-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-05-13 21:53

ネトウヨ町内会

町内会という組織はネトウヨなのである。
ネトウヨではるがヒッキーではなく、年中町内パトロールをやっている「よもさん」とか「パトカー」さんのような存在なのである。

http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-5127.html

わが町内での新任の防犯部長が区役所に挨拶に行ったら「隣の町会は年間パトロールを実施しているのに、お宅は年末年始の火の用心パトロールだけではないか。少しは、よもさんを見習うように」と叱られたとのことで、彼はすっかり当てられ日々のパトロールに燃えております。痴漢撲滅、空き巣と放火は許しません。

町内会の起源というのは大化の改新の時に導入された五保制度ですから、まさに日本の伝統。
わが町内会は大正時代に集落に戸長、区長の制度が導入され、区長連絡会が結成された。
これが現在の町会連合会の源になると思われる。
昭和の初期には区長が町会長と改称され、町会事務局に行政から職員が派遣された。
自治会館などを所有している町会の建物は、その流れを組むものである。
戦時下においては町内会の事務所は食糧・物資の配給拠点となり、愛国婦人会等が結成され、挺身隊や勤労奉仕のベースとなった。

昭和20年の敗戦によりGHQは町内会を解散させた。

「即ち部落会・町内会等の組織は、 一つには国民を地域的に組織化し、各々その日常生活に於て国家に奉公を全うせしめる組織であり、この意味に於ては部落会・町内会は万民翼賛の国民組織の地域的基 底をなすものといふことが出来る。」(内務省通達)

怪しからん。解散じゃ(マッカーサー)。

しかし、サンフランシスコ講和条約による主権回復で、不死鳥のように甦る。
占領期の警察の無力化時代には町内会も解散させられていたので、非合法の自警団としてしか動けなかったが、
主権回復以降は警察と密接な連絡を取って、朝鮮人の暴力に対処したのである。
彼らが「何時、どこを襲うかという情報」は警察から通報があった。
残念ながら警察も人数か不足していて、各地で頻発する暴動に充分に対応できないでいたので、町内会で自警団を組織するしかなかった。自分の町は自分で守るのである。
町内会は、それ以後も警察、消防、及び行政と一体となり活動しているのである。

町内会はネトウヨなので怪しからんという人は多々ある。

戦後民主主義・・進歩的文化人からは町内会等を近代化=都市化に逆行する封建遺制である。
アジア的停滞である。
町内会等が常に国家の意思の浸透に適合的であり、怪しからん。
国家は悪である。愛国なんて許せない・・・・という朝日・岩波的な人達。

そして、町内会が町内の神社のお祭りとか、盆踊りなどで結束を固めるのが・・・いやじゃという人達。
キリスト教の教会に集まる人は、あまり町内会に顔を出さない。さらに、行政との調整により解決すべき問題を、無理やり階級闘争に結び付ける共産党の関係者も町内会の中には入ってこないのである。

ネトウヨ町内会の最近の動きは、行政の末端組織から、自主的に活動し、行政を変える動きになっている。
3.11の大震災を契機に、町内会への回帰が始まっているからである。
スポンサーサイト
  1. 瘋癲老人日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 ご紹介有難う御座います。

 ちなみに札幌の町内会で頑張っているのは、元開拓農家だった家の人達です。 こういう家はたいてい広大な庭を持っていて、その庭がいつも非常に綺麗に手入れをされているので、すぐわかります。

 そして町内の土地は元々その一族の所有地だったし、また現在も自宅の他にマンションや貸店舗など膨大な不動産を持っています。

 そう言う家の庭のお花を見ていると、傍で安倍さんのポスターがほほ笑んでいたりします。 塀や門に自民党のポスターが貼ってある家が多いのです。


>戦後民主主義・・進歩的文化人からは町内会等を近代化=都市化に逆行する封建遺制である。
アジア的停滞である。
町内会等が常に国家の意思の浸透に適合的であり、怪しからん。
国家は悪である。愛国なんて許せない・・・・という朝日・岩波的な人達。


 だから岩波的な人々がこういいたくなるのは凄くわかります。

 しかし民主主義の歴史を見ていると、本来は古くからの住民が中心になって、地道な自治を積み上げていく事で成り立つのです。

 


 
 
  1. 2015-05-14 10:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  ご紹介有難う御座います。
>
>  ちなみに札幌の町内会で頑張っているのは、元開拓農家だった家の人達です。 こういう家はたいてい広大な庭を持っていて、その庭がいつも非常に綺麗に手入れをされているので、すぐわかります。
>
>  そして町内の土地は元々その一族の所有地だったし、また現在も自宅の他にマンションや貸店舗など膨大な不動産を持っています。
>
>  そう言う家の庭のお花を見ていると、傍で安倍さんのポスターがほほ笑んでいたりします。 塀や門に自民党のポスターが貼ってある家が多いのです。
>

都内でも、元大地主の家が町会長となっていました。
戦前では、こうした家は町内の貧しい家を支援して、子供の学費を出してやったりしてました。
こういうのはコミュニティではよくあることで、
我が家も祖父の時代には何人もの書生を預かったと聞いています。
「アメリカン・グラフィティ」という映画の中でも、町内の志のある人が学費を支援しているシーンがあり、同じだなと思いました。

>
> >戦後民主主義・・進歩的文化人からは町内会等を近代化=都市化に逆行する封建遺制である。
> アジア的停滞である。
> 町内会等が常に国家の意思の浸透に適合的であり、怪しからん。
> 国家は悪である。愛国なんて許せない・・・・という朝日・岩波的な人達。
>
>
>  だから岩波的な人々がこういいたくなるのは凄くわかります。
>
>  しかし民主主義の歴史を見ていると、本来は古くからの住民が中心になって、地道な自治を積み上げていく事で成り立つのです。
>

現在は相続税が払えないので大地主の時代が終わりました。
今は元サラリーマンが町会長になる時代ですが、ネトウヨである場合が多いようです。  
>
>
>  
>  
  1. 2015-05-14 19:40
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。