2015-02-28 00:20

ロザムンデの音楽、株の話を添えて



フランス料理のメニューには「なんとか風のなんとか、なんとかを添えて」というように長い料理名が続く。
長い名前の料理を楽しみながら、ワインと会話を楽しみたいものだ。

26歳のシューベルトが3週間で書き上げたロザムンデの音楽を聴きながら、最近、思うことは様々だ。

先日、初めてヘッドハンティングの会社の人に合った。
もう、63歳を過ぎて、友人たちはそろそろ引退だというのに、何で今頃そんな話が来るのでしょうか?
残念ながら3つの会社を経営してるので、それを放置してヘッドハンティングされる訳にはいきませんと断った。
その後、海外調査に仕事が来たが・・・ヘッドハンティングの話と関係あるのか不明。
まあ、さしあたり久々にタイに行くことになる。

ところで、このところ実態経済の景気と関係ないのに株価が上がってますな。
1万9000円には直ぐ届きそうだし、その後、2万円を超えるかわわかりませんけど。
どうしても株を上げて、景気回復したとアピールしたい現総理の執念を感じます。
給料は上がらないのに、株だけが上がる。
そこで、低所得の若者も株の丁半博打で生活費を稼ぐようになっている。

昨年、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(以下GPIF)が丁半博打を始めた。
世界最大の年金基金が株を買い始めたのだから、その影響は大きい。
もともと17%程度は日本株を購入していたのだが、それを20%まで拡大し、さらに25%まで拡大する。

最近の1万8000円台への上昇は、この影響もある。
極めて政策的な話しだ。
10月から12月のGDPが予想より悪くても、
日銀の黒田さんが消費税上げないと日本国債がやばいぜと・・この人、何も分かってなかったのね・・の発言しても、
全く影響なかったからね。
まあ、3月中までは上昇を続けると思うが、その後はどうするの?

IMG_6627.png
スポンサーサイト
  1. フランツ・シューベルト
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する