2014-01-30 16:34

ううむ、暗すぎる

日本自動車工業会が本日、2014年の国内自動車需要の見通しを発表した。
その内容は・・・・

消費税増税決定以降の私の気分と同様に「暗すぎる」。
--------------------------------------
2014年については、世界経済の緩やかな回復を背景とする輸出の増加や、企業収益の改善等による設備投資の増加、経済対策による公共投資が景気を下支えするものの、消費税率引き上げによる消費者マインドの低下が懸念される。
また、2013年の後半に発生した駆け込み需要の反動減も予想され、
四輪車総需要は4,850千台・前年比90.2%と見込まれる。
内訳は、登録車が3,000千台・前年比92.0%、
軽四輪車が1,850千台・前年比87.6%。

なんと一割以上も需要が減るとの判断。

確かに可処分所得も減っているし、
こんな時期に無意味な・・・単に財務官僚の自己満足に過ぎない消費税増税をやろうと言うのだから・・・暗くもなりおます。

スポンサーサイト
  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する