-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-04-18 20:27

不思議だわ

ベルディの旦那は、偶然の一致なのかワーグナーと同じ年の生まれである。
ワグナーは革新的であったが、ベルディはイタリアオペラの伝統の上に精緻な心理描写を加えた。
「椿姫」はパリを訪問したヴェルディが、デュマフィスの演劇「椿姫」見て感激して、作曲したオペラである。
主人公はヴァイオレットであり、実は「菫姫」なのである。
原題は「道を踏み外した女」。
高級娼婦として荒んだ生活をしていたヴァイオレットに、本気で求婚する男が現れた。
「不思議だわ」と言う曲は「あのボーヤに言われた言葉が何故か胸に響いてるわ。あたい、どうしちゃったんだろう」という・・・続いて「そは彼の人」・・・・あのボーヤは、私が待っていた人なのかしら・・・続いて・・・私のような堕落した女に、そんな人が現れるはずがないわ・・・今まで通り遊んで暮らすのよ・・・と歌うところ。

スポンサーサイト
  1. オペラ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

オペラの椿姫は「スミレ」なんですか?
デュマの原作では彼女の名前はマルグリッド・ゴーチェ、「マルグリッド」はマリー・ゴールドです。

ワタシはあのマリー・ゴールドと言う花はさして美しいとも思えないので、何でこんな名前にしたのか不思議で良く覚えているんですが・・・・。

ヴェルディも同じ事を思ったのかも?
  1. 2015-04-19 11:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> オペラの椿姫は「スミレ」なんですか?
> デュマの原作では彼女の名前はマルグリッド・ゴーチェ、「マルグリッド」はマリー・ゴールドです。
>
> ワタシはあのマリー・ゴールドと言う花はさして美しいとも思えないので、何でこんな名前にしたのか不思議で良く覚えているんですが・・・・。
>
> ヴェルディも同じ事を思ったのかも?

大デュマの息子の書いた小説のタイトルはLa Dame aux cameliasで、文字通り「椿のレディ」ですが、
カメリアの意味は、意味深なのですね。
小説ではマリー・ゴールド姫だったんですか。
確かに「すみれ」の方が可憐です。


  1. 2015-04-19 12:46
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

旦那
ベルディとワーグナーが同い年なんて言いますが、そんなこと言ったらバッハとハイドンとドメニコ・スカルラッティは同い年です。

確かにワグナーは革新的ベルディは保守的と言えますが、このバロック3人組とても同じ時代の人とは思えません。

こういう不思議なことは時々あるように思います。
  1. 2015-04-19 21:33
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

確かにバッハとハイドンが同い年とは「驚愕」です。
バッハとスカルラッティも。


  1. 2015-04-20 13:11
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。