-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2016-01-06 19:53

裏手の山は全て貧民街 

今日はブラジル時代の友人がやってきた。
話しているうちに映画「黒いオルフェ」をまた見たくなった。

あの素晴らしいコパカバーナ海岸は、実は砂を運んで作った人口海岸である。
その隣がイパネマの海岸で、その隣がレグロン海岸、さらに少し離れてサン・コンラドの海岸。
いずれも、素晴らしい海水浴場である。
海岸の後ろは近代的なビルの立ち並ぶオフィス街であったり、マンション群であったりする。
しかし・・・・その後ろの山の手は、いずれも貧民街となっている、
ブラジルのほぼすべての大都市および中規模都市の裏手は、山の上の方まで貧民街が続いているのである。
ボサノバの名曲、「イパネマの娘」は、イパネマ海岸近くのバーに、
いつも母親に頼まれて煙草を買いに来る美少女にインスピレーションを受けて作曲されたっものだが、
このイパネマの裏手には巨大貧民街が山の上まで続いている。



コパカバーナの裏手も同様。
「黒いオルフェ」の主人公は市電の運転手であるが、あの市電は山の方に向かって走る。
曲がり角で速度を落とすと子供達が飛び乗って来るので、速度は落とさないで曲がるので乗客はたまらない。
しかし、それでも子供たちは生活が掛かっているので満員の市電に飛び乗り、乗客から時計や財布を奪い逃げてゆく。
満員電車で身動きできない乗客は諦めるしかない。
そして、山の上の方まで続く貧民街の様子は映画「黒いオルフェ」に記録されている。
建物は非常に建て込んでおり一軒一軒が狭く、当然にことながら無断で建てられた違法住宅である。

ここの住民は定職に付かず、時々、海岸の出稼ぎに行く。
富裕層も貧民も、裸(水着)になってしまえば区別は付かない。
コパカバーナの海岸でも、富裕層の紛れて、彼や彼女は海水浴を楽しみながら荷物泥棒をやる。
お花畑&能天気な日本人&ドイツ人観光客は
財布、カメラからパスポートまで奪われて、文字通りの丸裸にされる。



しかし、それでも女性は美しく、音楽は素晴らしい。
「黒いオルフェ」の中で、貧民街の最上部の山の上で、主人公がギターで演奏する「カーニバルの朝」を聞けば
財布を取られた怒りも・・・やがて忘れてしまう。








スポンサーサイト
  1. ブラジル
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。