2014-08-22 22:26

欧州僻地の単純言語

今年は6月から英語の資料集を作っていた。
2000年ぐらいまでは、この手の仕事をやっており、様々な報告書も書いた。
もはや2014年である。
14年間、日本の仕事をしていれば英語力は急激に退化する。
読めなくなるし、聞けなくなるし、書けなくなる。
英会話の能力など使わなければどんどん落ちて・・・覚えて居るのはミーチューだけになる。
2000年頃には現地にヒアリングに行きレポートを書いていたのに。

ミーチュー


しかし、仕事であれば、やらねばならない。
一週間もやれば感覚が戻り、数週間でスペルの間違いもすぐ見つけて修正できる。
仕事というのは、そういうものなのだ。

秋田のどっかの大学のように全部英語で教育を受けたり、
どっかの、お馬鹿な会社のように社内会議を英語でやっても、何の意味もないどころか有害である。
何故、有害かと言えば「欧州僻地の語彙もニュアンスも少ない単純言語:英語」で勉強したり思考すれば、米国人のようになってしまうということです。
本来、深い思索を究めればならない時期を無駄に過ごすことになる。

私が大学に入る時の父の忠告。
「泰西の言葉を学ぶには、ラテン語をやりなさい。そうすれば他の言語も自然に分かるようになる」
ラテン語はバチカンの公用語である。
英語などはガリアの先にある島の方言ではないか。
あまりにも僻地で未開なので単純で語彙も少ない。
スペインの無敵艦隊を撃破したので世界に散らばっただけである。
植民地主義の言語であり、心を伝える言葉ではない。

私は父の忠告には従わず、ラテン語も勉強しなかったし、英語も勉強しなかった。
でも、仕事で使っていれば、半年もあれば十分に使えるようになるものなのだ。
馬鹿げた英語教育よりも、歴史と伝統ある日本語での思索の積み重ねが重要である。

英語教育とか経済特区とか、日本は発展途上国と間違えているのではないのか?
スポンサーサイト
  1. 欧州
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

欧州の単純言語って

仏語や独語って単純言語じゃないんですか?ドイツ語を少し勉強した時にその語彙の単純さに驚かされた経験があります。独語の刑法学の本でしたが文法構造などはともかく語彙の単純さには呆れた気分があります。伝統言語と言っても言葉の持つニュアンスなどは遠く日本語に及ばないと思いましたね。

英語は僻地言語の上に欧州言語の吹き溜まりみたいなところがありますから語彙はかえって多いでしょう。それだけに却って何がなんだかわからなくなってますが…

小生の先輩はかなりの英語使いですが英語を使ってる時と日本語を使ってる時とでは明らかに性格が違います。ああいう単純言語を使っていたから世界制覇ができたんでしょうか。
  1. 2014-08-24 02:36
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

英語は未開の言語だからその後フランス語が混入したと聞きました。
ドイツ語を学んだ時の印象は造語が多い、造語がたやすいということでした。固有の単語は歴史的に(英語よりも)古いのでしょう。私にはドイツ語は人が言う程の「論理性」よりも情緒的な言語に見えました。
  1. 2014-08-24 05:47
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 欧州の単純言語って

> 仏語や独語って単純言語じゃないんですか?ドイツ語を少し勉強した時にその語彙の単純さに驚かされた経験があります。独語の刑法学の本でしたが文法構造などはともかく語彙の単純さには呆れた気分があります。伝統言語と言っても言葉の持つニュアンスなどは遠く日本語に及ばないと思いましたね。
>
> 英語は僻地言語の上に欧州言語の吹き溜まりみたいなところがありますから語彙はかえって多いでしょう。それだけに却って何がなんだかわからなくなってますが…
>
> 小生の先輩はかなりの英語使いですが英語を使ってる時と日本語を使ってる時とでは明らかに性格が違います。ああいう単純言語を使っていたから世界制覇ができたんでしょうか。

西班牙もポルトガルも英国も、欧州の辺境ですが、こうした僻地が伝統を無視できるので絶対王朝になれば、大いに国力を増して、世界制覇に向かい、殺戮と制圧により植民地を拡大していった。
英国王など離婚が出来ないと言う理由でカソリックと絶縁して英国国教会を作った。
ロンドン塔で何人も妻を虐殺した王様もおりました。
英語を使うと性格が変わり、簡単に従業員の首を切ることができるのです。







  1. 2014-08-29 10:33
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 英語は未開の言語だからその後フランス語が混入したと聞きました。
> ドイツ語を学んだ時の印象は造語が多い、造語がたやすいということでした。固有の単語は歴史的に(英語よりも)古いのでしょう。私にはドイツ語は人が言う程の「論理性」よりも情緒的な言語に見えました。

米国に行って英語でプレゼンをすると質問がすぐに終わるのです。
それで60分のプレゼンだと45分まで話せる。
質問も明確・単純、答えも明確・単純。
あっという間に大英帝国ができたのも良くわかります。
ドイツの場合は20分程度しか話せない。
妙なことにこだわり、無意味な質問をしてくるもので、先に進まない。
ああだ、こうだで1時間終了。結論が出ない。
これでは世界制覇は無理ですたい。

こういう違いがありますね。
単語もどこで切れるのかわからんし。
  1. 2014-08-29 10:41
  2. URL
  3. 友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する