったはずです。

これでは戦時下の軍以下でしょう。
こんなことをするなら政府の役職につけ議会のコントロールに置かねばいけません。
左巻きには理解できないでしょうがこれこそが民主主義の危機です。
  1. 2016-02-05 22:26
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 今の官僚制度というのはどうなってるんでしょうか

> 勝栄二郎がまたぞろ悪さを始めたのですか…
>
> いったい今の官僚制度はどうなってるんでしょうか。昔の軍の方が遥かにマシでしょう。かつて軍人は現役を離れると、その地位にかかわらず影響力を持てなくなりました。かつては平均寿命も短く衰えも早かったとはいえますが、これによって新陳代謝が進んだことは紛れもない事実です。ある程度の上級者の頭数は必要なので、そういう人間は軍事参議官にしておきましたが実質的な仕事はさせず、必要に応じてそれなりの地位につけるだけでした。
>
> もし、その人間に能力があり使う必要があるとすれば特別職の公務員にすれば良いだけで生涯軍に関与できたのは元帥府に列せられた場合だけでした。まあ、この結果、東郷や皇族の減衰がやったことは日本について害悪のほうが多かったような気はしますが…
>
> しかるに、この財務官僚の行状は何でしょうか?
> 法治国家であればかなり問題があるとはいえ、議会が政府をコントロールすることにより官僚を統制することが出来ます。戦時下だってこの最低限は守られていました。しかるにこのような「部外者」(はっきりこう言います)が権力を持ち官僚機構を動かすなどということはとんでもない話です。
>
> 戦時中、戦前首相を務めた近衛文麿でさえ、政府や軍の情報を集めることは出来たものの実際の権力にタッチは出来ませんでした。それが権力というものの矜持だったはずです。
>
> これでは戦時下の軍以下でしょう。
> こんなことをするなら政府の役職につけ議会のコントロールに置かねばいけません。
> 左巻きには理解できないでしょうがこれこそが民主主義の危機です。

普通は花道を作り引退したら、終わりのはずですが、現在でも力を持っているということは、バックが付いているということでしょう。それがあるので、わかっていても潰せないのです。

そのバックは、おそらく20年以上にわたり日本経済の成長を止めて、若者達を契約社員かアルバイトにして、結婚できないようにして、出生率を落としてきたものと同じだと思います。そのようにして、誰が喜ぶか?はご想像の通り。
  1. 2016-02-05 23:53
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する