2014-03-24 19:07

冷戦は八百長だった

007ジェームズ・ボンドのシリーズをリアルで全部、見ていた経験から言うと・・・
米ソ冷戦と言いながらも、ボンドの敵はスペクターだのゴールド・フィンガーだったりで、
ソ連であった試しが無い。
敵は謎の組織であったり、巨大な企業であったりで、彼等の陰謀であわや米ソ開戦となるのをボンドの活躍で防いでいるのであった。


これは、ソ連を悪役にするとリアル過ぎるからだと思ったが・・・・
実はそうではなくて、謎の国際組織が戦前から現在に至るまで
真の悪役であることは間違いないのである。

東西の対立も、共産主義と民主主義の対立も、右と左の対立も・・・八百長であった。

アレックス・スミルノフであったのだ、



スミルノフは露西亜と縁も縁も無いフランス系カナダ人

スポンサーサイト
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

敵は本能寺では無かった

なるほど、良い話を聞きました。
私は映画はほとんど見ないので何とも言えませんが、確かにそう言われてみれば納得。
そして真の敵は何処か?
敵は本能寺と言いますが、本当の敵は本能寺では無かった訳ですね。
しかも未だにその正体を見せない、実に巧妙です。
しかし本当の敵にとって最大の敵は日本の様です。
さてさて・・・

話は変わりますが今日こんな本をアマゾンでオーダーしました。
「日本の敵グローバリズムの正体」
明日届くのですが楽しみにしています。
  1. 2014-03-24 21:32
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

Re: 敵は本能寺では無かった

> なるほど、良い話を聞きました。
> 私は映画はほとんど見ないので何とも言えませんが、確かにそう言われてみれば納得。
> そして真の敵は何処か?
> 敵は本能寺と言いますが、本当の敵は本能寺では無かった訳ですね。
> しかも未だにその正体を見せない、実に巧妙です。
> しかし本当の敵にとって最大の敵は日本の様です。
> さてさて・・・

陰謀論ではなく、単純に敵は政府ではなく一部の民間企業だったのですね。
米国では民間企業が政府組織を乗っ取っている。
このイメージが最近になってようやく分かりました。
日本で経済政策を提言している「民間議員」と言われる連中です。
このスタイルが出来たのが小泉構造改革の時代です。
規制緩和をリードしたのもオリックスの宮内でしょう。
オリックスに都合の良い規制緩和しか実施されてないのです。

真の敵は一部の民間企業で、それはグローバリズムの権化なんです。
007の戦いは、この勝手な破壊者に対して国家を背負って戦うというものです。

> 話は変わりますが今日こんな本をアマゾンでオーダーしました。
> 「日本の敵グローバリズムの正体」
> 明日届くのですが楽しみにしています。

私も注文しました。
  1. 2014-03-24 23:45
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

「日本の敵グローバリズムの正体」

この本を今ちょうど読み始めました。
目下冷戦の正体、朝鮮戦争の正体を述べています。
これ、グローバリズムだったんですね。私にとって腹にズシンと来る内容です。
  1. 2014-03-25 06:32
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

Re: 「日本の敵グローバリズムの正体」

> この本を今ちょうど読み始めました。
> 目下冷戦の正体、朝鮮戦争の正体を述べています。
> これ、グローバリズムだったんですね。私にとって腹にズシンと来る内容です。

早いですね。
  1. 2014-03-25 20:33
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

アメリカの成金共が世界をおかしくしてきたということなんでしょうか。

まあ陰謀論めいたことは嫌いですがアメリカの成金共の利益最大化が世界史の目的だったということですね。それが或る時は2大世界の対立であり、また或る時は国境なきグローバルな世界ですか。

しかしその世界は今ムスリムたちに叩き壊されようとしてるでしょう。支那は所詮徒花だと思いますのでそう大したことはないでしょうが、この対立はどうなるでしょうか。

政治や経済の戦いではなくもはや文明の戦いなのでしょう。
グローバリズムは見栄えはいいのかも知れませんが、個人の差異、地域の違い、そこから起こる文明の差を全てを捨象しようというものでしょう。

おそろしくグロテスクな考えだという気がします。
  1. 2014-03-26 23:29
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

今こそ、ふるさとのお祭りを見直しましょう。

グローバリズムに対抗するための、一番の奥の手は、日本各地のお祭りの復興だと思います。
祭りは、神事から出発して、神事以上の、楽しく「はれ」の日を喜ぶ共同体の紐帯と育てあげられてきました。
互いに、財力・技術を誇り、競い合ってきたからこそ祭りが発展してきました。先人達に報いるためにも何とか具体的な方策を考えたい。

  1. 2014-03-27 11:11
  2. URL
  3. rissei #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> アメリカの成金共が世界をおかしくしてきたということなんでしょうか。
>
> まあ陰謀論めいたことは嫌いですがアメリカの成金共の利益最大化が世界史の目的だったということですね。それが或る時は2大世界の対立であり、また或る時は国境なきグローバルな世界ですか。
>
> しかしその世界は今ムスリムたちに叩き壊されようとしてるでしょう。支那は所詮徒花だと思いますのでそう大したことはないでしょうが、この対立はどうなるでしょうか。
>
> 政治や経済の戦いではなくもはや文明の戦いなのでしょう。
> グローバリズムは見栄えはいいのかも知れませんが、個人の差異、地域の違い、そこから起こる文明の差を全てを捨象しようというものでしょう。
>
> おそろしくグロテスクな考えだという気がします。

グローバリズムを言い立てる人達は実は究極の、超度級の差別主義者なんだけど自分の利益になるので、そう主張しているわけですね。
TPPが秘密交渉であることを考えると彼等は自分が全能だと思っているらしい。
台湾の事例も全く同じ。
そして、わが国の民間議員・・・誰も彼等を選挙で選んでないのに、わが国の経済を自分の都合の良いように変えてしまう。

陰謀論ではなく犯人は明確なのです。

  1. 2014-03-28 12:43
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

Re: 今こそ、ふるさとのお祭りを見直しましょう。

> グローバリズムに対抗するための、一番の奥の手は、日本各地のお祭りの復興だと思います。
> 祭りは、神事から出発して、神事以上の、楽しく「はれ」の日を喜ぶ共同体の紐帯と育てあげられてきました。
> 互いに、財力・技術を誇り、競い合ってきたからこそ祭りが発展してきました。先人達に報いるためにも何とか具体的な方策を考えたい。


祭を復興させるのと合わせて「地名」も元に戻したいですね。
そして、言葉も元に戻したい。
使ってはならない言葉が多すぎる。
  1. 2014-03-28 12:50
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する