2013-11-13 08:09

年末になると

各位

 

産業労働局金融都貸金業姑策課

ヤミ金融被害防止のお願い(通知)

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、東京都の金融行政にご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。

東京都では、国や民間団体等とともに「東京都多重債務問題対策協議会」を設置し、多重債務問題の解決やヤミ金融被害の防止に向けた取組を行っています。. ´

このたび、資金需要が高まる年末を控えた11月を「ヤミ金融被害防止強化月間」と定め、関係団体が連携した合同キャンペーンの実施、啓発ポスター作成のほか、特別相談窓口を開設するなど、ヤミ金融被害防止に集中的に取り組むことといたしました。

つきましては、中小企業者向けの啓発資料を作成いたしましたので、送付いたします。

東京都の窓口には、ヤミ金融の被害に関する相談が数多く寄せられています。特に、中小企業の方が、ヤミ金融から保証金等の名目でお金を編し取られる「貸します詐欺」の被害に遭つてしまうケースがあります。見知らぬ業者から送られてくるダイレクトメールやファックスには十分にご注意くださるようお願いします。

中小企業の方が編されないためには、業者と接触する前に、必ず東京都の窓口に貸企業登録の照会などを行っていただくことが重要です。
-------------------------------------------
信用保証協会から「オタクは信用できないから保証できません」・・・と連絡があった日に、行政からこういう文書が郵送されて来ました。

 

「貸します詐欺」というのは、お金を貸します。

でも、保証金を支払ってください。

 

保証金を支払ったら貸してくれるのか?

 

はい、お貸しします。

 

・・・保証金を支払う。

 

ドロンパ

 

保証金を騙し取る詐欺です。

 

11月は「闇金融被害防止強化月間」とのこと。

借りられない経営者が多量に発生する月間ということでしょう。

冬のボーナスも払わないといけないし。

スポンサーサイト
  1. 日本経済
  2. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する