2014-04-01 12:47

二酸化塩素剤で消費者庁の措置命令

消費者庁は、二酸化塩素を利用した「空間除菌グッズ」を販売する17社に対し、景品表示法第6条の規定に基づき措置命令を行なった。17社が自社のWebサイトなどにおいて行なった表示において、表示を裏付ける合理的根拠が示されず「優良誤認」に該当するとしている。
各社のWebなどでは、「対象製品を使用することで、対象商品から放出される二酸化塩素が、生活空間において、ウイルス除去、除菌、消臭などをするかのように示していた」と説明されているが・・・・。


業者どもよ、これを示す根拠になる「データを出せ」(消費者省)


へいへい、お代官様、これで、ございます(17社)


「ふむふむ、しかし、これでは当該表示を裏付けとなる合理的な根拠を示すものとは認められない、馬鹿者共めが、排除命令じゃ・・・じゃなかった措置命令じゃ」。

「ははああ」(17社)

「17社の社名と社長名を、公表して、その罪を世間に広く知らしめてやる。多くの消費者から効果が分からんとの声が上がっておるぞよ。消費者の声は神様の声である。黙って聞くように」

「ほええええええ」(17社)

・・・・という事態が展開されたわけである。

確かにオープンエアの空間では効果が分かりにくいのは事実だが、
自動車の車室内、冷蔵庫、風呂場などの閉鎖空間では効果がある。
しかし、ウイルス除去と言ってもウイルスが目に見えるわけではないので「効果が分からん」というのは、
当然、こうした声も出るであろう。

除菌により冷蔵庫では野菜等の持ちが良くなる。
風呂場では黴発生が抑えられる。
靴箱では濡れた靴が臭わない・

・・・・ということは、自分でも確認してから販売しているのですがね。


もともと、行政はこの商品を端から疑っており、2010年に国民生活センターも実物によるテストを行ない「二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品は、さまざまな状況が考えられる生活空間で、どの程度の除菌効果があるのかは現状では分からない」という使用上のアドバイスを公開している。

行政はエビデンスを出せというが、そのエビデンスを作成するための実験・実証装置は大変費用が掛かるんですよ。
大手企業なら可能ですが。


・・・ということでデンソーは31日に以下の発表をした。
---------------------------------------------

デンソーは3月31日、同社の『車両用クレベリン』の有効性を発表した。
この発表は3月27日に消費者庁が大幸薬品の『クレベリンゲル』等を含む17社・25商品の二酸化塩素を利用した商品について措置命令を発令したことに対応したもの。

デンソーによると、同社の車両用クレベリンは、消費者庁の措置命令の対象商品ではなく、施工マニュアルに沿って車室内の閉鎖空間で15分間燻蒸した場合、99%のウイルス除去・除菌ができることが確認されているという。

消費者庁の措置命令では、大幸薬品の『クレベリンゲル』等を含む17社・25商品の二酸化塩素を利用した商品にウイルス除去・除菌の効果が認められないので、当該効果をうたった広告はいわゆる優良誤認に該当するとしている。

なお、クレベリンの名称は大幸薬品の登録商標。
---------------------------------------------

クレベリンは措置命令・・・以前は排除命令と言う命令で、
コレが出たら「もうあかん」ちゅうことや。獄門打首ですが。

でも・・・デンソーの「車両用クレベリン」は、ちゃんとエビデンスがある。
社内にテスト機関があるから可能なのですわ。

無実ですがな。

この商品、もともと二酸化塩素を使用したもので、どこの製品も大差がないと思えるのだが。
製品安全シートも添付されてますよ。
スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

>閉鎖空間で15分間燻蒸
なら効果のある商品だったわけですか・・・

昨年の冬はこの「空間除菌グッズ」が勤務先の部屋の中に吊り下げられて、
妙な臭いがしていました。そのせいで(深)呼吸なんかしたくない日々でした。

晩秋に健康管理担当者が急に
「これで除菌ができて、インフルエンザの集団感染も防げる」ような発言をして、勤務先の各部屋に吊り下げられることになり、職場のどこへ行っても変な気持ちが悪くなるにおいがしていた。組合の指示だったのかなぁ・・・

そこへこのニュース、やっぱりドアを開閉して一日中人が出入りしたら、効果は疑わしいわけですよね。冬にはインフルエンザも流行したし、今度の冬は普通に呼吸できる冬が来て欲しい。

PS:消費税増税と共にizaユーザーブログ消えちゃいましたね。分かっていても残念です。
  1. 2014-04-01 20:06
  2. URL
  3. fc2snowdrop #AJGc9wjk
  4. 編集

実は17社以外にも製造している業者はあります。密閉された空間での性能は確認できるデータが得られています。オープンエアーでは効果があるとは思われるがデータで証明できないとの技術部の回答をベースに、この部分は強調しないで密閉空間に絞った広告をしていました。比較すると17社はお馬鹿であったのは事実でしょうね。

本来、無臭の商品です。
実は生鮮食料品の保存・輸送にも使われています。
除菌・・・すなわち腐敗菌を殺すので「持ち」が良くなるのです。
冷蔵庫に入れておくと、その効果がわかります。
ですので「変な匂いがした」というのは、メーカーがあえて匂いを付けたのだと思います。何のために・・・そりゃ無臭では効いているか分からない・・と言われるからです。
もともと、そういう商品ではないのです。
中古車などを再販する時に、除菌、脱臭などに使う商品です。
  1. 2014-04-02 08:23
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する