-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-04-05 14:37

Harpo's Blues By Phoebe Snow .



フィービ・スノウは、私と同世代のアメリカの歌手・作曲家・ギタリストである。
高校時代から音楽をやっていて、大学時代も授業に出ないで音楽をやっていた。
1972年、ビターエンドクラブでシェルター・レコードのプロモーション担当重役に見出されて契約後に初めてのレコーディングを行ない、
1974年に「サンフランシスコ・ベイ・ブルース/ブルースの妖精フィービ・スノウ)」をリリースした。
このレコードを偶然、銀座の山野楽器で聞いて、購入して気に入って聞いていた。
淡々とした情感があり、こういうの好きなの。
このレコード、米国では100万枚以上を売り上げ、当時最も評価されたレコードと言われたらしいが私は知らなかった。
その後もヒットを飛ばしたらしいが、ビッグになることはなかった。
何をしていたか・・・。
1975年12月に生まれた娘が生まれながら深刻な脳障害を患っていた。
スノウは娘を施設で育てることを拒み、彼女が2007年3月18日に31歳で亡くなるまで自宅で看病を続けた。
この娘の養育が事実上、スノウを音楽業界での輝かしいキャリアから遠ざけることとなった。
2010年1月19日にスノウは脳出血を起こして昏睡状態に陥り、血液凝固や肺炎、心不全などの合併症を併発した。
2011年4月26日、ニュージャージー州エディソンで、60歳で死去した。

スポンサーサイト
  1. JAZZ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。