-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-07-17 10:07

私達は頑張ったのですスポンサー様。許してたも。

今回、面白かったのは、あの程度の平和維持法案に対する、反対者達の発狂ぶりなんですけど、ずいぶん、古いルートにお金が回っておりますよね。
既成メディアとのコラポレーションも完全に取れてまして、シナリオ通りにイベントを進めております。

企画書はどのようになっているのか、想像が付きますね。
しかし、あまりにわざとらしい企画と笑ってはいけません。

CJsO2NtUAAAhljK.jpg

CJuTyXBUcAEzJQw.jpg

彼らが、このような活動記録を見せたいのは、日本国民ではなく、スポンサーなのですから。
海外企業のプロモーションを受注した時、スポンサーが気持ちよくお金を出して戴けるよう、マスコミとのタイアップ企画を考えますね。
我々の広報活動は消費者にインパクトを与えた。それでマスコミが取材に来たのです。凄い事ですよ。もうちょっと資金を出してね。

製作費は切り詰めます。
スポンサーは日比谷公会堂に何人収容できると知らないので、2万人と記事に書けば、それでOKなんですよ。

それから初の国会内デモとシュプレヒコール。

CJ-RfTAVEAAqdSu.jpg

そしてカメラ目線。

CJ8lRR1UEAAgoKe.jpg

全て打ち合わせの通り.。
国民には「発狂したか」としか見えないのですけど、実は発狂イベントなんです。

でも、カメラが無いとこの始末。
スポンサーの国には「ゴミ持ち帰り運動」はないので気にしません。

CJ9j-0iUEAADKq3.jpg


ソ連が崩壊した後、様々な機密文書が公開されましたが、その中に日本の国会議員とマスコミの記者の名前が氷山の一角として出てきましたね。
スポンサーサイト
  1. 政局
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。