-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-01-10 12:00

中国の「本当のGDP」は、現在の3分の1程度

週間現在にコラムを書いているドクターZとは誰だろう??
Zと言えば財務省。
ドクターZは元財務官僚の笑う経済学者の高橋の旦那ではなかろうか?
以下は最新コラムから引用。、
-----------------------------------------------------------------------
1990年以降の中国の経済成長率は10%ほどだが、改ざんを考慮すると、中国の「本当のGDP」は、現在の3分の1程度だろう。直近の成長率についても、本当はマイナスである。

つまり、中国政府が、「人民元の下落は止まる」と言い切るのは、為替介入という「切り札」を持っているからなのだ。

一定範囲内での人民元安を容認して、市場が人民元をどう見ているかを判断した上で、最終的には、政府が人為的に市場の売り圧力を封じ込めればいいと考えている。

こんな国なのだから、当然、人民元も国際通貨と言えるものではない。国際通貨であるならば、国際間での「自由な取引」が確保されていないといけないが、人民元でそれはできない。

たとえばTPP(環太平洋パートナーシップ協定)でも、中国の体制問題が障害になってくる。前述したように、中国には国有企業が多いが、TPPには政府による過度な国有企業への融資などを規制する内容が含まれているため、TPPへの加入において大きな障害になる。

さらに、これも前述したとおり、投資の自由化も進んでいないため、国際間の証券の売買といった「資本取引」の自由化も不可能である。そうなると当然、人民元の自由化もできない。

つまり人民元は、本当の意味で国際通貨とは言えないのだ。形だけ国際通貨になっただけで、その中味は、将来の希望も見えない、張り子の虎である。
-----------------------------------------------
引用終わり。

中国の実態GDPは、3分の1程度ではないか・・というのは、私もかなり前のエントリーで書いた覚えがある。
これは感覚ではなくて、当時の中国発表のGDPの実態値が名目GDPの3分の1になっていたからだ。
「馬鹿正直に書くじゃないか」とその時、思ったものである。
当たり前だが普通の国は名目GDPと実態GDPの差は殆ど無い。
中国の不思議なGDPである。

http://yuyuu2013.blog.fc2.com/blog-entry-2506.html

2011年のエントリーでした。

スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

3015年の名目で約70兆元、1990年基準の実質で約20兆元、1/3以下ですか。
日本のそれは名目500兆円、実質530兆円ですから通貨レートを1元=20円と計算しても実質で400兆円くらいですか…たしかにこれくらいが本当のところかもしれないでしょうね。

これで為替介入をするってどうやるんですかね。元買いドル売りをするということでしょう。実弾は有るんでしょうか。これは相当怪しいんじゃなかろうか。こうなれば当然どこかでキャピタルフライトになるでしょう。できるんですかね。

マック指数がドル換算で2.74対2.99ですか、満州出身の旅行者が日本のほうが物価が安いと言っていたのはあながち嘘じゃなさそうですね。たしかにこの状態で元安を放置すれば、食料輸入国の支那の貧困層はたまらないでしょう。でもそんなこと出来るんでしょうか。

どんなに辛くても自由経済を標榜するなら一度は精算しなくてはいけないでしょうね。待ってるのは失われた○0年になるんでしょうがどうしようもないでしょう。彼らが目指した覇権は一度は頓挫でしょう。
  1. 2016-01-12 11:33
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 3015年の名目で約70兆元、1990年基準の実質で約20兆元、1/3以下ですか。
> 日本のそれは名目500兆円、実質530兆円ですから通貨レートを1元=20円と計算しても実質で400兆円くらいですか…たしかにこれくらいが本当のところかもしれないでしょうね。
>
> これで為替介入をするってどうやるんですかね。元買いドル売りをするということでしょう。実弾は有るんでしょうか。これは相当怪しいんじゃなかろうか。こうなれば当然どこかでキャピタルフライトになるでしょう。できるんですかね。
>
> マック指数がドル換算で2.74対2.99ですか、満州出身の旅行者が日本のほうが物価が安いと言っていたのはあながち嘘じゃなさそうですね。たしかにこの状態で元安を放置すれば、食料輸入国の支那の貧困層はたまらないでしょう。でもそんなこと出来るんでしょうか。
>
> どんなに辛くても自由経済を標榜するなら一度は精算しなくてはいけないでしょうね。待ってるのは失われた○0年になるんでしょうがどうしようもないでしょう。彼らが目指した覇権は一度は頓挫でしょう。

NHKや日本経済新聞が世界第二のGDPと褒め上げたのは、実は罠だったのではないか?
日本で日夜、工作活動をしている中国共産党の皆さん、実はNHK&日本経済新聞&朝日新聞は
貴殿の祖国を実は罠にかけるために反日報道をしていたのです。
え、もう、既に気がついている?やっぱり、そうですか。

連中の為替介入といっても、自由主義国の為替介入ではありません。
逮捕という為替介入です。
金融関係者が何人も逮捕されているようです。

中国の物価は日本より高いのは、人民元がドルスペックだからです。
1ドル70円が120円になれば、ドル・コバンザメの人民元も高くなるはずです。
  1. 2016-01-12 12:54
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

 しかし小学校は作りません。
 これ2013年の記事です。

貧困地域に学校寄贈の日本人を罵倒する子ども=中国版ツイッター

中国版ツイッター・微博の一起神回復(ハンドルネーム)さんが、自身の微博上で中国の貧困地域に学校を寄贈したという日本人に関するエピソードを紹介したところ、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
  一起神回復さんによると、中国で13年も暮らす日本人が中国の貧困地区のために小学校を10棟寄贈したそうだ。しかし、日本人が小学校を訪れてみたところ、子どもたちから「小日本は出て行け!」と石を投げつけられたという。
****************
  同エピソードについて、微博ユーザーからは「子どもたちのしたことは正しい。これは日本人の祖先が残した罪だ。その子孫が報いを受けるのは当然。オレも子どもにこのような考えを植えこむぜ!」、「日本が学校を建てたとしても、当時中国に対して行った悪行が許されるわけではない」など、石を投げつけた子どもたちは何ら間違ってはいないとの意見が多く寄せられた。
  しかし、子どもたちの行為を恥じるというユーザーもいて、「人には善人と悪人がいることを教師は教えるべきだ」、「この件で教師のレベルがどの程度かが分かるな」などのコメントもあった。
  一方、このような状況は別に珍しくはないという意見も多く、「中国式洗脳教育の産物だ。何もおかしなことではない」、「国の教育がこういう方針なんだから、子どもを責められないさ」と、反日教育に問題があるとのコメントがあった。
****************
  一起神回復さんが紹介した同エピソードの真贋は不明だが、中国であれば現実に起きてもまったくおかしくないと思ってしまう。中国が子どもたちに対し、「日本は悪」と刷り込んでいることを象徴するエピソードと言えるだろう。(編集担当:畠山栄)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0430&f=national_0430_023.shtml
  1. 2016-01-13 12:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  しかし小学校は作りません。
>  これ2013年の記事です。
>
> 貧困地域に学校寄贈の日本人を罵倒する子ども=中国版ツイッター
>
> 中国版ツイッター・微博の一起神回復(ハンドルネーム)さんが、自身の微博上で中国の貧困地域に学校を寄贈したという日本人に関するエピソードを紹介したところ、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
>   一起神回復さんによると、中国で13年も暮らす日本人が中国の貧困地区のために小学校を10棟寄贈したそうだ。しかし、日本人が小学校を訪れてみたところ、子どもたちから「小日本は出て行け!」と石を投げつけられたという。
> ****************
>   同エピソードについて、微博ユーザーからは「子どもたちのしたことは正しい。これは日本人の祖先が残した罪だ。その子孫が報いを受けるのは当然。オレも子どもにこのような考えを植えこむぜ!」、「日本が学校を建てたとしても、当時中国に対して行った悪行が許されるわけではない」など、石を投げつけた子どもたちは何ら間違ってはいないとの意見が多く寄せられた。
>   しかし、子どもたちの行為を恥じるというユーザーもいて、「人には善人と悪人がいることを教師は教えるべきだ」、「この件で教師のレベルがどの程度かが分かるな」などのコメントもあった。
>   一方、このような状況は別に珍しくはないという意見も多く、「中国式洗脳教育の産物だ。何もおかしなことではない」、「国の教育がこういう方針なんだから、子どもを責められないさ」と、反日教育に問題があるとのコメントがあった。
> ****************
>   一起神回復さんが紹介した同エピソードの真贋は不明だが、中国であれば現実に起きてもまったくおかしくないと思ってしまう。中国が子どもたちに対し、「日本は悪」と刷り込んでいることを象徴するエピソードと言えるだろう。(編集担当:畠山栄)
> http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0430&f=national_0430_023.shtml


日本の「箱物」は公共事業ですけど、中国の「箱物」は、作ることを目的にしたもので、商品でもない。
だから完成したら壊すのです。
  1. 2016-01-14 10:30
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。