-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-12-26 11:47

イミテーション・パワー

「連中は建設的なオリジナリティはないが、イミテーションを作る技術と悪知恵は素晴らしい」
しかし、これだけは誉めた話ではないのです。
なんで、このような負の才能が発達したのでしょう。

中国の工場に生産委託をすると、日本から送った高級部品が工場内で盗まれる。
部品が一つ足りなくても製品は完成しないので、出来上がり数が減ってしまう。
それで、高級部品の倉庫及びその部品が通るルートに防犯カメラを置く。
これで部品が盗まれることもなくなった。

これにて一件、落着と思って安心していると・・・。
敵はサルものである。

暫くしてお客様相談室から「どうも製品にクレームが多い。何をやってるのか」と苦情が来る。
調べてみる。
外見では何の問題も無い、
動作確認も普通に動く。
なんでやねん。
それでも苦情は続く。
お客様相談室長から「テッテテキニ調べろ」と怒りの電話が入る。

徹底的に調べると・・・なんと部品がスリ変えらていた。
部品の外見は全く同じのデッドコピーであったが、その中身は低級品であった。
要するに日本から送付した高級部品の一部が盗まれて、それが外見はそっくりの低級品に代わっていたのである。

中国では全国各地にある部品市場(部品城という)がある。
そこで、まずは日本製高級部品のコピー商品を購入する。
次に工場内の高級部品と、そのコピー商品をすり変える。
次に、横領した高級部品を部品城に持ち込み売り捌く。
その差額が儲けであり、犯人グループで山分けにする。

これを大がかりでやるとバレてしまうので、様々な部品を少数、すリ変える。
すると、長い期間に、バレないで小銭が稼げる。
偽部品に当たってしまった日本の消費者が不運である。
スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

シナ製は怖い

すり替えがあるということは、私の実家を燃やす原因となったヒーターにも、もしかしたら偽物部品が使われていたのかもしれません。もともと低品質部品を使っていた可能性もありますけど。

秋葉原でも、ずいぶん偽部品が出回っているみたいですね。しかも、プロでも見分けがつきにくいというのですから、困ってしまいます。
https://bbs.ednjapan.com/index.php?bid=4&v=1331120741cLibSw

パソコン関連の部品は、賭だと割り切っていますが、オーディオアンプが壊れたときは、ちょっと困りました。昔、知人が特注したものをもらい受けたものですから、直すなら自分でやるしかないのですが、故障した部品がけっこう昔に製造中止になったもの。

なにせ、シナの奴ら、古く、日本の特定自作アンプマニアにしか需要がないトランジスタだってコピーしますからね。
http://micland.blog10.fc2.com/blog-entry-3.html

幸い、故障した部品はあまり需要がなかったようで、偽物は出回っていないらしく、正規品を手に入れられましたが、私のような素人には賭みたいなものです。

下記は、有名な偽物コンデンサの写真ですが、よくまあこんな方法を考えるものだと感心します。外見だけじゃ全然わかりませんもの。
http://www19.atwiki.jp/vippc2/pages/77.html

ほんと、日本のメーカーには、シナと縁を切ってほしいと、心の底から思います。
  1. 2014-12-26 13:29
  2. URL
  3. Kamosuke #-
  4. 編集

Re: シナ製は怖い

> すり替えがあるということは、私の実家を燃やす原因となったヒーターにも、もしかしたら偽物部品が使われていたのかもしれません。もともと低品質部品を使っていた可能性もありますけど。

巧妙にやりますのでメーカーも気が付いて無い場合がありますね。

>
> 秋葉原でも、ずいぶん偽部品が出回っているみたいですね。しかも、プロでも見分けがつきにくいというのですから、困ってしまいます。
> https://bbs.ednjapan.com/index.php?bid=4&v=1331120741cLibSw
>
> パソコン関連の部品は、賭だと割り切っていますが、オーディオアンプが壊れたときは、ちょっと困りました。昔、知人が特注したものをもらい受けたものですから、直すなら自分でやるしかないのですが、故障した部品がけっこう昔に製造中止になったもの。
>
> なにせ、シナの奴ら、古く、日本の特定自作アンプマニアにしか需要がないトランジスタだってコピーしますからね。
> http://micland.blog10.fc2.com/blog-entry-3.html
>
> 幸い、故障した部品はあまり需要がなかったようで、偽物は出回っていないらしく、正規品を手に入れられましたが、私のような素人には賭みたいなものです。
>
> 下記は、有名な偽物コンデンサの写真ですが、よくまあこんな方法を考えるものだと感心します。外見だけじゃ全然わかりませんもの。
> http://www19.atwiki.jp/vippc2/pages/77.html
>
> ほんと、日本のメーカーには、シナと縁を切ってほしいと、心の底から思います。

気が付いているメーカーは、わざと型の古いマイナーな日本製部品を送り、すり替えを防いでいるようです。
しかし、敵はさるもので、なんでもコピーしてしまうので、イタチごっこのようです。
  1. 2014-12-27 08:26
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

こんにちは。

以前にも書きましたが、娘が別居するにあたり取りそろえた日本ブランドの家電の梱包に、ことごとく「中国製」と表示してあったことに愕然としましたが、記事を見るとこれはまだましな様で、部品に支那製品があったらユーザーには分かりません。
コスト削減のためとはいえ、自ら進んで技術や製品を盗ませ、ユーザーにいらぬ不利益を被らせる企業には困ったものです。
  1. 2014-12-27 13:20
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> こんにちは。
>
> 以前にも書きましたが、娘が別居するにあたり取りそろえた日本ブランドの家電の梱包に、ことごとく「中国製」と表示してあったことに愕然としましたが、記事を見るとこれはまだましな様で、部品に支那製品があったらユーザーには分かりません。

メイド・イン・チャイナの日本ブランド商品であっても、中身の部品は一部の高度な部品を除いて中国製んさのです。ローテク部品は中国製であって問題なくエコに拘りエコエコアザラク化している日本製品より丈夫で良いぐらいですが、日本から組み付け用に送る高品位部品が一部、コピー品にスリ変えられているという話です。
日本企業の撤退を睨んで、コピー品作りに夢中なの・・との話もあります。


> コスト削減のためとはいえ、自ら進んで技術や製品を盗ませ、ユーザーにいらぬ不利益を被らせる企業には困ったものです。

いずれにしても、後は時間の問題でしょう。
  1. 2014-12-27 22:08
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。