-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-06-10 13:25

中独合作と日本

今時の自動車生産のトップは、もはや米国のBIG3であるはずもなく、トップがトヨタ、二番手はVWなんですね。
トヨタが年間生産1000万台を突破したのは2013年。VWは2014年。
VWの追撃は激しく、もうじきトヨタを抜くと思われます。
まあ、お先にどうぞ。
それで、なぜにVWがトヨタに追いつき・・・追い越しそうかと言えば、中国での生産拡大です。
VWは1984年に上海汽車との合弁で中国に進出してから、すでに30年。
第一汽車、上海汽車との合弁工場がすでに9工場ある。
さらに2017年と2018年に2工場が完成して現在の年間300万台の生産規模が500万台になるのです。
凄いですね。
その頃には年間1500万台の世界トップのメーカーになっているのでしょう。

一方、トヨタは遅れて中国に進出して、今のところ生産規模は100万台程度。
広州への新工場設立を発表しているが、これが完成しても120万台レベルである。

結局、欧州&中国がVW・・・この両市場で75%。
北米&日本&アセアンはトヨタ・・・・この3市場で64%

VWの中国市場依存度は36%ですから、これからの中国市場の順調な発展が重要なんですわ。

それにしても、最近の中国、欧州、米国、ロシアの政治的・経済的な位置関係が戦前にそっくりなのは、
町内と爺様も指摘しています。

19世紀後半、中国貿易の主導権はイギリスが握っていたが、
ドイツはイギリスに対抗できるよう1890年にドイツ・アジア銀行を設立した。
清国は ドイツとの協力関係を基にして近代化を進めようと考えた。
日清戦争で日本と戦った北洋艦隊はドイツ製である。
日清戦争の敗北後、ドイツは清の軍事顧問となり、さらに経済や技術面での支援も行った。

その後も、幾時代かがありまして、茶色い戦争ありましたが、中独合作は何度も繰り返されたのです。

中華民国の蒋介石の後ろに居たのもドイツです。
「日本一国だけを敵とし、他の国とは親善政策を取ること」とも蒋介石に進言し、
「いまもっとも中国がやるべきは、中国軍兵に対して、日本への敵がい心を養うことだ」とも提案したにもドイツ。
現在の中国の反日政策のベースを作ったのはドイツなのです。

スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

正論です

もっともな話、一つ一つ納得できます。
日本人は同じ敗戦国と言う事でドイツに無茶苦茶な親近感を持っています。
しかし一方ドイツはと言えば・・・
徹底的な日本嫌いなんですね。ドイツ在住の日本人の方は皆さんそれに困惑しています。

そんな意味で言えば、フランスは日本びいきなんです。面白いものです。

しかし今年は戦後70年、遂に過去から決別の時期を迎えました。
まだまだこれからひと波乱ふた波乱ありますね。
今度こそ負けられません。
  1. 2015-06-10 22:09
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

VWは高転びに転ぶ恐れ

ドイツは中国を買い被りすぎています。
中国はこれから発展では無く衰退に向かっていくと私は理解しています。
なにしろ発展の要素が全く欠けています。
人口オーナスは始まっており、無駄な設備投資と過剰な不良在庫の存在。土地、大気、水質汚染の放置。義務教育すらまともに受けられない人の存在。高齢者の年金制度の不備等、まともに経済を運用するための環境が全く整っていません。
打ち出の小槌だった不動産価格も多くの都市で下落に向かっています。
それにも拘らず上海総合指数の高騰というバブルが進行しています。
自動車販売にも陰りが出てきました。ピークを越えたと考えるべきでしょう。
今年度は衰退のスタート地点に立っていると言えるでしょう。

EUで一人勝ち状態を謳歌しているドイツも、今後中国で高い代償を払わされることになるでしょう。VWは中国にのめり込み過ぎました。メルケルは今後更に忙しくなる事でしょう。
  1. 2015-06-11 18:17
  2. URL
  3. 団塊ノンポリ #-
  4. 編集

Re: 正論です

> もっともな話、一つ一つ納得できます。
> 日本人は同じ敗戦国と言う事でドイツに無茶苦茶な親近感を持っています。
> しかし一方ドイツはと言えば・・・
> 徹底的な日本嫌いなんですね。ドイツ在住の日本人の方は皆さんそれに困惑しています。

日本人はドイツに親近感を持っているので、提携しよう・・などと誘われると乗ってしまうんですが、
提携してみて初めて分かる反日の系譜。提携ならなんとか逃れる孤世もできるがM&Aされた場合の悲劇は・・・。
そして、可哀想なスズキ。

> そんな意味で言えば、フランスは日本びいきなんです。面白いものです。

本当に不思議です。
日本人はラテンと付き合うべきでしょう。

> しかし今年は戦後70年、遂に過去から決別の時期を迎えました。
> まだまだこれからひと波乱ふた波乱ありますね。
> 今度こそ負けられません。

独(EU)中国VS日米になりつつありますね。
  1. 2015-06-11 19:05
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: VWは高転びに転ぶ恐れ

> ドイツは中国を買い被りすぎています。
> 中国はこれから発展では無く衰退に向かっていくと私は理解しています。
> なにしろ発展の要素が全く欠けています。
> 人口オーナスは始まっており、無駄な設備投資と過剰な不良在庫の存在。土地、大気、水質汚染の放置。義務教育すらまともに受けられない人の存在。高齢者の年金制度の不備等、まともに経済を運用するための環境が全く整っていません。
> 打ち出の小槌だった不動産価格も多くの都市で下落に向かっています。
> それにも拘らず上海総合指数の高騰というバブルが進行しています。
> 自動車販売にも陰りが出てきました。ピークを越えたと考えるべきでしょう。
> 今年度は衰退のスタート地点に立っていると言えるでしょう。
>
> EUで一人勝ち状態を謳歌しているドイツも、今後中国で高い代償を払わされることになるでしょう。VWは中国にのめり込み過ぎました。メルケルは今後更に忙しくなる事でしょう。

ドイツと中国の関係は1900年代の初期からであり、中国の自動車関係の規格もドイツと同じです。
中国は日本人の言うことは聞かないが、ドイツ人の言う事は聞くのです。
戦前の日本は中国に誘い込まれて、引くに引けなくなったが、その後ろにドイツがあった。
そして、現在のEUを支配しているのがドイツですから、もはやドイツは現在の神聖ローマ帝国なのです。

これからのドイツの運命が楽しみです。


  1. 2015-06-11 19:18
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

これとほとんど同じことを

エマニュエル・トッドが書いてましたね。
シュレーダーの頃はまだましだったという気がしますが、今のメルケルのドイツはやってることがヒトラーに近いような気がしてなりません。

まともな神経で物を見ればウクライナあたりの問題も結局ドイツの差金だろうとは容易に想像がつきます。アメ公も口ばかりで何もしないし毛局連中のやってることを追認してるだけ、閣内のネオコンがみんな勝手にやってるんでしょう?

連中は東欧の2億の奴隷を使って南欧の植民地を収奪してるのでしょう。ユーロというシステムがあるかぎりドイツの第4帝国化は避けられないんじゃないでしょうか。

ビスマルクやフリードリッヒ大王、冷静な判断ができた時のヒトラーのようなまともな政治家はいないんでしょうか。
  1. 2015-06-11 23:09
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

Re: これとほとんど同じことを

> エマニュエル・トッドが書いてましたね。
> シュレーダーの頃はまだましだったという気がしますが、今のメルケルのドイツはやってることがヒトラーに近いような気がしてなりません。
>
> まともな神経で物を見ればウクライナあたりの問題も結局ドイツの差金だろうとは容易に想像がつきます。アメ公も口ばかりで何もしないし毛局連中のやってることを追認してるだけ、閣内のネオコンがみんな勝手にやってるんでしょう?
>
> 連中は東欧の2億の奴隷を使って南欧の植民地を収奪してるのでしょう。ユーロというシステムがあるかぎりドイツの第4帝国化は避けられないんじゃないでしょうか。
>
> ビスマルクやフリードリッヒ大王、冷静な判断ができた時のヒトラーのようなまともな政治家はいないんでしょうか。

トッドの本は安いので買おうかな。
今の欧州の状態はドイツの監獄固めに合ったようなものです。
内部は煮詰まってるのではと思います。

一番、最終に思ったのはフランスの漫画批評雑誌の編集部が襲われた後の抗議集会で、欧州に首脳が集まってデモの先頭に立つよいうやらせ写真を揃って撮影していた・・・その写真を見て、結束を装わないと壊れる危機感があるのだなと感じました。
あの写真撮影シーンを撮影した写真はシュールでした。
  1. 2015-06-12 10:14
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。