-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2015-01-05 23:17

なんだドイツが離脱するんじゃなかったのか?

今日、携帯に「ドイツがEU離脱を考えているが、出来るわけない」と電話があったので「ギリシャの行く末を考えて、自ら離脱するとは、あっぱれよのう」と返事をしておいた。

今年は春より縁起が良いわ。

・・・・と思ったのだが・・。

ドイツ有力誌シュピーゲル(電子版)は3日、債務危機に陥り政治的混乱が続くギリシャについて、必要な場合はユーロ圏からの離脱をドイツ政府が容認する方針だと報じた。ドイツ政府筋の話として伝えた。
 ギリシャは欧州連合(EU)主導の緊縮策継続の可否を争点にした総選挙を25日に行う。世論調査では、緊縮路線の見直しを唱える最大野党の急進左派連合(SYRIZA)が首位に立ち、欧州市場への影響が懸念されている。ドイツはギリシャの有力支援国。
 報道によると、同党が勝利して緊縮路線を見直した場合、ドイツ政府はギリシャのユーロ圏からの離脱は避けられないとの立場。ギリシャの離脱によるユーロ圏への影響については、メルケル首相とショイブレ財務相が限定的との見方で一致しているという。
 ギリシャに端を発した欧州債務危機に揺れたポルトガル、アイルランドに対する懸念が和らいだことや金融安全網「欧州安定メカニズム(ESM)」が発足し、財政危機に陥った国への緊急融資などを実施する態勢が整ったことが背景にある。
----------------------------------
なんだ、ギリシャの離脱に理解を示しただけではないか。つまらん。

まだ、EU監獄固めを続けるつもりなのか?

EU離脱はドイツから始めるしかないのですよ。

スポンサーサイト
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

そんな金の卵を手放すわけ無いでしょう。

小生、ユーロに真の姿に気がついたのはスロバキアがユーロに統合された時にチェコが入らなかった事実でした。ドイツ人は内心ではチェコ人(あとおそらくポーランド人も)を相当嫌ってることは知ってましたので嫌がらせであろうと推察しました。
 
つまりユーロは基本EU内の大規模経済国クラブでありその意思で運営されるということです。となれば小規模国は絶対に得をしないだろうということは見えていた気がするのです。果たして結果はドイツの一人勝ちとなってしまいましたよね。こんな美味しいシステムを簡単に手放すはずはありません。

もし、欧州経済を真に考えるならば、経済的に問題の少ない国家で第一ユーロとでも言うものを作り、問題の多い国で第二ユーロを形成させ(名前はなんでもいいですが)両者の間で為替レートを作るのが正解だったはずです。さもないと弱小国のギリシャ化が問題になるだろうからです。

でもこれでドツはそれをやらないということでしょうからギリシャから吸い上げるだけ吸い上げてポイするということなんでしょう。

バルト3国あたりはおそらく安全保障の見地からでしょうが相当の無理をしてユーロ参加をしてるようですが果たして大丈夫なんでしょうか。

まあその前に欧州はデフレはどうなるのでしょうか。金利はもう恐ろしい水準でしょうに。
  1. 2015-01-08 10:40
  2. URL
  3. kazk #cPv2SIBE
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。