2014-03-07 22:50

前ウクライナ大使馬淵氏の話



オマケ:米国人がウクライナのクーデター政権に入る野党政治家の人選をしている電話。ユーチューブに流出。

スポンサーサイト
  1. 露西亜
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

馬渕大使の情報は大使館員が共有していたのか

アメリカが大使館がらみでウクライナの反大統領派の各トップに接触し、援助していたことは、下記ブログに、YouTubeが載っています。
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11789221024.html
私の知る限りでは、日本大使館の情報はアメリカの大使館情報に依存していました。この馬渕元大使が、大使時代に独自の情報網を持ち、このような見方をされていたのなら、たいしたものだと思います。それであれば、当然、公使、参事官、各省派遣の書記官にも話されていたでしょうから、かなり早い段階で、各省とも対策を採っていたか、更なる情報集めを行っていたと思われますが、その辺りに関して友遊さんは何か情報をお持ちでしょうか。
ロシアが進行する前に、既にオバマ内閣は経済制裁をロシア政府に公言していました。米国もEUも日中韓問題には、第三次大戦が起こるかもしれないとマスメディアに煽らせながら、日本側の譲歩と話し合いを要請していましたので、日本政府が現在までのウクライナ情勢の経緯を理解していたなら、日本は、制裁の前に欧米の歩み寄りと話し合いでの解決を強く望む、と言うべきでし、強硬姿勢には失望した、と言うべきでした。何故そういえないのか、理解に苦しみます。
  1. 2014-03-08 11:35
  2. URL
  3. chengguang #DibDBv7k
  4. 編集

Re: 馬渕大使の情報は大使館員が共有していたのか

> アメリカが大使館がらみでウクライナの反大統領派の各トップに接触し、援助していたことは、下記ブログに、YouTubeが載っています。
> http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11789221024.html
> 私の知る限りでは、日本大使館の情報はアメリカの大使館情報に依存していました。この馬渕元大使が、大使時代に独自の情報網を持ち、このような見方をされていたのなら、たいしたものだと思います。それであれば、当然、公使、参事官、各省派遣の書記官にも話されていたでしょうから、かなり早い段階で、各省とも対策を採っていたか、更なる情報集めを行っていたと思われますが、その辺りに関して友遊さんは何か情報をお持ちでしょうか。

日本の外務省は前の戦争の前から大量の工作者が入り込んでおり、何処の国の外務省かは不明な存在。
日本のために努力する官僚は馬渕さんなど、政治的な力のない弱小国へのの左遷です。
さらに内閣が官僚を抑えられないのは大臣程度、副大臣程度で事務方は事務次官の任命権しかないからです。
どうにもなりません。

> ロシアが進行する前に、既にオバマ内閣は経済制裁をロシア政府に公言していました。米国もEUも日中韓問題には、第三次大戦が起こるかもしれないとマスメディアに煽らせながら、日本側の譲歩と話し合いを要請していましたので、日本政府が現在までのウクライナ情勢の経緯を理解していたなら、日本は、制裁の前に欧米の歩み寄りと話し合いでの解決を強く望む、と言うべきでし、強硬姿勢には失望した、と言うべきでした。何故そういえないのか、理解に苦しみます。

米国・中国・韓国は日本の露西亜接近を恐れていますので、ウクライナ問題を契機に、これを潰そうとしているのでしょう。制裁に賛同しろとの矢の催促であったと思われます。
  1. 2014-03-08 13:34
  2. URL
  3. 矢野友遊 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する