2015-10-02 23:32

今時の国勢調査(追記)

今回、私は国勢調査の調査員を辞退した・・ちゅうより「もう、やーよ」と逃げたわけだが、
私の担当地区をやるはめになった人物が、やたらと聞きに来るので、
今時の国勢調査の様子がわかった。
10年前より事態は悪化していた。

毎年、新聞記者諸君が「日本人口激減」「日本よ滅べ、鮮やかに」と狂喜乱舞しながら騒いでいるのは、住民基本台帳による推計なのである。
国勢調査は住民票データは全く使わない。
調査員は住民票のデータを持って・・ここは山本さんの家だな・・「こんにちわ山本さん」と尋ねるわけではないのである。
提供されるのは担当地区を線引きした地図だけである。
担当地区内に3ヶ月以上、居住している全ての人間が調査対象になる。
屋内生活者だけではなくホームレスも対象になる。
だから担当地区内に公園があると・・・調査員は泣くのである。
一番、大変なのは調査票を住民に渡すことではなく、最初に居住者リストを作ることなのである。

戸建て住宅はそれほど大変ではない。
問題は集合住宅なのである。
集合住宅も様々なタイプがある。
マンションで入口に管理事務所があり、管理人が常駐しているところはあまり問題が無い。
こうしたマンションは管理組合があり自治が行われている。
管理人不在のアパート、マンションが大変なのであるが・・・この方が多いのだ。
でも、その全てが大変というわけではない。
大家が近所に住んでいて、住民が月次家賃帳を持って月末に家賃を届けるような古アパートは、老人だらけだが人情の世界である。
また、大家がアパート・マンションの最上階に住んでいるような大家同居共同住宅でも、
オートロックのシステムとなっていても、引越し、転移の時には大家に菓子折りを届けて挨拶する伝統が残っており、ここも問題ないのである。

問題なのは大家不在、管理人不在の放置マンションである。
調査員がマンションに行く。
それで各階の部屋数を調べてノートに記す。
それぞれの部屋に番号を振る。
その番号に居住者名を記していく。
・・・・・・ところが・・・この手のアパート・マンションの住民は郵便受けに自分の名前を書かないのである。

new_IMG_8109.jpg

このように部屋番号だけで名前が出ていない。
このようなポストがえんえんと続いている。
2階に行っても、3階に行っても・・・・・10階に行ってもこの状態。
中には名前あり・・・という部屋もあるが・・・あるのは10%程度。
90%が「名無し、顔無し」である。
これでは部屋に人が住んでいるのか、空いているのも分からない。

そこで呼び鈴を押して見る。
反応無し。
表札に名前の出ている部屋は普通に反応あるのですが、部屋番号だけの部屋はほぼ100%反応がない。
そこで見るのは電気のメーター(測定器)。
動いていれば誰かが住んでいる。
冷蔵庫でも稼働していればメーターは動く。
それで「連絡してほしい」と手紙を入れる。
表札に名前の出ている部屋の住人は連絡がある。
日本国が統計法という法令に基づき実施している調査ですから。
でも、部屋番号だけの部屋はほぼ連絡がない。

そこで大家を調べて連絡する。
大家は近所に住んでいない。
なぜか海外旅行中というのが多く、連絡が取れない。
なんとか大家に連絡が取れても、以下のヤフーの知恵袋のような反応。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14150015304

これは10年前の調査でも同じであり、このベストアンサーのような事を言う管理人とさんざん喧嘩しましたよ。
何回も何回も足を運び、場合によっては部屋の前で住人が帰って来るのを立ったまま待つ日々でした。
それでも、殆ど、誰も出てこず、誰も帰って来ませんでした。
そのような困ったアパート・マンションは我が町内に2ケ所あるのみなのが救いですが、
荒れた地区では、軒並み困ったアパマンばかりでしょう。
それから古いマンションは「また貸し」が多いので、
誰が住んでいるのか大家にも明示したくいないため名前が出ていない例も多いのです。
ここに至ればマイナンバー制度に期待するしかありません。

---------------------------------------------------------------
追記

肝心のことを書くのを忘れました。
2010年の国勢調査で、住民基本台帳による推計よりも人口が多かったのです。
2009年10月末の住民基本台帳による推計は1億2751万人。
2010年10月時点での国勢調査による人口調査では1億2806万人。
55万人の差異がありました。
2005年の国勢調査の数字は1億2777万人でした。
日本人口は5年間で29万人増えていました。

さらに気になるのは、国勢調査の調査員による訪問調査では100%フォローとは、とても言えないのが実態なのです。
今回、調査員の方、何人かと話しましたが、いずれも元気がありませんでした。
いずれも管理人不在、あるいは管理人非協力のアパート、マンションで、居住者と「合う」事も「話す」ことも出来なかったということです。仕方が無いので調査票をポストに入れただけで終わりました。
お国の調査が完璧にできなかったことで、深刻に落ち込んでおりました。

住民票の集計値よりも多くの人が我が国に居住しており、かつ、表札に自分の名前を書かない「顔なし」が、多量に発生しており、
その連中は、国勢調査でも補足ができないのです。
そして、一部の地域では「顔なし」が集中して住んでいる共同住宅が・・・乱立しているのです。
これだけは、知っておく必要があると思います。
-------------------------------------------------------
今までは外国人は外国人登録法の対象で住民基本台帳制度の適用外でしたが、 我が国に入国・在留する外国人が年々増加していること等を背景に、市区町村が、日本人と同様に、外国人住民に対し基礎的行政サービスを提供する基盤となる制度の必要性が高まりました。
そこで、外国人住民についても日本人と同様に、住民基本台帳法の適用対象に加え、外国人住民の利便の増進及び市区町村等の行政の合理化を図るための、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が第171回国会で成立し、平成21年7月15日に公布、平成24年7月9日に施行されました。
本法律の施行により、外国人住民に対して住民票が作成され、翌年平成25年7月8日から、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)及び住民基本台帳カード(住基カード)についても運用が開始されました。

スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

書かれている通りです

前回に引き続き今回も調査員をやりました。
割り振られた区域によって負荷はかなり異なります。
管理人の居る大規模マンションに当れば、さほど負担は有りません。
一度訪問して不在で有っても、比較的短時間で一気に再訪問出来ますし、雨が降っていても調査中に、さほど濡れる事も有りません。地図に家の番号を振る手間も殆ど掛かりません。
そのような所では、大多数の家庭にインターネットが導入され、スマホを持つ人の割合も多いので、今回から始められたインターネット回答の比率が高くなり、マークシートの調査票の配布にも大した手間は掛かりません。調査票の回収も比較的順調に進むでしょう。
一方で、人が住んでいるのか否かが解らなくなった家や、既に老人ホームに入居して居住者不在になった家、或いは家賃の安い賃貸物件等の多い地域では、室内に人の気配が有ったとしても、出てこなかったりして、住んでいる人数も判らず、最終的に調査票をポストに入れるしか無い場合も有ります。何回行っても埒が明かなくなると、こんな事で良いのだろうかと、国勢調査の精度に疑問符が付きます。まぁ日本でさえこうなんだから、中国で本当の人口が判らないと言うのは、然もありなんと思います。今回は前回よりも厳しい区域に当ってしまいました。楽な区域に当った人は、役所のコネが有るのではと勘繰ったりしています。
  1. 2015-10-09 22:55
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

Re: 書かれている通りです

> 前回に引き続き今回も調査員をやりました。
> 割り振られた区域によって負荷はかなり異なります。
> 管理人の居る大規模マンションに当れば、さほど負担は有りません。
> 一度訪問して不在で有っても、比較的短時間で一気に再訪問出来ますし、雨が降っていても調査中に、さほど濡れる事も有りません。地図に家の番号を振る手間も殆ど掛かりません。
> そのような所では、大多数の家庭にインターネットが導入され、スマホを持つ人の割合も多いので、今回から始められたインターネット回答の比率が高くなり、マークシートの調査票の配布にも大した手間は掛かりません。調査票の回収も比較的順調に進むでしょう。
> 一方で、人が住んでいるのか否かが解らなくなった家や、既に老人ホームに入居して居住者不在になった家、或いは家賃の安い賃貸物件等の多い地域では、室内に人の気配が有ったとしても、出てこなかったりして、住んでいる人数も判らず、最終的に調査票をポストに入れるしか無い場合も有ります。何回行っても埒が明かなくなると、こんな事で良いのだろうかと、国勢調査の精度に疑問符が付きます。まぁ日本でさえこうなんだから、中国で本当の人口が判らないと言うのは、然もありなんと思います。今回は前回よりも厳しい区域に当ってしまいました。楽な区域に当った人は、役所のコネが有るのではと勘繰ったりしています。

最近、超多忙にてコメント返しが遅れております。
さて、管理人不在、管理放棄のアパートの表札無しの部屋は不気味です。
なんとなく外国人が多いのかとも思いますが、すべてがそうではないようですし・・老人も若者も居るようです。
さらに、老人の孤独死は、多くがこういうアパートです。
孤独死が出ると民生委員は何をやっていたのかと非難されますが、ピンポンを押しても出てこない状態なので対処できないのが現状です。


  1. 2015-10-17 08:39
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する