-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-09-28 19:58

大規模噴火は数千年に一度なのに24時間の監視が必要なのか




長野と岐阜の県境にある御嶽山の噴火により、これまでに山頂付近などで心肺停止になっている人が31人確認されました。

 自衛隊や警察は、28日正午前から、火山灰が積もった御嶽山で救助活動を本格化させました。警察によりますと、山頂付近で31人が心肺停止の状態で倒れているのが確認されたということです。全身が灰に埋まっていた人もいて、このうち4人を搬送しています。28日の捜索は、火山性ガスが発生したため、午後2時に打ち切られました。現在も安否不明の人がいて、王滝村役場などには連絡が取れない登山者の家族が訪れています。.

------------------------------------------------------------
私は山男として信じられないです。
雪崩は突然、起こるので逃げようが無いし、予測も難しい。
勘だけの世界です。
私も雪崩で死ぬところでしたが、直感で回避できました。
落雷・・・特に稜線の落雷・・・・近くを歩いていた人に落ちました。
本当に怖いです。
晴天が・・俄かに曇り、落雷です。予想が出来ない。

しかし、噴火は・・・・地鳴り、地下のマグマの動きを感知すれば良いし24時間観察で予測可能と思っていました。
木曽の御嶽山は死火山ではなく、休火山でもなく、活火山ですよ。
山男時代の多くの火山で「噴火の恐れがあるので登山禁止」となり、麓で酒飲んで帰りました。
まさか、本当に勝間女史の提言で「仕分け」してしまったのでしょか?

上の動画で勝間女史は「活火山でも必ずしも24時間の観察は必要ない」ということを言ってますが、信じられない話です。
火山には昼も夜も、土曜も平日も、盆も正月もないのです。
自然を舐めるのもイイカゲンにせい。
---------------------------------------------
27日昼前、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火し、気象庁は「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。その後も噴煙は上がり続けていて、気象庁は警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、27日午前11時53分ごろ、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火し、噴煙が山頂の南側の斜面を3キロ余り流れ下っているのがふもとに設置されている監視カメラで確認されました。
NHKが昼すぎにヘリコプターから撮影した映像では灰色がかった噴煙が上空に立ち上っていました。また、午後2時すぎに長野県王滝村側の上空から撮影した映像では、山の中腹付近の複数のか所から噴煙が立ち上り帯状になっている様子も確認できました。
気象庁は午後0時36分に「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルを「平常」の状態を示すレベル1から「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。
山頂の火口から4キロ程度の範囲では噴石などに警戒が必要だとして、長野県の王滝村や木曽町、岐阜県の高山市と下呂市では火口周辺の入山規制を行うなど、警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、噴火の10分余り前から火山性の微動が継続していて、その後も噴火活動が続いているとみられるということです。
御嶽山は長野と岐阜の県境にある火山で、最も高い剣ヶ峰は標高が3067メートルです。35年前の昭和54年には剣ヶ峰の南斜面で中規模の噴火が発生して山麓(さんろく)の農作物に火山灰による被害が出たほか、7年前の平成19年にもごく小規模な噴火が発生しています。
御嶽山では今月10日ごろから山頂付近を震源とする火山性の地震が増加し、気象庁は今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけていました。
気象庁の北川貞之火山課長は午後2時半すぎから記者会見し、「御嶽山で噴火が確認されたのは平成19年3月以来で、火口から4キロメートルの範囲では大きな噴石が落下するおそれがあるので警戒が必要だ。風によっては小さな噴石も風下側に流され、住宅の窓ガラスが割れるなどの影響も考えられるので念のため注意してほしい」と述べました。
----------------------------------------------
レベル1では登山を止めるという判断にはならないでしょう。
レベル2の場合は引率者の子供や女子が居れば考えるでしょう。いざという時に逃げられないから。
レベル3なら当然、中止です。


スポンサーサイト
  1. 祖国
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

 勝間和代はこの御嶽山の噴火による死者行方不明者のニュースが流れている時に、ゲームに夢中だったことがツィッターからわかっています。

 自分がやったことに何の関心もなかったのです。
 責任感以前に当事者意識さへないのです。

 こういう人間を行政に口を出させた事自体が、大変な間違いだったのです。

 それにしてもあの仕分けって、防災や自然科学の基礎に関する重要な予算はドンドン削りながら、外国人への生活保護など無駄の中無駄には一歩も踏み込まなかったのです。

 それを安易に国民が支持してしまいました。

 民主党政権って民主主義の恐ろしさを痛感させる政権でした。
 
  1. 2014-09-29 10:01
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  勝間和代はこの御嶽山の噴火による死者行方不明者のニュースが流れている時に、ゲームに夢中だったことがツィッターからわかっています。
>
>  自分がやったことに何の関心もなかったのです。
>  責任感以前に当事者意識さへないのです。

自分の仕分けが原因で御嶽山は観察強化の対象から外されたようですね。
普通の人間なら、火山活動のニュースには敏感になるはじです。

>
>  こういう人間を行政に口を出させた事自体が、大変な間違いだったのです。
>
>  それにしてもあの仕分けって、防災や自然科学の基礎に関する重要な予算はドンドン削りながら、外国人への生活保護など無駄の中無駄には一歩も踏み込まなかったのです。
>
>  それを安易に国民が支持してしまいました。
>
>  民主党政権って民主主義の恐ろしさを痛感させる政権でした。
>  

日本人を災害で殺しても、外国人には手厚い生活保護は止めないという政治でした。
  1. 2014-09-30 08:57
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。