2015-03-24 18:22

Astor Piazzolla, "Llueve sobre Santiago"



「サンチャゴに雨が降る」は、1975年制作のフランス・ブルガリア合作映画。
1973年9月11日早朝のチリ・クーデターの発生から首都サンティアゴを中心にした各地の市街戦、軍事評議会による権力掌握を経て、詩人パブロ・ネルーダの葬儀にいたる10数日間の出来事の描写を軸に、並行して、登場人物の一人である外国人記者の回想という形で、サルバドール・アジェンデの大統領当選からクーデターに至る流れが描かれる。

日本では、1980年代に「特攻要塞都市」の題でVHSビデオが発売された。
2012年9月には、スティングレイ社から劇場公開時の邦題「サンチャゴに雨が降る」でDVDが発売されている。
劇中、アジェンデ支持派の活動家・市民が収容された体育館の中で、革命歌「ベンセレーモス」を歌って仲間を励まそうとした青年がクーデター派の将兵に撲殺されるシーンがあり、明示されていないが、同様の状況で殺害された歌手ビクトル・ハラを暗示している。音楽はアストル・ピアソラである。
スポンサーサイト
  1. ピアソラ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する