2014-07-10 09:44

この地図はネット上で何度も見たが・・・本物だったようです。

2020年、東京五輪が開催されるその年、中国でも歴史的な出来事が起こる。
1921年7月23日に結党した中国共産党が100年(数え年)を迎えるのだ。
中国共産党といえば中国政府。日本の様に複数の政党が存在しない一党独裁政治が行われている中国にとって、共産党の記念年は中国そのものの記念年でもある。
既に報道されているが中国はチベットを始めフィリピン、ベトナム、ウイグル、モンゴル…などアジア地域を武力で実効支配。中華人民共和国の略称・中国という名が示す通り「世界の中心」を自負し、その為なら手段を選ばず領土拡大に勤(いそ)しんでいる。いわゆる覇権主義国家なのだ。
中国に詳しい保守系政党の幹部が中国共産党の目論見を次の様に語る。
「中国共産党には2020年までにGDPを2000年時の4倍にするという『全国建設小康社会』(ゆとりある社会の建設)樹立の公約とアジアを制圧するという内規があるのです。武力の実効支配はその一環で日本の尖閣奪取も我が国を実効支配する為なのです」
事実、中国の日本占領は(中国内部で)既成事実化。
驚くべき事に共産党の息がかかった北京市内の学校では「中国領になっている」日本地図が教材として用いられているのだ。
中国領になった日本地図を見ると静岡県、長野県、富山県を境にそれ以東が日本自治区。愛知県、岐阜県、石川県以西が東海省と位置づけられている。
併せて日本を実効支配した場合、韓国と北朝鮮も行き場が無く中国に統治。結果、朝鮮半島全域は中国領の朝鮮省と呼ばれている。
「中国共産党は東京五輪を"我が帝国(中国)最大の祭典"と嘯(うそぶ)いており、東京五輪開幕前までに実効支配を完了させている事をほのめかしている。これは中国ではかなり有名な話で日本のマスコミ関係者も知っているハズ。ところがマスコミは中国を敵に回したくないから報道しない。危険な兆候です」(前出・幹部)
10年9月7日、尖閣諸島のひとつ久場島沖で海上保安庁の巡視船『よなくに』に中国のトロール船が故意に衝突。その際、中国政府は実効支配した国で駆使した手法(領土の自己拡大)をそのまま展開。「尖閣は我が国(中国)の領土」とでっち上げたのは記憶に新しい。
だが、それ以上に問題なのは彼らが頑として譲らない「もう一つ」の言い分だ。
「それは"尖閣にはそもそも領土問題など無い"という事。仮に日本全体が中国に統治されれば尖閣は中国領となります。実は今、中国では"日本は中国の属国で現在は独立国の様に泳がせている"という教育をしているのです。

IMG_3729.jpg

そう考えると"尖閣に領土問題など無い"という"理屈"は成立するのです」(前出・幹部)
中国領になった地図だけを見ると「中国は自分勝手だなあ」と笑い飛ばせるが、その奥にはそこまで強かな計算があるのだ。(日刊大衆)
-------------------------------------------------
この地図はネット上で何度も見たが・・・本物だったようです。
名ギャーは東海省だがね。
スポンサーサイト
  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

インド、オーストラリア、ニュージーランドまでピンク、つまり中国領としていながらロシアは黄緑ということは強面の国(米国、ロシアなど喧嘩上等の国)とは喧嘩したくないということでしょうね。
  1. 2014-07-10 10:37
  2. URL
  3. taigen #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> インド、オーストラリア、ニュージーランドまでピンク、つまり中国領としていながらロシアは黄緑ということは強面の国(米国、ロシアなど喧嘩上等の国)とは喧嘩したくないということでしょうね。

インドシナ半島も中国領、インドも中国領、オーストラリアも中国領。
どこまで誇大妄想なのか?
  1. 2014-07-11 09:36
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

 この数年中国の全方位恫喝侵略外交を見ていて、何であんなに無茶苦茶全方位に喧嘩を売るのだと思っていましたが、やはりこういう事だったのですね。

 しかし2020年までにGDP4倍とか、大侵略しなければ絶対不可能な目標です。
 
 ワタシは以前中国の人口動態から、中国が今の国力を保てるのは後20年で、その後は急速の高齢化で大変なことになると言うエントリーをしたことがあります。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-3455.html

 それでその時、その20年後の供える為に何とか今のうちに侵略戦争を済ませてしまおうと焦っているのだと思いました。

 でもこの記事を見ると、全くその通りだと思います。

 
  1. 2014-07-11 13:21
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

おはようございます。

しばらく前に劇画ゴルゴ13において、支那人民を養うには国外に糧を求めるしかないという件がありました。半分は砂漠の国土で13億人民を食わせるにはそれしかないのでしょう。
でも、70億世界は支那人民全てを裕福に食わせることは出来ません。よって成金の札束で後進国の頬を叩くか、対日本のよう自に国民を反日に仕立てて全人民による脅しと実行しかないのでしょう。
支那は欧米とロシアにはそのどちらの手も通用しないことを自覚しているのですから、日本国首相もそれに習って毅然と対応していけばいいのです。ただ内側の敵をたたくのは大変でしょう。
  1. 2014-07-12 06:45
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

>  この数年中国の全方位恫喝侵略外交を見ていて、何であんなに無茶苦茶全方位に喧嘩を売るのだと思っていましたが、やはりこういう事だったのですね。
>
>  しかし2020年までにGDP4倍とか、大侵略しなければ絶対不可能な目標です。
>  
>  ワタシは以前中国の人口動態から、中国が今の国力を保てるのは後20年で、その後は急速の高齢化で大変なことになると言うエントリーをしたことがあります。
>
>  http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-3455.html
>
>  それでその時、その20年後の供える為に何とか今のうちに侵略戦争を済ませてしまおうと焦っているのだと思いました。
>
>  でもこの記事を見ると、全くその通りだと思います。

私も、この地図は前から見ていたのですが、いくらなんでも、これは偽物だろうと思っていたのです。
しかし、本気だったのですね。
中国は米国との交渉で太平洋を2つの分けるて分割統治しようと盛りかけていますが・・・この時に、この地図を示したのではないでしょうか?クリントン時代でしょうか、かなり前の話です。

今、中国のインドシナへの侵攻。
そして、日本、インド、インドシナ、オーストラリアも含めての中国包囲網の動きをみれば、
その裏に、この地図があることが分かります。  
  1. 2014-07-12 09:40
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> おはようございます。
>
> しばらく前に劇画ゴルゴ13において、支那人民を養うには国外に糧を求めるしかないという件がありました。半分は砂漠の国土で13億人民を食わせるにはそれしかないのでしょう。
> でも、70億世界は支那人民全てを裕福に食わせることは出来ません。よって成金の札束で後進国の頬を叩くか、対日本のよう自に国民を反日に仕立てて全人民による脅しと実行しかないのでしょう。
> 支那は欧米とロシアにはそのどちらの手も通用しないことを自覚しているのですから、日本国首相もそれに習って毅然と対応していけばいいのです。ただ内側の敵をたたくのは大変でしょう。

あの国は古代から人肉食の国でしたが、人口が大杉という悩みを昔から抱えていたのでしょう。
美味しくて怖い中華料理です。
日本の地図を見れば、名古屋は中国だが、東日本は日本自治区。
全面的の占領するまで政界とマスコミ工作が進んでないということでしょう。
まだ、間に合います。なんとしても祖国を守りましょう。




  1. 2014-07-12 09:47
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する