-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-03-28 22:01

名前を言ってはいけない「あの方」も孤児院の出身であった




ヴォルデモート卿は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する架空の魔法使いである。
主人公ハリー・ポッターの最大最強の敵。イギリス魔法界で広く恐れられる、闇の魔法使い。「純血主義」の下、マグル出身者の排除を目論んでいる。
本名はトム・マールヴォロ・リドル (Tom Marvolo Riddle) 。
ファーストネームは父トム・リドル・シニア、ミドルネームは母方の祖父マールヴォロ・ゴーントに由来する。
後に英国魔法界を混乱に陥れると、多くの魔法使いは恐怖の余り「ヴォルデモート」の名を口に出すことさえ恐れるようになった。
そこで彼を示す言葉として例のあの人 (You-Know-Who) 、名前を言ってはいけないあの人 (He-Who-Must-Not-Be-Named) などが用いられる。
1926年12月31日、臨月の母・メローピーが飛び込んだロンドンの孤児院で産まれる。
この時点で父や親族とは音信不通であり、母もリドルを産んだ直後に亡くなる。
産まれる前から父に棄てられ、母にも「見捨てられた」と感じていたリドルは愛情を信じられないまま成長する。
作者はインタビューで、リドルの生い立ちは「愛情のない結婚」の有害性を象徴するものと語っている。
----------------------------------
・・・・となっているが、母親は美男子だったトム・リドル・シニアに魔法を掛けてSEXして子供が出来たのだが、魔法が解けると父は正気に戻り自宅に帰る。子供の事は記憶に無い。
ヴォルデモートは、後に父の自宅を襲い、父の親族と共に殺害する。

一方、ハリーもヴォルデモートに両親を殺された孤児である。
スポンサーサイト
  1. ハリー・ポッター
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。