2014-06-06 18:29

正社員は既得権益である。日本人であることも既得権益だ。



既得権益の打破を・・・・と新自由主義者の提言を信じて政策決定を行うと、日本も危険な社会になってしまう。

日本でも、以下の事件がありました。
------------------------------------

--そもそも、これが名義貸しにあたらないという認識の根拠は?

 社長「いらした方はご存じかと思いますが、わが社の車庫には他に3社入っています。それはみんな、私が手伝っていたりした会社です。私は人を育てるのが好きなので、河野についても『中国人でも頑張ってやっている』という気持ちがあったので、名義料をもらってまでやろうという認識はありませんでした」

 --河野容疑者は大型2種免許はいつとったのか

 社長「私は免許証のコピーをもらって『2種免をもっているな』と思っただけで、いつ取ったかは分かりません」

 --(復路の途中まで)同行したという運転手も日雇いだったのか

 社長「日雇いという認識はない。その運転手もうちにきてまだ1カ月。日払いはしていないが、アルバイトみたいなものでした」

 --10人いるという運転手のうち、河野容疑者のように外国籍(注・平成6年に帰化したとされる)の人は他にもいるのか

 《ここで、弁護士から耳打ちを受けた社長は「申し訳ございません。今はいるともいないとも…。迷惑がかかるので控えさせていただきたい」と述べるにとどまった》

 --河野容疑者は、陸援隊から月いくらの賃金をもらっていたのか

 社長「この2月にようやく仕事が出てきて、月10万円。(運行は)10回ぐらいです」

--車の自賠責保険や任意保険は誰が払っているのか

 社長「そのバスを使って売り上げたものは、河野が集金していたので、保険も河野が払っていました」

 《河野容疑者は陸援隊の仕事とは別に、同社からバスを借りて自らも中国人向けツアーの営業・運行を行っており、売り上げの一部を同社に収めていたという》

 --個人営業の報酬の一部をもらっていたというが、それは名義貸しのマージンではないのか。どういう認識なのか

 社長「売り上げはこちらで管理しないと…。『うちに売り上げは上げてくださいよ』と言っていました」

 --個人営業について、何割ぐらい売り上げを入れてもらっていたのか

 社長「まだ集計もしていませんので…」




キカジンデアルコト秘密ある。

最近、こちらも更新中。

http://yuyuu1950.exblog.jp/
スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する