-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-06-26 12:22

ビジネス地政学

欧州の会社の仕事を少し手伝うことになりそうだ。
資料を見ていると、欧州諸国の得意な地域というのはラテンであれゲルマンであれ重なるようである。
欧州とインドと中国と中南米である。
特にリーマン・ショック以降は中国で成功しているようで、拠点展開もかなり進んでいる。
一方、インドシナは前の対戦で日本軍及びハリマオに追い出されてしまい苦手なようである。
中近東とアフリカは、以前は圧倒的に強かったのだが、アラビアのロレンスしてしまい、今はそれほど強くない。
北米は連中には手強い市場のようで、日本勢のように成功していない。
日本市場は殆ど駄目みたいである。

日本は欧州は苦手、中国でも成功していない。
米国では成功し過ぎたので摩擦が発生した。
後はインドシナと中東。アフリカはこれからだ。

米国は北米、中南米、欧州であり、中国は欧州よりやや出遅れているが重要市場と位置付けている。
リーマン・ショック以降、奈落におちた経済を立て直すのに中国市場は有効であった。
日本の中国依存度は欧米に比べて大きくはない。

植民地が独立してもビジネスにおける利権は残るということです。
戦前から日本は中国に出遅れておりました。
上海租界の例でも、最初は英国、米国、フランスの順で、特に英国は阿片戦争で強奪に近い状態で土地を借り受けている。
ドイツはやや遅れたが、猛烈アタックで英国に肉薄。
ノーベル賞作家の「白檀の刑」でも、ドイツ人殺害が出てくるでしょう。
日本は完全に出遅れで、私が最初に上海に行った時に、
中国人に「戦前の日本租界たいしたことないね」と言われましたが。
「日本はなんで満州から出てきたがや?」
「愚かにも、はめられたのです、はめたのは欧米と思う」
「満州は中国じゃないんだから、あそこ留まれば問題なかったのに、あほやあ」
・・・と議論しましたが。

日本は敗戦で、中国、満州、台湾、朝鮮、樺太の利権を全て失いました。
しかし、欧州と米国は植民地は失ったが商売上の利権は残ったのです。
インドと中国が欧米企業が強いのはそのため。
中南米もスペイン等のラテン企業は強い。

日本は全部の海外利権を失ったので、
最初はインドシナ市場を開拓、続いて米国市場に「片道切符」で決死の市場開拓。
中国市場は戦前と同様に出遅れて2000年以降に日本経済新聞とNHKに騙され、さらに政権内部の親中派の頼まれ進出。
そして、運が良いのか悪いのか欧米企業ほどには成功していない。
その理由は「中国人はドイツ人の言う事は聞くが、日本人の言う事は聞かない」(わが町内の長老談)。
今後、中国をどうするかは欧米の意思が影響すると見ております。

おまけ:この先生方の言ってる話は良く分からんけどねえ。







スポンサーサイト
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

中国人はドイツ人の言う事は聞くが、日本人の言う事は聞かない

大変良い話を聞かせていただきました。有難うございます。
特に
「中国人はドイツ人の言う事は聞くが、日本人の言う事は聞かない」
この件は納得です。
肝に銘じないといけない事柄です。
  1. 2015-06-27 05:58
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

支那人は

自分より格下だと思ってる連中の言うことは聞かないんじゃないかと思います。
国交回復後もこちらが格上と思ってる間は、対立をぼかし仕立てに出てましたが、経済が成長し自分たちの力でなんとかなると思った途端に手のひら返しをしました。

おそらく戦前の人々も同じものを見てたんだろうという気がします。これは国民党でも共産党でも同じでしょう。中華民国も台湾に引込み大陸と対峙するようになりようやく分かってきたのかまた手のひら返しで援助を求めたわけでしょう。

所詮その程度の連中です。ドイツにしても確かに国民党と取引しそれなりの成果は双方とも得たはずです。それでも1937年に敵わぬと知り日本に乗り換えられたのに、それは完全にスルーのようです。経団連の馬鹿共は戦前の在華紡の過ちから何も学ばなかったのだと思います。

本当は天安門の時に絶交すればよかったのです。それで世界は幸せだったのだと思ってます。
  1. 2015-06-30 19:35
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: 中国人はドイツ人の言う事は聞くが、日本人の言う事は聞かない

> 大変良い話を聞かせていただきました。有難うございます。
> 特に
> 「中国人はドイツ人の言う事は聞くが、日本人の言う事は聞かない」
> この件は納得です。
> 肝に銘じないといけない事柄です。

白人と中国人はパートナーなんですね。
征服王朝であった清を袁世凱が満州に追い出して、
その袁世凱を孫文が倒して民主主義国家を成立させた。
中国はアジアの期待の星であると欧米は思った。
日本の天皇制は連中には理解できなかったのです。
  1. 2015-07-01 11:57
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: 支那人は

> 自分より格下だと思ってる連中の言うことは聞かないんじゃないかと思います。
> 国交回復後もこちらが格上と思ってる間は、対立をぼかし仕立てに出てましたが、経済が成長し自分たちの力でなんとかなると思った途端に手のひら返しをしました。
>
> おそらく戦前の人々も同じものを見てたんだろうという気がします。これは国民党でも共産党でも同じでしょう。中華民国も台湾に引込み大陸と対峙するようになりようやく分かってきたのかまた手のひら返しで援助を求めたわけでしょう。
>
> 所詮その程度の連中です。ドイツにしても確かに国民党と取引しそれなりの成果は双方とも得たはずです。それでも1937年に敵わぬと知り日本に乗り換えられたのに、それは完全にスルーのようです。経団連の馬鹿共は戦前の在華紡の過ちから何も学ばなかったのだと思います。
>
> 本当は天安門の時に絶交すればよかったのです。それで世界は幸せだったのだと思ってます。


中国は欧州の植民地化がどんどん進展しているようです。
日本資本はフランチャイズ展開がやっとですけど、
欧州企業はFCから始まり、徐々に資本を投下して独立資本でチェーン展開しています。
秋には中国市場担当の責任者と会うので、話を聞いてみます。
  1. 2015-07-01 12:08
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。