-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-08-24 13:21

中国への邦人定住者は2835人です

イメージ034

海外在留邦人数調査で中国への在留邦人数が15万人もいる。
中国人が逃げ出しているのに馬鹿ではないか。
家族だけでも返すべきだ。お前らが死んでも自己責任だ。
・・・てな話を書いている人が多々ありました。

五月蠅い、余計なお世話だ。
しかしね、15万人はいないだろう、これは瞬間的な延人数だ・・・・とコメント返ししたことがある。
今年も外務省の調査が8月15日に発表されたが、15万人が10%ダウンで13万人になっていたが、
その13万人の内実は3ケ月以上の長期出張である。

海外在留邦人調査の在留邦人は、定住者と長期滞在者と分かれている。
この長期滞在者は日帰り程度の出張者まで数えたら「きりがない」ので、
3ケ月以上のところで線を引いているのである。

それで上のグラフを見てもらえば中国は定住者が極めて少なく最新調査で2835人である。
これだけ長期滞在者の比較しれ定住者の少ない国はないわけで、誰も住みたくないのである。
在留邦人は世界第三位のオーストラリアと比べてみればわかる。
定住者が少なければ、それだけ他の社員が交代で日本から出張することになる。
それで13万人になるのだが、内実は出たり入ったりの延人数である。
在中国日本企業の数も実は良くわからないのであるが、
1社当たりの日本人の数は2人、多くて3人程度である。
基本は現地のオペレーションでやっている。
こういう状態なので、時々、日本からの3ケ月程度の出張でサポートすることになる。
安いホテルに長期宿泊し「シーツを洗え」「水が貴重なので洗えない」「シャワーが出ない」「上階なので揚がらない」とホテル側と不毛な交渉をしながら過ごすのである。

仕事ですからね。
スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

本当ですかあ?

yuyuu様の出す資料は普通虚をつかれるものが多く、とても参考になるのですがこれ本当ですかあ?
この倍の長期滞在者というのは3ヶ月以上滞在してる人々ですよねえ。そして書かれてる限りは性別年齢に区別はないはずですから全年齢の長期滞在者という解釈なんでしょう。
長期滞在者と定住者の区別ってなんなんですか?

こんな資料があります。

上海の日本総領事館のHPですがここに2014年4月現在の日本人学校の在籍者数があります。
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/education/school.html
これに出てくる人々というのは長期滞在者なんですよねえ。おそらくは家族で支那にすみ日本人学校に通わせてるんですから…これだけで3000人超えてますよね。

一般人の感覚ではこういう人々こそが非常時の場合に救わねばいけない人々でしょう。

支那の制度は良く知りませんが2835人というのは長期の定住資格を持つ人なんじゃありませんか。
支那に5年6年いたところでおそらく長期滞在者なんだと思います。
こうなる特別自体が虚しい気がしますが…

資料のソースと定住者と長期滞在者の区別とその実態を教えていただけたらと思います。
  1. 2014-08-24 18:20
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

これ外務省の永住者統計ですよね

これなら分かりますわ。要は米国でいうグリーンカード、日本の長期永住者しかkすを持ってる人数ですよね。こんな連中はそれこそ何かあったら自己責任でしょう。
まあ昨今の情勢に持っ変わらず順調に増えているというのはなんなのでしょうね。
韓国の場合は1年で20%近く減らしてます。この辺りの差は面白いですよね。
  1. 2014-08-24 18:43
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

感覚的にはわかります

感覚的には同意します。
弊社の中国での日本人スタッフは、
各工場毎に総経理一名と副総経理一名の計二名が基本で、順調なら一名問題時は三名程度、異常時は随時数日から数ヶ月の出張です。
またこの常勤も二年または子会社なら三から五年で交代です。
永住者は基本現地採用の日本人ですが、不思議と定年付近で日本に来ます
  1. 2014-08-25 00:54
  2. URL
  3. うずめ #dJw77bqw
  4. 編集

Re: 本当ですかあ?

> yuyuu様の出す資料は普通虚をつかれるものが多く、とても参考になるのですがこれ本当ですかあ?
> この倍の長期滞在者というのは3ヶ月以上滞在してる人々ですよねえ。そして書かれてる限りは性別年齢に区別はないはずですから全年齢の長期滞在者という解釈なんでしょう。
> 長期滞在者と定住者の区別ってなんなんですか?
>
> こんな資料があります。
>
> 上海の日本総領事館のHPですがここに2014年4月現在の日本人学校の在籍者数があります。
> http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/education/school.html
> これに出てくる人々というのは長期滞在者なんですよねえ。おそらくは家族で支那にすみ日本人学校に通わせてるんですから…これだけで3000人超えてますよね。
>
> 一般人の感覚ではこういう人々こそが非常時の場合に救わねばいけない人々でしょう。
>
> 支那の制度は良く知りませんが2835人というのは長期の定住資格を持つ人なんじゃありませんか。
> 支那に5年6年いたところでおそらく長期滞在者なんだと思います。
> こうなる特別自体が虚しい気がしますが…
>
> 資料のソースと定住者と長期滞在者の区別とその実態を教えていただけたらと思います。

これは外務省の調査で各地の在中国大使館の持つ資料をまとめたもので毎年、8月に発表されます。
この他に経済産業省が海外企業進出調査をやってますが、これには日本人駐在員の数字はなかったと思います。
この他に業界団体調査があり、さらに進出企業の日本人従業員数調査があり、わが業界は私がやっていたのですが、企業機密漏洩でテロの心配もあるので今年でやめます。
一応、独自の調査を踏まえながら・・・それは機密なので書くわけにはいかないので、外務省の調査をネタにしているわけです。


  1. 2014-08-30 21:45
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: これ外務省の永住者統計ですよね

> これなら分かりますわ。要は米国でいうグリーンカード、日本の長期永住者しかkすを持ってる人数ですよね。こんな連中はそれこそ何かあったら自己責任でしょう。
> まあ昨今の情勢に持っ変わらず順調に増えているというのはなんなのでしょうね。
> 韓国の場合は1年で20%近く減らしてます。この辺りの差は面白いですよね。

なぜ、増えているかは分かりませんが、中国系日本人というのもあるし、背乗りもあるでしょう。
この外務省の調査で中国の日本法人は3万2000弱あるのに、把握されていっるのは600だけで1万1000企業が区分不明なのです。区分不明など中国以外は殆ど無いのです。
そして、この区分不明企業が増えているのです。
外務省も把握できていないということです。

この区分不明というのは以前は日系企業で、日系のブランドを販売しているので、日系企業に見えるが、もはや日系企業でないものが多数含まれているということです。
この意味は、八丈島のキョンを見た人でも分からない永遠の謎なのです。


  1. 2014-08-30 22:02
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: 感覚的にはわかります

> 感覚的には同意します。
> 弊社の中国での日本人スタッフは、
> 各工場毎に総経理一名と副総経理一名の計二名が基本で、順調なら一名問題時は三名程度、異常時は随時数日から数ヶ月の出張です。
> またこの常勤も二年または子会社なら三から五年で交代です。
> 永住者は基本現地採用の日本人ですが、不思議と定年付近で日本に来ます

コメントありがとうございます。
そのような状況ですよね。
開発部門を現地に開設した大手企業の場合も・・・技術者の奥様を知ってますが「ダーリンは頻繁に帰ってくる(怒)」と言ってます。のんびり長期滞在できる国ではないのです。
  1. 2014-08-30 22:10
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。