-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-03-18 16:55

短く総括すると・・こうなる

平成25年度の我が国経済は、長引くデフレからの早期脱却と経済再生を図るための諸施策が政府により実施されたものの、中小企業は電気料金、燃料・原材料の高騰に伴うコスト増により収益状況が悪化しており、景気回復の実感が伴わない厳しい状況が続いています。
GDP成長率(実質)も1月~6月までの前半期はなんとか1%の成長を維持できましたが、7月~12月は大幅に減速して0.2%成長に留まりました。
---------------------------------------------------
政府も一次速報では10-12月は1%の成長と言ってました。
3月10日の2次速報では0.2%のに下方修正。
消費税の駆け込み需要があっても、この有様ということは、本当に心底悪い業界があるという事です。

私は去年の5月頃から「原材料と経費増加で厳しくなってるので消費税増税はちょっと待て」
と書いてきたのであるがs・・・。
5月頃から内需中心の中小企業は厳しくなっている。
その結果が7月以降に数字で出てきている。

もっと現場のセンサーから情報を取って欲しいが・・・・
政府のセンサーは三木谷みたいなのばかりだから壊れてます。
施策のポイントがずれているんですよね。

小規模企業活性法もねえ。
国金の貸付限度額を1500万円~2000万円にした?
だから、どうした?
調子の悪い企業は借りられません。
赤字会社が70%というなかで、30%の黒字会社は内部保留があるから借りる必要ない。
借りる必要のない会社に良い条件で貸して、借りる必要がある会社には「倒産する恐れあるから貸さない」。

金を返す必要に無い「起業資金」もねえ。
「適当な企画書を作成する。金が取れたら成功報酬で30%寄越せ。あとはドロンパ」という商売が始まってます。
日本再生戦略も「3013年から5年間で新たに1万社の海外展開」だと。
まずは、国内市場を再構築と市場開拓でしょう。
順序を完全に間違えてるわ。

政府や地方自治体が短期的に特別の技術を持つ会社に投資したり、
共同で経営するようなことをやらないと駄目ではないか?
経営が軌道に乗れば資金を引き上げて、黒字会社として税金を払ってもらえば良い。

新自由主義者は役人の任せると非効率で、民間に任せると上手く行くと法螺を吹いたが・・・
民間が優秀なら赤字会社が70%、80%のはずがない。
民営化すればイイカゲンなのはJR北海道の事例で分かったでしょ。

もはや金を貸したり補助金を出して「後は朧」では駄目なのです。

スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

政府に投資能力はありません

中小企業は、技術開発費云々よりも、用途と販路の開拓の方が肝要なのではないかと考えます。会社経営者なら、自社の技術あるいはサービスで何を造れば、何を提供すれば新しい販路を開拓できるかを、常に考えているはずです。むしろ問題の根源は、是を見つけられないことにあります。見つけさえすれば、開発技術と開発費はついてくるのではないでしょうか。
政府(関係省庁という意味だと思いますが)が投資云々というのには賛成できません。年金も健康保険も、彼らに運用能力が有れば、現在のような状態にはなっていなかったはずだからです。
  1. 2014-03-18 22:56
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: 政府に投資能力はありません

> 中小企業は、技術開発費云々よりも、用途と販路の開拓の方が肝要なのではないかと考えます。

研究開発能力が大幅に劣化している大企業こそ用途と販路の開拓が必要でしょう。
中小企業は、その高い技術開発を事業化する資金が必要です。
> > >

会社経営者なら、自社の技術あるいはサービスで何を造れば、何を提供すれば新しい販路を開拓できるかを、常に考えているはずです。むしろ問題の根源は、是を見つけられないことにあります。見つけさえすれば、開発技術と開発費はついてくるのではないでしょうか。
> > >
今、新技術開発が最も盛んであり、かつ世界水準に近いのは中小企業です。販路もありアイデアもあり、無いのは資金です。これは米国でも同様ですが、米国の場合、ベンチャーへの支援体制が出来ています。
例えばアルゴンヌ研究所と共同研究して共同特許取得している中小企業が五万とあります。
> > >
> 政府(関係省庁という意味だと思いますが)が投資云々というのには賛成できません。年金も健康保険も、彼らに運用能力が有れば、現在のような状態にはなっていなかったはずだからです。
> > >
>
日本の年金、健康保険とも抑制の効いた世界で最も成功した社会保険です。米国のものとは比較にもなりませんが、欧州のものより遙かに効率的で社会的コストも小さいが効果は大きいです。
  1. 2014-03-18 23:33
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。