-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-08-08 09:49

続・団塊の風景 

団塊の世代は昭和20年から昭和25年に生まれた人たちである。
戦争で戦地に行っていた兵隊さんが敗戦で日本に戻り、妻と再会して子供が出来た。
年間200万人を超える子供が生まれたのである。
当時はダイサンゴクジン(マッカーサー命名)・・・漢字で書くと投稿できない・・・が日本各地で大暴れしていた時代である。
こうした中で日本国民は敗戦で意気消沈していたわけではない。
私の叔父は語学堪能が理由で敗戦後の米軍将校の上陸立ち会っているが、
彼の話を聞くと、ビリピリしていたのは米国側で、日本側には負けたという意識はなかった。
すでにアジア解放の大義は果たされている。
この時期のインドネシア、インド、ビルマ、マラヤでは独立戦争が始まっている。
投降しないで解放軍と共に闘い続けている帝国軍人も居た。
皇居に切腹するつもりで終戦の詔を聞きに行ったという小学校の先生によると
「我々は陛下が忍び難きをを忍び、耐えがたきを耐えて」降伏せよとの言葉を聞いて、ひとまず鋪子を収めただけなのだ。
これが真実で、日本国民はまだやる気は充分にあったが、まずは復興して経済力を付けることにあった。

さて、この時代に生まれた団塊の世代は、今、何歳になっているのか?
昭和20年生まれは69歳である。
昭和25年生まれは64歳である。
60歳で定年。最後の昭和25年組も既に第一線を退いて4年を経過しているのである。

さて、本年から当社の清掃の仕事をシルバー人材に切り替えた。
それまで10年以上も専門業者にやってもらっていたのだが、どうも綺麗にならない。
ところがシルバー人材に切り替えたら料金は半分になり、かつ、見違える程、綺麗になった。
1回の料金が半分になったので頻度を2倍にしたら、もう毎日、ピカピカである。

以前との差
・始める前に挨拶がある・・・当然だが以前はなかった。
・気になっている場所、重点的に綺麗にしたい場所はないかを聞いてくる・・・・以前はなかった。
・終了後に報告に来る・・・・・一緒に現場をみる・・・・以前にはなかった。
・手を抜かない・・・・・以前は・・いったいどこをやったんだ?状態。
・腋臭にはミョウバンが効くと教えてくれる・・・・雑談で様々な知識が得られる・・・・以前にはなかった。

団塊のシルバー人材はお得です。

なお、私も団塊世代ですが、10歳は若く見られるようで、まだ現役ばりばりです。
SONOさんも元気に活躍中と思います。早く帰ってくんろ。
スポンサーサイト
  1. 団塊世代の真実
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

小生の業界は

団塊がまだまだ現役という業界ですが清掃業界は更にその上です。

シルバー人材のほうがいいというお話ですが実際は通常の業界もほぼ同年代のはずです。
問題はおそらく清掃業界の目に余る低賃金人手不足状態が背景なんじゃないでしょうか。

地方公共団体の入札仕事などは本当に最低限のところだけ形式的にやてますというくらいしかやらない、と言うよりできないというのが実体だと思います。シルバーあたりはその辺特に利重の増加を図ろうなどという精神は希薄ですからこういうことが起こるのだと思っています。

これは業界の構造がおかしいからそうなるんだと思ってます。
  1. 2014-08-10 22:22
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

Re: 小生の業界は

> 団塊がまだまだ現役という業界ですが清掃業界は更にその上です。
>
> シルバー人材のほうがいいというお話ですが実際は通常の業界もほぼ同年代のはずです。
> 問題はおそらく清掃業界の目に余る低賃金人手不足状態が背景なんじゃないでしょうか。
>
> 地方公共団体の入札仕事などは本当に最低限のところだけ形式的にやてますというくらいしかやらない、と言うよりできないというのが実体だと思います。シルバーあたりはその辺特に利重の増加を図ろうなどという精神は希薄ですからこういうことが起こるのだと思っています。
>
> これは業界の構造がおかしいからそうなるんだと思ってます。

例のMS委員も中堅になり、今春から担当する100人(以上)を個別にお会いして話を聞きました。
100人の高齢者の中で悠々自適は10人程度ですね。なんとか生きてるが50%、残りの40%はかなりヤバいです。国民年金最低だけで、様々にひかれて月5万円以下で生活しないといけないのが40%。食費は1日500円以下にしないとダメ。こうした人達は本来はもう少し貯金が出来て、ここまで追い込まれることはsなかったはずなのが、規制緩和の悪夢で、米国と同じ中間層が消えて奈落に転落しているのです。
新自由主義の人達が言うように「市場から淘汰された」人達なのです。事業に失敗した。店が潰れた。会社が倒産して退職金も貰えず追い出された。
こうしたシルバー人材は、ほんの少しでも金になるなら喜んで働きます。

一方で談合だとか大騒ぎして入札制度を変えてしまい、採算が取れないけど現金が欲しいという危ない企業と、いつたい誰なの??という謎の企業が入札するだけになってしまったのも規制緩和の悪夢なのです。

これは民営化が始まった中曽根内閣時代にはじまり民主党でとどめを刺した長い日本社会は貝工作ですからね。ここまで壊されると米国と同様にフード・スタンプを始めないと間に合いません。

  1. 2014-08-12 22:25
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。