-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2014-02-18 11:06

自分の都合で辞める人達が増える

労働力調査(2013年12月分)
 ・就業者数は6319万人。前年同月に比べ91万人の増加。12か月連続の増加。
 ・雇用者数は5583万人。前年同月に比べ93万人の増加。
 ・就業率は57.0%。前年同月に比べ0.9ポイントの上昇。
 ・完全失業者数は225万人。前年同月に比べ34万人の減少。43か月連続の減少。
 ・求職理由別に前年同月と比べると「勤め先や事業の都合による離職」が20万人の減少。
  「自発的な離職(自己都合)」が2万人の増加。
 ・完全失業率(季節調整値)は3.7%。前月に比べ0.3ポイントの低下。
 ・非労働力人口は4539万人。前年同月に比べ65万人の減少。12か月連>続の減少。


------ということなんですけど、実は「自発的な離職(自己都合)」が増加に転じたのはリーマン以降では昨年12月が初めて。その前は・・・・おそらく2006年頃にあったかと?

企業の人事部はいつも見ている数字です。

景気が良くなっている証拠と喜ぶべきものなのか?
そう単純ではないのです

友人の経営する内装店・・・もう、とっくに従業員は東北地方にトンズラ。
「1日の工賃、五万円ですからねえ。うち等ではお客さんから3万8000円程度しか貰えませんので、その中から支払うことに・・とても給料で繋ぎ止めるのは無理ですね。連中も稼げるうちに稼がないと明日がないですから」
日本国民が「箱物行政」だの「不要な穴を掘って埋めている」と建設業を虐め過ぎたため、多くのが離職し完全に人手不足です。

離職した人を戻すのも・・・年を取り過ぎて無理。
危険を伴う肉体労働なんですが、高度な技術が必要ですから。

都内の中小企業は材料費が高騰、人件費も高騰で青息吐息。
いくら仕事が来ても受けられません。

デフレ経済を長くやり過ぎましたね



スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

この手の話はこちらでないとやっぱりダメですねえ。
今少し探すと施工管理技術者の募集は引きも切りません。
稼げる奴はみんな景気のいいところに言ってんでしょうねえ。

でもこんな事やれる人は世間にそうそういません。その割には給与がいいわけでもない。
かなり矛盾です。

彼等にしても明日があるかどうかわからないんですから・・・
しばらく前は電気工の取り合いだったでしょう。電気工にしても暫くしたらポイでしょうからどうにもなりませんね。
  1. 2014-02-20 17:49
  2. URL
  3. kazk #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。