2015-02-22 13:30

オバマケアの実態




私が最初に米国に出張したのは1980年代の最初である。
プラザ合意で、竹下さんが「うん」と言ってしまう前なので、円が安くて極貧出張であった。
米国の景気は悪く、町は荒れ果てていたが、
中小企業がまだ元気に存在しており、経営者の感覚は日本と同じであった。
しかし、その後、規制緩和がどんどん進み、1992年に北米自由貿易圏がスt-トすると、
古き良き時代を保持していた中小企業の親父さんと、従業員は消えてしまった。
それから後は、金融資本にコントロールされたグローバル企業の時代になった。

この堤未果さんは、ニューヨークの大学を出てか米国野村証券に勤め、
9.11の時はツインタワーの隣のビルで勤務していたらしい。
生活の中から政治経済を見ているので大変わかりやすい。

それと、我が家の近所のお寺の住職が、昨年、研修で米国を視察したというので話を聞くと
「こんなに酷い国になっているとは思わなかった」と驚いていた。
日本も「明日は我が身」とならないよう注意しないといけません。

この動画の最後の方で、情報収集は衆議院、参議院のホームページというのは私と同じ。
議員定数削減の論調には罠が隠されているとの認識も同様だ。

スポンサーサイト
  1. 米国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

 アメリカ式の国民皆保険は、国民全員が保険会社と強制的に契約させられると言う事だったわけですね。
 なるほどこれは保険会社の理想ですね。

 そして自称リベラリスト達は諸手を挙げて大賛成!!

 本当に経済や社会制度の話は実体細かくみないと本当の姿がわかりませんね。 
  1. 2015-02-24 14:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  アメリカ式の国民皆保険は、国民全員が保険会社と強制的に契約させられると言う事だったわけですね。
>  なるほどこれは保険会社の理想ですね。
>
>  そして自称リベラリスト達は諸手を挙げて大賛成!!
>
>  本当に経済や社会制度の話は実体細かくみないと本当の姿がわかりませんね。 


現場で実態把握して、どんどん情報発信すべきでしょう。
行政も、議員も実態を把握していませんね。
少子高齢化だの人口減少など、おかしな分析で、どんどん変な方向に国家がかえられてしまいます。
日本の貧困層の問題は米国とは異なっているのですが、誰もその実態を語れませんね。

  1. 2015-02-26 11:29
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

オバマケア、ちらほらと情報は出てましたが、まとめて聞くと、やっぱりかと思いました。GDPにたいする医療費の割合と国民の平均寿命をグラフにしたものを見たことがあるのですが、アメリカは突出して医療費の割合が高く、寿命が短かかったのを思い出しました。日本はヨーロッパ並みの費用で寿命は長かったです。いろいろ言われてますが、なかなか今までのところはうまくいっているのではないでしょうか。外国人が自国に戻っても日本に医療費を請求できるなどというバカなことを早くやめてほしいですね。

 ところでこの頃、預金封鎖のことがNHKをはじめちょっと話題になってますが、どう思われますか。マスコミは韓国に問題を日本の問題にすり替えて報道して、韓国の民心をなだめているようなところがあるので、それかななどと思ったりもしますが。経済はさっぱりわかりません。差支えなければ、何かお考えをお聞かせくださいませ。
  1. 2015-02-26 22:17
  2. URL
  3. Cherry Blossoms #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> オバマケア、ちらほらと情報は出てましたが、まとめて聞くと、やっぱりかと思いました。GDPにたいする医療費の割合と国民の平均寿命をグラフにしたものを見たことがあるのですが、アメリカは突出して医療費の割合が高く、寿命が短かかったのを思い出しました。日本はヨーロッパ並みの費用で寿命は長かったです。いろいろ言われてますが、なかなか今までのところはうまくいっているのではないでしょうか。外国人が自国に戻っても日本に医療費を請求できるなどというバカなことを早くやめてほしいですね。

日本は制度的には世界で一番素晴らしいのですが、このシステムを壊したい人達は規制緩和のよる競争原理の導入で医療は安くなると騒ぎ、最終的には米国のように盲腸で破産する世界を作りたいのでしょう。

>
>  ところでこの頃、預金封鎖のことがNHKをはじめちょっと話題になってますが、どう思われますか。マスコミは韓国に問題を日本の問題にすり替えて報道して、韓国の民心をなだめているようなところがあるので、それかななどと思ったりもしますが。経済はさっぱりわかりません。差支えなければ、何かお考えをお聞かせくださいませ。

普通に考えれば銀行預金の不安を煽り、引き出させて株式投資、商品先物への資金還流を狙っているのでしょう。このところ株式が変でしょう。景気と関係なく、各種イベントの数字とも関係なく、黒田さんのア穂発言とも関係なく上昇しているおは、なんらかの力が働いていると感じられます。いつもは、こうではないんですから。

  1. 2015-02-27 12:03
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する