-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-07-26 15:51

止まらない汽車

ドイツ、フォルクスワーゲン(VW)の、中国で20番目となる長沙工場が5月にオープンした。
ええ、何時の間に??2012年には12工場であったのに・・・。
えらい短期間で8工場を開設したものだ。
2012-2015年の間は日本の保守派の間では中国崩壊だの、早く撤退せよだの騒いでいた頃ではおまへんか?
その声はドイツ人の耳には届かず、VWの世界生産は大きく伸びて、トップのトヨタを抜き去るのは射程圏内である。
過去最高となった昨年のグループ販売台数1014万台のうち、中国の販売は367万台。
ドイツ(109万台)を大きく上回り、欧州全体(389万台)に匹敵する規模である。
これで驚いてはいけません。
今後は2019年までに220億ユーロ(約2兆9700億円)を投じ、現地生産能力を500万台まで引き上げるという。

本年に入ってから・・・一応、4月からちゅうことになってますが、中国の新車販売は低迷している。
なんで「ちゅうことになっている」と書くかとかいうと・・・米国を抜いて世界最大の自動車販売市場ですからね。
あまりに巨大すぎてわからんのですわ。
下のグラフは2015年4月のメーカー別販売シェアですけど・・・

fc2blog_20150726201957399.jpg

その他の中国の国産車がですね・・・モータ-ショーの会場でしか見たことがないものですから。
広い国ですから、私の知らないところで、後の半分弱は走っているのでしょう。

4月から外資各社は車両価格を値下げした・・・GMなんて最大100万円の値下げ・・・とこを見ると在庫が溜まっているんじゃなかろうか?
中国全体で生産能力の過大が心配されている中で、さらに工場を建設するのか?
大丈夫か??と、今春、VWにお家騒動があったが、結局はこのままGOGOとなった見たいである。
4月から6月の自動車販売は対前年比マイナスとなったが、
「大丈夫よ。ちょっとした息抜きよ」とメルケルが言ったかどうかはわからんが・・。
一番、影響を受けたのがトップのVW、続いて2位の米国ゼネラル・モーターズである。
VWとGMは中国での好敵手で、4月のシェアはVWは13.6、GMは13%。接戦でんがな。
この両社にとって中国経済の崩壊は「よろしくない」のよ。
そして、第三位は偉大なる現代自動車ですからね。
VWは今後は裕福層ではなく、小金持ち層への販売を強化すると2017年以降に100万円以下の低価格車を投入するとのこと。
はあて、VWの100万円以下のは2012年前から出していたと思うが?



VWは偉大にして神聖な「モジュール化」を推進しているのでコストは大幅い削減できるんだぞ。
日本メーカーみたいに「摺り合わせ」なんてしてると駄目なんだぞ・・と散々、言われてますが、
VWの利益率はトヨタより大分、悪いですけど。

スポンサーサイト
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

偉大にして神聖な「モジュール化」

偉大にして神聖な「モジュール化」ですか。納得納得。
タイ時代にある欧州系物流会社と付き合いがありました。その会社は自動車部品関係の物流と倉庫業をやっていたのですが、こんな事を言われました。
「これからはモジュール化の時代、私らと一緒にモジュール化をやりませんか」

物流屋がモジュール化???、彼らの言い分はこうでした。
「例えばヘッドランプメーカーA社にヘッドランプを発注、ラジエーターグリルメーカーB社にラジエーターグリルを発注、それを当社の倉庫内で一つの製品に纏めフロントエンドモジュールとして製品化し自動車メーカーに納品する、これこそ新しい未来のビジネスだ」

どう思われますか、こんなビジネスモデル。
何かフランスやドイツで失敗した移民政策、多文化共生主義に相通じる考えと思いませんか。

ああ!、偉大にして神聖なる多文化共生主義、偉大にして神聖なるモジュール化・・・

尚先ほどの物流会社ですが、巨大な倉庫を作ったものの何時まで経っても中に入る所が無い。
だからその後GMの電装品メーカーデルファイを誘致し、そこを使わせていましたがその後どうなりましたか、私もそれ以降は分からない・・・・。、
  1. 2015-07-29 08:59
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 偉大にして神聖な「モジュール化」

> 偉大にして神聖な「モジュール化」ですか。納得納得。
> タイ時代にある欧州系物流会社と付き合いがありました。その会社は自動車部品関係の物流と倉庫業をやっていたのですが、こんな事を言われました。
> 「これからはモジュール化の時代、私らと一緒にモジュール化をやりませんか」
>
> 物流屋がモジュール化???、彼らの言い分はこうでした。
> 「例えばヘッドランプメーカーA社にヘッドランプを発注、ラジエーターグリルメーカーB社にラジエーターグリルを発注、それを当社の倉庫内で一つの製品に纏めフロントエンドモジュールとして製品化し自動車メーカーに納品する、これこそ新しい未来のビジネスだ」
>
> どう思われますか、こんなビジネスモデル。
> 何かフランスやドイツで失敗した移民政策、多文化共生主義に相通じる考えと思いませんか。
>
> ああ!、偉大にして神聖なる多文化共生主義、偉大にして神聖なるモジュール化・・・
>
> 尚先ほどの物流会社ですが、巨大な倉庫を作ったものの何時まで経っても中に入る所が無い。
> だからその後GMの電装品メーカーデルファイを誘致し、そこを使わせていましたがその後どうなりましたか、私もそれ以降は分からない・・・・。

モジュール化は日本でもやるべきだと外資系コンサルタント会社がさんざん、提案して、記事を書きまくってますが、日本では駄目みたいですね。経済産業省も一時はやる気になっていたみたいですが、笛吹けど踊らず。
この原因はどこにあるのか、誰も書かないのですけど、自動車メーカーの工場労働者と部品メーカーに工場労働者の時給に大きな差がないからでしょう。欧州では大きな差があるので、外部に委託した方が安くなる。日本ではそれほどの差がないので、変な中間業者を作るよりダイレクトにアッセンブリ工場で効率的に組み立てた方がやすい。それにモジュール化でトラブルが起きたら誰が責任持つの?という問題がある。
日本経済二重構造論で「悪い親会社は下請け会社を苛めている」という記事がやたらと出たので、海外のコンサルタントも誤解していたのでしょう。


  1. 2015-07-29 09:36
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。